2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

演:ジェイソン・デビット・フランク マイケル・R・ゴット(子供)
吹き替え:落合弘治萩原秀樹(MMPR) 真地勇志(MMPR映画版) 萩原秀樹(ターボ) 田尻ひろゆき(子供) 伊藤健太郎(S.P.D)

プロフィール

<
身長182cm
体重76kg
年齢18歳 17歳(ターボ)
誕生日10月20日
出身カリフォルニア州ロサンゼルス


概要

マイティ・モーフィン・パワーレンジャーから登場したキャラクター。
非常にに人気の高いキャラクターであり、第二シーズンからはレンジャーのリーダーに、パワーレンジャー・ZEOではレッドレンジャーに、パワーレンジャー・ターボではT.J.ジョンソンに託すまでレッドレンジャーにそれぞれ変身する。
そしてパワーレンジャー・ダイノ・サンダーでは伝説のレンジャーとしてブラックレンジャーに変身した。

特技はフルート演奏。かなり物忘れが激しく遅刻魔。実はネイティブアメリカンの村から養子に出されていたのだが、本人は長い間知らなかった。

各作品での活躍

マイティ・モーフィン・パワーレンジャー第1シーズン

レンジャーたちが通うエンジェルグローブ高校に転校生としてやってきた。
優れた格闘技のセンスを持っていたものの、それを魔女リタ・レパルサに利用されてしまい、彼女に洗脳され邪悪な戦士グリーンレンジャーにされてしまった。
しかし、ジェイソンたちの活躍で洗脳が解かれ、6人目のパワーレンジャーとなった。が、リタの再度の策略でパワーを失い、自身の武器とメガゾードをジェイソンたちに託し、一般人へと戻った。だがその代わりにピンクレンジャーことキンバリー・アン・ハートと恋人になる。

その後はレンジャーたちを讃える式典でどのレンジャーが一番強いか言い争う子供たちに対し「レンジャーはみんなが強い」と諭していた。

ジェイソンたちがパワーコインをゴルダーに奪われて変身できなくなった際にゾードンがパワーを供給したことで一時的にグリーンレンジャーに変身。さらに奪ったパワーコインが入れられている箱に設置されたバリアのエネルギーを逆に吸収したことで不安定ながらもゾードンのパワー供給なしでも変身可能となった。

マイティ・モーフィン・パワーレンジャー第2・3シーズン


ロード・ゼッドの執拗な攻撃によって、グリーンパワーを再度喪失。しかし、ゾードンから与えられた新たなパワーでホワイトレンジャーに変身。パワーレンジャーの新リーダーにも着任した。

リト・レボルト出現後は仲間たちと同じく、ニンジャーから与えられたニンジャパワーでニンジャレンジャーにも変身可能となる。

マイティ・モーフィン・エイリアンレンジャー


マスター・ヴァイルの力で子供に戻されてしまい、同じように子供にされた仲間たちと共にジオクリスタル入手のためのZEOクエストに挑戦。
ネイティブアメリカンの集落でサム・トゥルーハートの協力もあり、クリスタル入手に成功。
仲間たちが入手してきたクリスタルと合わせ、元の姿に戻ることが出来た。

パワーレンジャー・ZEO

ジオクリスタルの力で新たにジオレンジャーⅴ・レッドに変身。

キンバリーとは遠距離恋愛中だったが「他に好きな人が出来た」と振られてしまう。それがきっかけでジオレンジャーⅰ・ピンクことキャサリンと交際を始める。

自身がネイティブアメリカンの村から養子として貰われてきた「貰い子」だったと知り、サムに育てられた双子の兄デビットとも再会する。

この経験で操縦に際して、強い精神力が必要なレッドバトルゾードの操縦を可能にさせた。

その力に目を付けたプリンス・ガスケットによってまたしても洗脳され、マシン・エンパイアの帝王にされてしまうが仲間たちの必死の説得で正気を取り戻した。

最終回特別編ではキャサリンと結婚しており、孫たちにパワーレンジャーの話を聞かせ、孫の1人は新たなパワーレンジャーとなった。

パワーレンジャー・ターボ

前日談の劇場版「誕生!ターボパワー」にて、新たにレッドターボレンジャーに変身。

本編ではエンジェルグローブ高校を逸早く卒業後、叔父のレースチームのテストドライバーに就任。だが、社会人とパワーレンジャーの両立が難しいとディミトリアに判断され、T.J.ジョンソンをパワーレンジャーの後任として引退する。

パワーレンジャー・ワイルド・フォース

第34話「フォーエバーレッド」にて、ジオレンジャーⅴ・レッドに変身。歴代レッドたちと共にマシン・エンパイアの残党と戦った。

パワーレンジャー・ダイノ・サンダー

マサチューセッツ工科大学卒業後、考古学者となっていたがミュータント軍団の暗躍に気付いてリーフサイド高校の教師となる。

高校で選んだ3人の生徒、コナー、イーサン、キラにダイノジェムを与え、パワーレンジャー・ダイノ・サンダーを結成。自身もブラックダイノレンジャーとなって戦う。

変身機能に異常をきたし、変身解除ができない時期が続いたものの自身が担当した歴代レンジャー(後任がいるレッドターボレンジャー以外)の幻影たちの試練を経て、変身解除が可能となった。

ちなみに変身解除不能展開は演者が故郷に帰らなければいけなかったためである。
さらに原作のアバレブラックも暗黒の鎧の件で一時期行方不明となっていた。

パワーレンジャー・S.P.D.

第35話にて、変身後の姿のみ登場。

パワーレンジャー・スーパーメガフォース

最終話にてマイティ・モーフィン・パワーレンジャーグリーンレンジャーの姿で登場し、マスクを外して素顔を見せている。歴代パワーレンジャーの中でもリーダー格と呼べる存在となっている。
また同話にて子供を助けるシーンではホワイトレンジャーのシルエットが現れ、サーバも登場した。
レジェンド大戦ではグリーンレンジャー以外の担当戦士は参戦していないが、原作の映像を流用した場面ではオーレッドが映りこんでいる。


POWER_RANGERS

物語のラストでジェイソンたちが所属する補習クラスに転校生として来たことが発覚したが姿はまだ見せておらず、代わりにドラゴンの模様が入った緑のジャケットだけが置かれていた。

一部ファンからは今作のリタ・レパルサのスーツがグリーンレンジャーに似ていると言われているが果たして……

また、同作には初代でトミーを演じたジェイソン・デビット・フランク氏もカメオ出演している。

パワーレンジャー・スーパーニンジャスティール

10話に客演。
歴代のレンジャーの力を使ったロボット兵隊を作ることを目論むドレイヴン帝(弓張重三)によって誘拐されたが自力で脱出。

ニンジャスティールと共に他の捕らわれたレンジャーを救出・脱出を試みるもトミーのコピーロボットの邪魔が入り、そのまま戦闘に突入。
コピーロボットは偽ブラックダイノレンジャー(本物と違いベルトや肩にトゲがある)に変身。トミーもブラックダイノレンジャーに変身するが、同じ戦力を持つ偽ブラックダイノレンジャーに苦戦。しかし、トミーはロボットがコピーしきれなかった能力、ジオレンジャー・5・レッド、ホワイトレンジャー、グリーンレンジャーに連続変身すると戦況は逆転し、コピーロボットを倒す。

他レンジャーと合流したとき、ドレイヴン帝は最後のメガ・アロー(射法)を発射する。トミーはファルコンゾードを呼び出し、矢の方向をドレイヴン帝に回し、仲間たちの武器の威力も加わって、ドレイヴン帝に突撃・撃破した。

終戦後はキャサリンと手をつなぐ姿が描かれている。

関連タグ

パワーレンジャー パワーレンジャー・メガフォース

関連記事

親記事

パワーレンジャー ぱわーれんじゃー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1371

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました