ピクシブ百科事典

サンダーアロー

さんだーあろー

小学四年生連載の「ウルトラマン80」(作画:かたおか徹治)に登場した悪のウルトラ戦士。
目次[非表示]

概要

小学四年生連載の「ウルトラマン80」(作画:かたおか徹治、単行本「ウルトラ兄弟物語」に収録)の10話、11話に登場した悪のウルトラ戦士。
5万年前、反逆罪でウルトラの国から追放されブラックホールへ落とされたが、抜け出し怪獣軍団を率いてウルトラ族へ復讐しようとした。

手からは「エレクトリックサンダー」と言う光線を発射し、強力な念力で死んだ怪獣を蘇らせることができる。

劇中での活躍

怪獣墓場にて強力な念力を使い、レッドキングブラックキングテレスドンジラースゴモラアーストロンゼットンといった怪獣達を蘇らせて一大怪獣軍団を結成すると、怪獣達を各地に送り込みウルトラ戦士たちを誘い出した。
惑星ミヌマの調査に向かった初代ウルトラマン率いる宇宙警備隊第3部隊を壊滅させると、瀕死のウルトラマンの前に出現。その後ウルトラマンが死亡するとブラックキングをウルトラマンの姿へと変え、同じくウルトラ戦士の姿へと変えた怪獣達と共に光の国に向かわせ、M地区にあるプラズマスパークルームを始めF地区、S地区といったプラズマスパーク施設を時限爆弾を使って同時多発的に破壊させた。
その様子を衛星軌道上から確認し、作戦成功せりを意味するウルトラサインを見てひとりほくそ笑んでいた。

この戦いでウルトラマンの他、ウルトラマンジャックウルトラマンエースウルトラマンタロウが死亡。K地区でウルトラの母が死守している最後のプラズマスパーク装置を怪獣達と共に攻撃し、母に降伏するよう勧告するがはねのけられ、エレクトリックサンダーで母を殺害した。

母の死に怒ったゾフィーウルトラセブンウルトラマン80と最後の戦いに挑み、ブラックホールで強化された肉体でアイスラッガーをはじき返し、エレクトリックサンダーでセブンを殺害した。
しかし決死で放ったゾフィーと80の合体光線「M87サクシウム光線」で体を貫かれ、自身の敗北を認めないまま爆散した。


関連タグ

ウルトラマンベリアル…恐らくこれのオマージュ。

pixivに投稿された作品 pixivで「サンダーアロー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 306

コメント