ピクシブ百科事典

ハイファンタジー

はいふぁんたじー

「ハイ・ファンタジー (High Fantasy) 」は、ファンタジーのサブジャンル。「異世界ファンタジー」とも呼ばれる。
目次[非表示]

概要

ハイ・ファンタジーは現実世界との繋がりが全くない異世界を舞台にしたファンタジーである。

「現代地球の常識や価値観が通用しない全くの別世界の姿を、現地の住人を主人公に描く」というのが基本的な定義。
現代の常識や知識を持つ主人公異世界転移異世界転生するエピソード、異世界人人外現代に来てホームステイするエピソードは描かれない。
ただし、異世界転生ものの中には、転生後、現実が一切提示されないなど、ハイ・ファンタジーに近い作品や導入部分以外がハイ・ファンタジーそのものの作品もあり、そののような作品が投稿サイトで「ハイ・ファンタジー」と説明されるケースもある。
現実は一切登場しないものの、ナレーターメタな口調で現実にいる読者に語りかける作品もハイ・ファンタジーに含まれる。
つまり、異世界は現実世界水と油の関係ではないのだ。

異世界でなく、現実の世界を舞台にしたファンタジー(エブリデイ・マジックが代表例)をローファンタジーと呼んで区別する。エピック・ファンタジー、異世界ファンタジーについてはファンタジー記事を参照のこと。
ここでいう「ハイ(高い)」や「ロー(低い)」は、その作品において現実世界との関わりの度合いを示している。現実世界との関わりが低いほど「非現実性が”高い”」のでハイ・ファンタジーというわけだ。設定上は現実世界と関わりがなくても、現代の社会問題の比喩を持ち出したり、現代人の視点から人間性や道徳を教育的な視点で語り出すと「純粋なハイ・ファンタジー」と言えなくなる。
「この世界にはこの世界特有の歴史や文化があり、現代人の価値観で善悪は測れない」ようなノリの作品はより「ハイ・ファンタジーらしい」とされる。

「軽薄・価値が軽い」ライト・ファンタジーと区別された「高尚・価値が高い」ファンタジーのあり方という価値判断で用いられることもあるが、ハイ・ローは単に舞台となる世界によるジャンル分けに過ぎず、優劣はない。
むしろハイ・ファンタジーと言われる作品の多くは「架空世界だから」という言い訳で現実の社会問題や道徳観などを無視して単純な娯楽性だけに寄った作品も多く、また、作品世界の外観の良さを楽しませる作品や作者のテクニックメタな視点で楽しませる作品も多く、賛否両論となっている。
暴力表現が多い作品、緊迫感や躍動感が重要な作品、舞台が広い作品、様々な人種・年齢の人が見る作品などで、感情移入のしやすさを狙って敢えてハイファンタジーにする手法もある。

ハイ・ファンタジーは、SFと同様、派生ジャンルが多く輩出されるのも特徴である(詳しくは下記参照)。先述の通り、このジャンルは感情移入よりも作品の造形美を主旨としているが、そこから若年層向けのものや感情移入を主旨としたものやマニア向けのものなど、数多くのジャンルが排出され、独自の路線を歩むようになるケースが多い。

なお「一般的な王道ファンタジー」の原風景とされる指輪物語は、異世界ではなくこの地球の忘れられた太古の時代を描いた物語であるため、厳密にはハイ・ファンタジーではないと解釈されることもある。
(それに連なるシルマリルの物語ホビットの冒険も同様)

ハイファンタジーの派生ジャンル


典型的なハイファンタジーの例


関連タグ

異世界ファンタジー ファンタジー メルヘン 世界観 架空世界
ファンタジー職業 ファンタジー衣装 架空生物 架空言語
異世界 異世界人

関連記事

親記事

ファンタジー ふぁんたじー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ハイファンタジー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ハイファンタジー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 95223

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました