ピクシブ百科事典

葬送のフリーレン

そうそうのふりーれん

『葬送のフリーレン』とは、週刊少年サンデーで連載している漫画。
目次[非表示]

概要

原作:山田鐘人 作画:アベツカサ
2020年5月から連載開始。
2021年度マンガ大賞受賞。

10年かけて魔王を倒し、世界を救った勇者一行。その50年後、勇者ヒンメルはかつての仲間たちと再会し、《半世紀流星》を見た直後、その生涯を閉じた。
仲間のひとりであるエルフ族のフリーレンは、長命ゆえに人間とあまり関わらなかったが、10年の刻を共にした友の死をきっかけに、人と関わり、人を知ることを決める。
これは、「冒険の終わり」から始まる物語。

登場人物

フリーレン

葬送のフリーレン


勇者ヒンメルの仲間であったエルフ族魔法使い

フェルン

センシティブな作品


戦災孤児で、ハイターに拾われ育てられた魔法使いの少女。

シュタルク

シュタルク


アイゼンの弟子である戦士の青年。

ザイン

僧侶の戦い


大陸北方にある村に住んでいた僧侶の男性。酒・煙草・ギャンブル・年上の女性が好きで、フリーレンに「ハイター以上」と評される破戒僧。しかし、治癒や解呪などを扱う《女神様の魔法》の腕は一級品で、シュタルクが受けた毒を一瞬で治すほどの実力者。

友人である通称「戦士ゴリラ」との冒険を断って以降、村で燻っていたものの、フリーレン一行と兄に諭され、行方知れずとなった友人の安否を確かめるため、フリーレンたちの旅に同行する。

だらしないところはあるが、僧侶らしく悩める者への助言(主にフェルンとシュタルク)は的確。基本的には常識人であり、ボケ役しかいないフリーレン一同のツッコミ役である。

かつての仲間たち

ヒンメル

ヒンメル


フリーレンと共に旅をした勇者の青年。ナルシストでお調子者だが、「勇者」の名に恥じぬ高潔でやさしい人格者。魔王討伐の旅が終わった50年後、老衰で亡くなるが、死後も人々から敬愛されている。

フリーレンの新たな旅は彼の死がきっかけとなっている。

ハイター
フリーレンと共に旅をした僧侶の男性。ヒンメルとは幼馴染。しょっちゅう酒を飲んだり、「天国は贅沢三昧できる場所」と豪語する生臭坊主。

温厚な性格だが策士でもあり、フェルンをフリーレンに育てさせ、彼女に弟子として託したあと、老衰で亡くなる。

アイゼン
フリーレンと共に旅をした戦士の男性。口数が少なく無愛想なところもある。エルフ族ほどではないが長命のドワーフ族であり、弟子としてシュタルクを育てていた。

50年前と外見にあまり変化はないものの、斧をふるうことができないなど着実に老いているため、フリーレンの旅には同行できなかった。

その他

フランメ
フリーレンの師匠で故人。遥か昔に人間に魔法をもたらしたとされる伝説の魔法使い。若いころのフリーレンと出会い、彼女に戦い方を教えた。
かなりの変人かつ捻くれ者で、その戦い方も卑怯とさえいえる実戦的なものであり、その信念はフリーレン、そしてフェルンに受け継がれている。
また、フリーレンの未来を予見し、彼女のために「死者と対話できる」という魂の眠る地《オレオール》についての記述を書物に残す。

クラフト
エルフ族のモンク。フリーレンが数百年ぶりに出会った同胞。魔王討伐より前の時代に偉業を成した英雄だが、時代の流れによって存在を忘れられた。しかし、その影響で女神を信仰するようになり、強く逞しく生きるようになる。

戦士ゴリラ
本名不明。ザインの幼馴染。英雄に憧れ冒険の旅に出た後、消息不明となる。ザインの旅は、かつての友であるゴリラを探しにいくためのものである。

ゼーリエ
フランメの師匠。最低でも1000年以上生きるエルフ。現在は人間社会における魔法社会を纏める大陸魔法協会の創始者。

ユーベル
サイドテールの魔法使い。優秀だが人殺しをいとわない残虐な性格。
かつて試験官の魔法使いを殺し、一級試験を失格となったことがある。

デンケン
王宮仕えの老練な魔法使い。1級魔法使いになり魔族のせいで禁足地となった故郷で墓参りをしたいと考えている。今となっては珍しいフリーレンの存在をしっかり認知している人物。

魔族

言葉を話す魔物の総称。人語を解するが思考形態が人類とは異質で、人を欺き、食らうことしか頭にない。フリーレンは「言葉の通じない猛獣」と評している。

魔王
魔族を従えた存在。かつて勇者ヒンメル一行が戦い、これを倒した。大陸北部《エンデ》に魔王城がある。

クヴァール

一般攻撃魔法。


魔王軍に属する魔族で、人を殺す魔法《ゾルトラーク》を開発した屈指の魔法使い。当時その魔法は、あらゆる防御魔法と魔法耐性を貫通して人体を直接破壊したという。あまりの強さに、かつての勇者ヒンメル一行では倒せず、ある村に封印された。

アウラ

断頭台のアウラ


魔王軍に属する魔族で、その幹部《七崩賢》のひとり。「断頭台のアウラ」の異名を持ち、服従させる魔法《アゼリューゼ》を得意とする。

グラナト伯爵領の街を覆う防護結界を解除させるため、配下である3人の魔族「首切り役人」を、和睦の使者と称して送り込んだ。

余談

登場人物の名前はドイツ語の単語で統一されている。

外部リンク

サンデーうぇぶり『葬送のフリーレン』

関連記事

親記事

少年サンデー しょうねんさんでー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「葬送のフリーレン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 907459

コメント