2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

ゼルガノイド


  • 身長:57メートル
  • 体重:4万9千トン
  • 別名:超合成獣人
  • 出身地:TPC火星基地付近
  • CV:つるの剛士(掛け声のみ)※

※掛け声は劇場版の時のダイナの掛け声とディプラスの鳴き声を合わせたもの。

概要

第49話「最終章Ⅰ新たなる影」に登場。

超合成獣人  ゼルガノイド


人造ウルトラマン・テラノイドスフィアに乗っ取られた姿。元の体の大半がスフィアの肉体で覆われた不気味な容姿になった。また、新たに開閉式の口ができている。
ウルトラマンダイナと同等の能力を持つテラノイドを合成したため、ダイナ・フラッシュタイプよりも強力な能力を持ち、ソルジェント光線やフラッシュサイクラーといった必殺技(前者はよりダイナのものに近い構えになっている)はもちろん、背中の突起から展開するバリアも使用できる。また、スフィアの力により再生とチャージを繰り返すためエネルギー切れによる活動限界も克服している。

ブラックバスター隊のガッツシャドーを全機撃墜して暴れ回り、テラノイドへエネルギーを照射された影響でエネルギー不足だったとはいえ、ダイナをも追い詰めるほどの戦闘力を見せるが、自らの過ちに気付き改心したゴンドウ参謀の身を犠牲にした生体エネルギー照射によりダイナは復活し、ストロングタイプによる猛反撃を受ける。
それでもフラッシュタイプに戻ったダイナが放ったソルジェント光線を1発受けてもすぐさま再生する耐久力を見せた。しかし、2発目のソルジェント光線の近距離発射により唯一の弱点であるカラータイマーを撃ち抜かれて爆死した。
もっとも、ダイナもこれが祟ってもろに爆発に巻き込まれ、姿を消してしまったのだが……

ウルトラマンフェスティバル1999

第1部に根源的破滅招来体の使いと思しき個体がネオガイガレードと共に出現。
ヌアザ星人イシリスをいとも容易く撃破し、ガイアを高い戦闘力で圧倒するが、ガイアがスプリーム・ヴァージョンに変身し、アグルが加勢すると形成が逆転。アグルのフォトンスクリューを受けて倒された。

余談

当初、第25話・26話として書かれた後に最終章の原型となった脚本「太陽系消滅」では、第1話・2話に登場したフドウ・タケルがスフィアに取り込まれゼルガノイドになるというバランガススタンレー・ハガードが登場する『ウルトラマンG』5話に似た展開だった。
ちなみに、フドウ・タケルを演じた菊池隆則は後に『仮面ライダーアギト』でアナザーアギトを演じており、もし実現していれば(片方は偽物ではあるが)ウルトラマンと仮面ライダーの両方を演じていた事になっていた。

なお、2021年2月に500シリーズソフビ化。同時期に放送された「ウルトラマンクロニクルZヒーローズオデッセイ」第5話はテーマが『人造ウルトラマンとその末路』だったためこの話が取り上げられている。
かつてゴンドウと同じく力に溺れた過去を持つナビゲーターのウルトラマンゼロからは「秘密裏に進められていた計画により生み出された怪物」と紹介された。

関連タグ

テラノイド スフィア合成獣
デストルドス…同じく防衛軍が最強兵器として造り出した人造ウルトラマンの手に落ち、改造されて誕生した怪獣。いつの時代も、どこの世界でも『人造ウルトラマンはロクな事にならない』という事である…
なお、この怪獣の素体になった人造ウルトラマンもまた「宇宙から来たある存在」に狙われたが、その理由は「彼なりの正義を否定し己の正義を絶対視するヤツらを『光の戦士』をも超える力を使って見返すため」だったりする。何の因果か、彼がそのような考えに至ったきっかけとなった人物こそ、他ならないゼルガノイドのモデルとなったである。
この怪獣が登場した放送後に、公式でゼルガノイドがピックアップされている。

トリガーダーク - デザインのモチーフがゼルガノイドらしい。

ウルトラマンデッカー - 「令和版ウルトラマンダイナ」とも言える作品であり「ダイナ」で言うゼルガノイドに相当する敵の登場が予想されるが果たして・・・?

関連記事

親記事

スフィア合成獣 すふぃあごうせいじゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ゼルガノイド」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ゼルガノイド」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 84159

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました