ピクシブ百科事典

ブライ

ぶらい

「ブライ」とは男性の名前。このページでは主に、ドラゴンクエストⅣの登場キャラクターであるブライを解説する。
目次[非表示]
  1. ゲーム『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』の登場キャラクター。本項で解説。
  2. ゲーム『流星のロックマン2』の登場キャラクター。
  3. スター・ウォーズ」シリーズの登場キャラクター。CC-5052
  4. TVドラマ『恐竜戦隊ジュウレンジャー』の登場キャラクター。→ドラゴンレンジャーブライ(ジュウレンジャー)
  5. TVアニメ『ゲッターロボG』の登場キャラクター。百鬼帝国ブライ大帝
  6. ゲーム『ユグドラ・ユニオン』の登場キャラクター。→ブライ(ユグドラ)

DQ4

エニックス(現、スクウェア・エニックス)『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち(DQ4)』の登場キャラクター。

サントハイム王家に仕える魔法使いの老人。トレードマークは白髪と立派な白い
アリーナ姫の教育係として仕えてきたが、姫のお転婆ぶりにはほとほと手を焼いている様である。アリーナの出奔の際、それに気付いてクリフトと共にお供した。数々の活躍をするがサントハイムで神隠し事件が発生し、その解決のため各地を巡る事になる。
ミントスの宿屋でクリフトが病に倒れ、特効薬を求めて単身ソレッタの洞窟に向かったアリーナを心配していた時に勇者一行に出会って味方に加わり、老いた心身を励まして世界を救う事となった。

作中での活躍

第2章で、神官クリフトと共にアリーナに随行する。
ヒャド系(氷雪系)の攻撃呪文や、ルカニ、ピオリム等の補助呪文を覚えて旅を助ける。

第5章ではミントスの町で勇者一行の仲間に加わる。
ルカニ、ルカナンに加え、バイキルトも習得するため、打撃力の底上げをしてくれる。
また、じじいのくせに意外とすばやさが高いため、
勇者やライアンより早くバイキルトやルカニを唱えることも可能。
反面、装備は優秀でなく、防御面はマーニャより辛い。
(マーニャは優秀な女性専用防具が装備できるため、ブライよりは恵まれている)

その他

年のせいか多少口が悪いのはリメイク・小説ともに共通。小説では初対面のトルネコを「ふとっちょ」、マーニャを「あばずれたおなご」とこき下ろす一方で、勇者の神秘性を感じたり、ソレッタ国王の民衆思いで献身的な政治や気さくな気性を称えたりと、年の功を感じさせる渋いキャラである。なお、ライアンよりもござる口調に近い喋り方が見られる。

若い頃はブイブイ言わせていたらしい(しかもカジノの賭け方にも詳しい)事と、何と独身であることがリメイク版で明かされた。サントハイム王家の理解者であるエンドール国王を「アホ王」、ソレッタとその国王までも「ド田舎」と批判するなど、行き過ぎた毒舌が多いが、一方で面倒見の良い爺さんでもあるため、ムードメーカーとしての活躍も増えている。

4コマでは「ジジイ」のイメージからか、「ハゲ」「ヒゲ」「寿命」「体力なし」などブラックなネタもあれば、姫やクリフトとのコメディや常識人のライアン・ミネアなどとのほのぼのした絡みと、多岐にわたって描かれている。

注意

最近では単にブライのみで検索すると主にラブライブ!のタグに引っかかるためドラゴンクエストのタグを付ける事必須。

関連タグ

アリーナ クリフト サントハイム
ライアン トルネコ マーニャ ミネア 勇者

pixivに投稿された作品 pixivで「ブライ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 782218

コメント