ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

悪役として登場するウルトラマンあるいはそれに類する存在の非公式な通称。
ウルトラマンの外形をある程度真似た「ニセウルトラマン」と呼ばれる存在などとは区別される傾向にある。
正義側のウルトラマンと違い、一部を除いて変身バンクはほとんど用意されていない。
コンプライアンスの都合からか今のところ、仮面ライダーシリーズにおける『王蛇』や『ガイ』といったような、元から犯罪を犯すようなタイプの悪の地球人が変身するウルトラマンは登場していない(ダークメフィストである溝呂木も闇落ちした身だが、元々は地球のために戦う側の戦士で悪人ではなかった)。


また、価値観の違いなどによって人類や主役ウルトラマン達と敵対する行動を取ることもあるものの、あくまで主役とは異なる正義を掲げる存在はこれに該当しない(ウルトラマンアグルウルトラマンジャスティス、『現在公開中の映画』における???等)。
暴走したことによって対立したパターンもあるが、正義側の戦士も外的要因等でそうなることもあるため、これに含まれるとは限らない。
また、光のウルトラマンの闇落ちした個体は、元の名前の最後に『ダーク』が付く方式となっていることが多い。しかし闇に堕ちたからと言って、元の正義側に戻らないベリアルやトレギアと違い、完全な悪とは言い切れないので線引きが難しいところである。
(以下の一覧にある正義側のウルトラマンも、独自の闇落ち形態が存在しているキャラのみ記載)

一覧

※太字のキャラはニセウルトラマンにもカウントされる。

闇落ちしたM78星雲人

自分の意思で悪に堕ちた者


ダークライブしたスパークドールズ


その他外的要因で悪落ちした者


M78星雲人の影


ヘラー軍団

ウルトラマンの姿には変身しないが、ジョーニアス達と同じU40出身者で、ある意味公式の悪トラマンの先駆けとも言える。


ネオフロンティアスペース

闇の巨人

闇の意志で暴走した光の巨人


トリガーの世界

闇の三巨人


上記以外の闇の巨人


ウルティノイド

※映像作品では未登場

ダークキラーのしもべ



その他


余談

ソフビは基本的にウルトラ怪獣シリーズから販売されており、公式ではウルトラマンではなく、怪獣扱いにされていることが窺えるが、時期などによって扱いがブレる悪トラマンもいる。
例えば、ティガに登場した闇の巨人は当初はウルトラヒーローシリーズから販売され、固有のロゴも存在していたが、現在ではウルトラ怪獣シリーズに分類されている(実はウルトラマンシャドーのようなニセウルトラマン系やウルティノイドも同様)。

一方で、かなり特殊なのが、ベリアルやトレギアのような光の国のウルトラマンの場合である。
公式見解でもウルトラ戦士としても扱われながら、ソフビはウルトラ怪獣シリーズから販売されている。
その上、ベリアルはオーブからZまでの変身アイテムではウルトラヒーローに数えられつつも、カイザーベリアルアークベリアルの姿では怪獣カウントという変則的なタイプである。

関連項目

ウルトラ戦士 ニセウルトラマン
ウルトラ怪獣 ダークライブ

ウルトラダークヒーロー
ダークネスヒールズ - 悪トラマン4人にジャグラスジャグラーを加えた5人組。

ウルトラマンタイガ,『ウルトラマンタロウ』…トレギアの策略により、一時的に闇落ちした。しかし外見においては、カラータイマーが常に赤くなった(点滅はしない)こと以外特に変化はない。

アブソリューティアンウルトラギャラクシーファイトに登場する究極生命体。誕生経緯が光の国のウルトラマンたちと類似しており、ある意味ウルトラマンたちのもう一つの可能性というべき存在。この記事でいえば『M78星雲人の影』にカウントできる。

アブソリュートダイナ(TDG THE LIVE ウルトラマンダイナ編 STAGE1 ~新たなる光の勇者~ in博品館劇場)…タルタロスがアブソリュート粒子を注入して連れてきた並行同位体。該当の可能性あり。

ダークライダー 悪の戦隊

DCコミック - こちらの「ウルトラマン」善悪逆転世界悪のスーパーマン

???…『ウルトラマンデュアル2』において明かされた、遥か昔に自身たちの恐るべき能力で宇宙支配を目論んだ危険な宇宙人。とある存在から宇宙正義の志を受け継いだことで正義の戦士となる。詳しくは『堕落の翼』にて(ネタバレ注意!)

関連記事

親記事

ウルトラ怪獣 うるとらかいじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「悪トラマン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「悪トラマン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 247249

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました