ピクシブ百科事典

ジオモス

じおもす

ジオモスとは、ウルトラマンダイナに登場するスフィア合成獣の一体である。
目次[非表示]

データ

  • 身長:56m
  • 体重:6万8千t
  • 別名:宇宙合成獣
  • 出身地:宇宙

概要

第35話「滅びの微笑(前編)」
第36話「滅びの微笑(後編)」に登場。
冥王星で宇宙船ロムルス3号に取り付いたスフィアが、クラーコフNF3000の第三格納庫と共に六甲山に落下。格納庫内にあったネオマキシマエンジンや周辺の岩石と融合することによって誕生した怪獣

岩石に手足が付いたような外見をしており、若干前傾体勢になっている。ネオマキシマエンジンのエネルギーを吸収したことで空間を歪めて身を守る「亜空間バリヤー」を発生させることが可能になり、これで身を守る。体からは収束させればソルジェント光線より強力になる破壊電磁波を放ち、さらにその体を生かした体当たり攻撃も強力である。これらの能力を駆使し一度はウルトラマンダイナを敗北に追い込んだ。鋭い爪で地中を掘り進むことも可能。
また、尻尾もかなり長い。

ただし亜空間バリヤーは体内に取り込んだネオマキシマエンジンのエネルギーで動いている為反マキシマエネルギーの照射で破ることができる。

ネオマキシマを吸収したことによって、以前とは比べ物にならなくなった亜空間バリヤーでガッツイーグルのトルネードサンダー、ダイナのフラッシュ光弾、ソルジェント光線、レボリウムウェーブアタックバージョンを防ぎ、ガッツイーグルの電磁ネットも力尽くで破壊した。
光線の撃ちすぎでエネルギーが残り少なったダイナを突進攻撃で倒し、地中に逃走する。

その後は大阪天王寺付近に出現し、リーフラッシャーの光を失ったアスカ・シンを電磁波の狙い撃ちで負傷させたが、逆に亜空間バリヤーの防御能力を利用され、通天閣で旧GUTSのホリイ隊員とスーパーGUTSのナカジマ隊員が発射したモンスターキャッチャーを背中に撃ちこまれ再び逃走。
大坂ベイエリアに三度出現したが、反マキシマエネルギーを照射されたことで亜空間バリヤーを破られTPC地上部隊の一斉攻撃によって敗れ去った。

だがこれはTPCを欺くために用意した抜け殻で、本体はすでに地底に逃走していた。さらに厄介な事にネオジオモスへと進化していた。

余談

初期の脚本ではスフィアとは無関係な宇宙怪獣であったが、企画の笈田雅人の提案により物語終盤の起点とするため、スフィアが登場することになった。

脚本での名称は「ゴズモ」。

デザインイメージは「」。

関連タグ

ウルトラマンダイナ ウルトラ怪獣 スフィア合成獣 ネオジオモス

pixivに投稿された作品 pixivで「ジオモス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 931

コメント