ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

キバレンジャー

きばれんじゃー

キバレンジャーとは、特撮テレビドラマ『五星戦隊ダイレンジャー』に登場するヒーローの一人。
目次 [非表示]

コウ「気力、転身!キバチェンジャー!!」


「吼新星!キバレンジャー!!」


プロフィール編集


概要編集

物語中盤より登場する、ダイレンジャー6人目の戦士

変身者は吼新星・コウ。スーツのカラーは白で、マスクは白虎の顔を象っている。また、他のメンバーとは異なり胸部や両手足に装甲も追加されているのも特徴の一つである。

変身アイテムも初期メンバーの使用するオーラチェンジャーではなく、独自仕様のキバチェンジャーを用いるようになっている。


こうした独自性の数々は、変身者であるコウがまだ幼い子供であることに起因したものでもある。

身体が未熟な上に気力も心許なく、さらにコウの素性も秘匿しなければならないという事情から、転身の際には相棒である白虎真剣の気力も借りることで、大人と同等の体格へと変化し、さらに名乗りも含めた会話の殆ども白虎真剣が行うことで、あたかも他のメンバーと同様に大人が変身しているように装っていた。

前述した追加装甲の「キバテクター」もまた、持ち前の気力の殆どを攻撃に回さねばならない、キバレンジャーの防御力を補うためのものであり、胸のメダル部分には大自然の気力を取り込む働きも備わっている。


能力編集

キバレンジャーの能力は未知数であるため、他のメンバーのような明確な数値データは不明とされている。

設定上では、俊敏性を活かした「牙拳」の達人であるとされるが、前述した事情から作中でのアクションは、どちらかと言えば相棒でもある剣白虎真剣を振るっての剣戟、それにあらゆる音を操る気力技を本領としている節がある。


得意技の一つである吼新星・乱れやまびこは、正しくその代表的なものであり、白虎真剣を介することによりあらゆる音を増幅させ、敵に大ダメージを与えることが可能となっている。また、ゴーマ3ちゃんズとの野球対決の際に見せた「吼新星・やまびこヒット」は、バントの構えを取りつつも白虎真剣の発する「カキーン!」の叫びとともに、音の気力で飛んできたボールを特大ヒットとする、相手の虚をも突いた技である。

この他にも、敵の隙を突いて白虎真剣を構えつつ飛びかかる「牙突進」や、猛スピードで敵に肉薄した状態から斬りかかる「白虎一閃」といった技も持ち合わせている。


関連イラスト編集

キバレンジャーキバレンジャー

吼新星・乱れやまびこ!ワンドロ絵3


関連タグ編集

五星戦隊ダイレンジャー

吼新星・コウ 戦隊ホワイト


火を吹けダイバスター:本作の挿入歌の一つで、そのタイトルに反してファンからはキバレンジャーのテーマソング扱いされている一曲でもある。詳細は当該記事も参照


トミー・オリバー:『パワーレンジャー』シリーズにおけるキバレンジャー(ホワイトレンジャー)の変身者。第2シーズンにてグリーンレンジャーとしての力を喪失した後、新たに獲得したレンジャーとしての姿であり、以降第3シーズンまでホワイトレンジャーとして活躍している


池田純矢:日本の俳優の一人。幼少期「キバレンジャーになること」を将来の夢にする程に愛着を持ち、後に『海賊戦隊ゴーカイジャー』にて伊狩鎧役としてレギュラー出演を果たした際には、『ダイレンジャー』のレジェンド回にてキバレンジャーへとゴーカイチェンジするという形で、その夢を実現させている


ゼンカイザー:『機界戦隊ゼンカイジャー』に登場するヒーローの一人。こちらもキバレンジャーと同様に、黄金の肩アーマーが標準装備されている戦隊ホワイトであり、(一時的にではあるが)父親と敵対関係にあったという点でも共通しているが、追加メンバーのキバレンジャーに対してこちらは初期メンバーのリーダー格という点で相違している

ドントラボルト:『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』に登場するヒーローの一人。こちらも白虎をモチーフとした追加戦士で、作中ではキバレンジャーの能力を活用して戦ったこともある


歴代追加戦士

ドラゴンレンジャーキバレンジャー]→キングレンジャー

関連記事

親記事

吼新星・コウ こうしんせいこう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 163967

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました