ピクシブ百科事典

副長ゼルモダ

ふくちょうぜるもだ

副長ゼルモダとは、その名の通りボーゾックの№2である。
目次[非表示]

「馬鹿にすんじゃねぇ。俺にだって誇りってもんがあらぁな!」
CV:津久井教生

概要

宇宙暴走族ボーゾックのNo.2で戦闘隊長。
両肩と襟が金色で正面は赤と緑、側面は黒と言うカラーリングの燕尾服を思わせる特攻服(?)に身を包んでいるが、一際目を引くのがその縦長のスキンヘッドであり、顔も他のボーゾックの荒くれ者や幹部のグラッチと比べても一際人相の悪い面構えとなっている。

総長ガイナモとはマイナー暴走族時代から共に艱難辛苦を乗り越えた仲であるが、金で裏切るなど割と現金な一面もある。上記の台詞も、リッチリッチハイカー「友情を買おう」と言われた時の回答であり、ここだけ聞けば味方思いのかっこいい副官なのだが、その後誇りごと買収されてグラッチと共にリッチリッチハイカー教授に寝返った事もあった。

立場上、前線に殆ど出て来ないガイナモの代わりに地球に赴いて指揮を執り、稀にカーレンジャーを倒す為の作戦を立案することもある。
初期はその顔に違わず冷酷かつ残虐なキャラとして描かれており、執拗にダップの命を狙う悪者だったのだが、最終的には(現在では最早死語となっている)ギャル語を使ったり真顔でトンチンカンな発言をする等、ガイナモ同様に頭の悪さや茶目っ気がクローズアップされる様になる。

幼少時代にを馬鹿にして火傷をしたトラウマから雷が大の苦手だったが、後にエレキンタから課せられた試練でバキバキ伝説を突破し、見事に克服した。
中盤から現れた暴走皇帝エグゾスの事はとっつぁんと呼んでいる。

戦闘において

戦闘では「ぱちき」「ランニングヘッドバッド」という二つの頭突き技を繰り出す他、更に両手から光線を放つ事も可能。そしてトランプを重ね合わせたデザインの剣を武器に戦い、剣で斬り付けた後に放つ「必殺ゼルモダキック」なるキック技も持っており、こちらはドアを破壊する程度の威力がある。
加えて意外にも変装が得意であり、VRVマスターに扮してダップを完全に騙す等、その精度は高い。

また、旗色が悪くなると「撤収!」の掛け声と共にさっさと逃げる等、戦いにおける引き際を良く弁えている事が窺える。
出現の際には戦闘員が詰まった壺に乗り、浮遊して登場する事が多い(因みにこの壷には何故か10円玉が大量に詰まっている)。

劇中での主な活躍

彼の本領は暴走族らしくバイクに乗った時に発揮され、特にそのスピードは限界を突破し、上記のバキバキ伝説を実現する程である。
バキバキ伝説を突破した事で電気バイク「バキバキルガー」を授かると同時に無敵の雷パワーを手に入れ、エレキンタも呼び出せる様になる。
そしてエレキンタと放つ合体技「バキバキサンダーシリーズ」はカーレンジャーすらきりきり舞いさせる程の威力だが、アマゾンの電気ウナギを食べて雷嫌いを克服したグリーンレーサーに惜しくも破られる。そしてエレキンタが倒されると同時にバキバキルガーも失ってしまった。尚、バイクに乗る時は服の背中部分の飾りが頭部を覆ってヘルメットになる。

上記の通り、実際は小学校レベルの勉強も苦労する程頭が悪く、作中では「支配者」の意味も分からずグラッチに質問をした事もあった。最終回でボーゾックが解散した後、グラッチと共に義務教育をやり直す為に小学校に入学した。

余談

名前の由来は車の部品の一種であるセルモーター

声を演じた津久井氏は昨年の『超力戦隊オーレンジャー』でもバラカクタス2を演じており、2年後に放送される『星獣戦隊ギンガマン』でも終盤にヂェンゾスの声を担当している。

関連タグ

激走戦隊カーレンジャー 宇宙暴走族ボーゾック

ヤツデンワニキャリゲーター:後のギャグ系戦隊で中の人が演じたキャラで、何れも最終回まで生存している。

ジェネラルシャドウ:同じく武器がトランプの幹部級ライダー怪人

関連記事

親記事

宇宙暴走族ボーゾック うちゅうぼうそうぞくぼーぞっく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「副長ゼルモダ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 102

コメント