ピクシブ百科事典

ランフォリンクス

らんふぉりんくす

中生代ジュラ紀後期に世界各地に棲息していた翼竜。
目次[非表示]

概要

学名は「舳先の嘴」の意。和名は嘴口竜(しこうりゅう)。
化石はイギリスやドイツ、タンザニアで発見されている他、類似種が北アメリカや中国でも見つかっている。
大きさはカモメくらい(最大翼幅1.7メートル)。

特徴

やや上向きにそった嘴状の顎と、長く口からはみ出るほどに発達した牙状の歯を持ち、これらを使って空中から水面近くをスキミングし、表層を泳ぐ魚を捕食していたと考えられている。
腱で補強された長い尾の先端には菱形の鰭があり、飛行の際に方向舵として機能していたらしい。
ドイツ・ゾルンフォーフェンの石灰岩採掘場で発掘された本種の化石には軟組織の痕までくっきりと残されており、顕微鏡での詳細な調査の結果、翼の皮膜の部分が腕の骨に対して垂直に微細な繊維質で補強されている事が判明した。

フィクションでは

  • 特撮映画『恐竜・怪鳥の伝説』に登場。実在したものよりも遥かに大きく描かれている。
  • エドガー・R・バロウズの冒険小説「ペルシダー」シリーズには、本種から進化した「マハール族」と言うヒューマノイドが登場する。
  • 「ドラゴンクエスト4」に登場するモンスター・プテラノドンは、その名前に反し、本種に良く似たデザインをしている。
  • 実写TFダイナボットの一員ストレイフが、双頭のランフォリンクスのような姿をしている。が、なぜかベビーの方はプテラノドン似である。


関連タグ

翼竜 ランフォリンクス類

pixivに投稿された作品 pixivで「ランフォリンクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4463

コメント