ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ローファンタジー

ろーふぁんたじー

(広義の)ファンタジーのサブジャンルの一つ。「ハイ・ファンタジー」の対概念として使用される。
目次 [非表示]

概要

ロー・ファンタジー(Low Fantasy)とは、ファンタジーに分類される作品のうち、現実世界や現実世界と繫がりのある世界を舞台とするものを指す。

ハイ・ファンタジー異世界ファンタジー)の対義語として作られた語。


エブリデイ・マジックは限りなく同義語。エブリデイ・マジックが現代が舞台の日常ドラマが基盤なのに対して、ローファンタジーは現代の比率がちまちである(例:「現代が舞台だが、話の殆どが魔法超能力を使ったバトル」「異世界転生転移前にしか現代が提示されず、後はずっと異世界の文化にちなんだシリアスな展開が続く」等、広義のジャンルも指すことが多い)。


したがって、現実と異世界の間を転生・転移する描写がある作品はローファンタジーにあたるとされやすいが、様々な定義があるためナルニア国物語などがどちらに分類されるか長年議論の的になっている。


様々な定義

元の定義ではハイファンタジーは神話的なファンタジーであり、神話的ではないファンタジーはローファンタジーとされていた。


現実世界にファンタジー要素が配置されたものをローファンタジーと定義しているケースもある。この定義上では、現実世界から異世界に迷い込むポータルファンタジー(不思議の国のアリスオズの魔法使い等)はローファンタジーではなくハイファンタジーに分類されている。現実世界の中に隠された世界がある作品がこの定義上でどちらに分類されるかは意見が割れやすい。


異世界が舞台で作品内に現実世界が登場しなくても、現実の都市生活を反映したアーバンファンタジー、現実の歴史をほぼなぞる流れで展開するファンタジー作品などを、ローファンタジーの一種と定義しているケースもある。


異世界転生や異世界転移の小説がメインである小説家になろうでは、過去に行われたジャンル再構成でハイ・ファンタジーとロー・ファンタジーは別ジャンルとして扱われるようになっている。

ただし小説家になろうでは「物語の舞台」によってジャンルを分けているため、異世界転生でも異世界が話の主要な舞台の場合はハイファンタジーとして定義される。混乱を避けるための異世界ファンタジーという単語もある。


典型的なローファンタジーの例


表記揺れ

ロー・ファンタジー

関連タグ

物語 ファンタジー

エブリデイ・マジック SF(すこし・ふしぎ)

メルヘン 童話

現代もの 学園もの 伝奇

異世界トリップ 異世界転移 異世界転生 メタフィクション


エンターテインメント作品のジャンル一覧

外部リンク

関連記事

親記事

ファンタジー ふぁんたじー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 243886

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました