ピクシブ百科事典

正体バレ

しょうたいばれ

隠していたり、謎に包まれていたりした正体が発覚することである。
目次[非表示]

概要

基本的には正体が(誰かに対して)隠されていたキャラクターに幅広く生じうる出来事である。
ただし、これが大きなイベント性を持つのはことに変身ヒーロー変身ヒロインについて、その変身者の正体が知れるという事態であるため、本記事ではこれを中心に解説する。

状況

正体が発覚するシチュエーションはさまざまであるが、例えば以下のようなものがある。

変身するところを目撃される

最も頻度が高いだろう正体バレのシチュエーション。
偶然見られることも多いが、仲間や一般人を敵の攻撃から守ったり、窮地を救ったりするため、人前で変身せざるを得なくなってバレるというケースも珍しくない。中には変身した様子がTV中継され世間一般に知られたケースも。
何らかの覚悟を決めて、自ら正体を明かすという場合は「バレた」と言うのはそぐわないが、これも一般には「正体バレ」に含めて語られることが少なくない。

変身が解けたところを目撃される

上記とは逆のパターン。
その場に居合わせた人に知られるだけでなく、中にはその状況がTV中継されてしまったため、正体が世間一般に知れ渡ってしまったケースも存在する。

使用アイテムを発見される

それが変身アイテム、あるいは変身してから使う武器である事がわかった場合は、その時点で正体が発覚することになる。

変身前後の照合

「変身前に受けた傷が変身後も残っている」「特定の人しか知らないはずの情報を、変身後も知っている」(いずれも、逆の場合も有り)、「変身前後とも同じ行動原理に基づいて動いている」などの共通点から、正体が推察されてしまうことがある。
「声が変身前後で同じだから」という理由でバレることが滅多に無いのは、お約束として受け入れるしかないかもしれない。アニメでも特撮でも、ほとんどの作品では変身前後で声の演者は同じである。変身ヒロインものの場合、声はおろか、変身後も仮面等もつけておらず晒している顔も変身前と似通っていることが多いが、それだけが理由でバレることがないのも同様のお約束であろう。

言動からの推察

変身している間は元の人は当然仲間の前からいなくなっているわけだから同様の状況が繰り返されれば察せられても不思議は無い。
このシリーズではよく突っ込まれる点であるが、中には行動パターンをコンピューターで解析して正体を高い確度で推定した姿を消した先からヒーローが現れたのを見て正体だと察したというケースも存在する。
挙動不審のみならず、何かを隠している、一人で抱え込んでいるといった様子から仲間にいつの間にか推察されていることもある。正体を見抜いていた仲間からそれを指摘されることがあり、この作品ではとりわけドラマティックなシーンもあった。

その他

敵の策略に嵌まって正体を明かさざるを得ない状況に追い込まれる」、「本人のミスで脳波測定をされた結果バレた」というケースもある。
また、「変身後に変身前の本名を名乗ってしまう」(トップ絵参照)、あるいは「既に正体を知る者(多くは敵キャラ)から変身前に変身後の名で呼ばれ、それを聞かれてしまう」という形でバレることもある。

バレるとどうなるのか

所属する組織や力の授与者から正体秘匿を厳命されている場合、正体発覚の際には何らかのペナルティが設定されていることも多い。例えば「動物に変えられる」「変身能力を剥奪される」「記憶を消される」「元の世界に帰らなければならない」、最も厳しい場合は「自爆させられる」といった具合である。正体を知られたら「災いが及ぶ」と力の授与者から警告されながらも、全てを語る前にその授与者が絶命してしまったため、具体的に何が起こるのか不明なままだったケースもある。

厳しすぎる罰則の場合は最後まで正体がバレないか、たとえバレても何らかの事情で処分が免除されるなどして、実際にはそのままでは適用されないことのほうが普通である。

正体秘匿を「掟」として設定してはいるものの、「そうなっている」というだけで、罰則規定は設けられていないケースもある。その掟を申し渡した者も後には事情によりそれを後悔していた。

また敵に正体を隠していた場合は逆に言えば敵に知られたら困る事情があったということであり、「変身前の無防備な状態を襲撃される」「家族や友人を人質に狙われる」「敵が自宅や学校、職場などの生活圏を攻撃してくる」といった実害を被ることも少なくない。実際に「どこに敵が潜んでいるかわからないから」と後輩に正体を隠す事を促した者もいる。

当人が宇宙人人造人間改造人間など、いわゆる「人外」の場合は、その正体が周りの大切な人たちに知られた場合は「異質な存在」として受け入れられなくなることを懸念することも多く、その正体を知った人たちが彼(女)らをどう受け止めるかはしばしば物語のキーポイントとなる。
伝統的にこのシリーズでは正体を隠すのを「地球人が安易に頼ってくる事を避けるため」と理由付けられており、「正体が知られた時は物語が終わる時」であったが、近年は正体を知られながら仲間たちもそれを受け入れ、長期間共に戦い続けた作品も作られており、以降の作品でも踏襲されつつある。

変身者が普通に人間であった場合でも「危険な戦いに身を投じている」ことが知れて周囲の人たちに心配をかけ、巻き込んでしまうことを恐れて正体を隠していることも多く、この場合も正体発覚後にそれを仲間たちがどう受け止めるかがたいていは物語のカギになる。
豪快に正体がバレた結果として世間に英雄として認知されたケースもあったりするのだが…。

正体を知った側の反応

上記のように正体を知った側、特にその人物の仲間がどのように向き合うかが大抵「正体バレ」というイベントの根幹を成している。
「異質な存在」として親しい人たちからことごとく疎外されてしまった悲劇的なケースも現に存在しており、加えてそれまで隠し事をしてきたわけだから一時的にせよ人間関係に蟠りを生じることもあるが、一方でそれを進んで受け入れてくれる仲間に恵まれているヒーロー、ヒロインも珍しくない。代表的な例として友里アンヌの「ウルトラセブンでもダンはダンじゃないの」という台詞を挙げておこう。

また正体を知ることになっても秘密を守ると約束したり、口には出さずにさりげなく協力したりなどして、結果的に正体が広く知れ渡らずに済むというパターンも多い。

一方で、中にはその状況で命を救われながら何の感謝もせず、後に正体を世間に言い広めて、意図的に周囲からヒーローを疎外させてやろうと目論んだりヒーロー達の正体を知ったのをいい事に、己の欲望を満たす為に彼らを陥れ、利用した恩知らずな不届き者達も、稀ではあるが存在する事も、頭に入れておいてもらいたい。

人前で変身しながらも、あまりに非現実的なことなので目撃が夢の中のこととしか思わず、バレずに済んだというケースもある。

また中には、正体を知った者が死亡してしまったため、皮肉にも秘密が守られるということがある。正体秘匿が厳格な作品にはしばしば見られ、正体を知ること自体が死亡フラグとなってしまう。

伝統的にこのシリーズでは「正体を知った者は変身して戦う仲間に加わらなければならない」というジンクスが存在していた(お笑い芸人とかこの人は例外)。しかし、近年は「変身者の正体を知る一般人レギュラー」が確立しており、このジンクスはほぼ崩れたといってよい。最初の例は一応変身したと言えなくはないが…。

関連項目

正体
変身
変身ヒーロー
変身ヒロイン

pixivに投稿された作品 pixivで「正体バレ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3368

コメント