ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

宇宙ゴキブリ・ゴキちゃん

うちゅうごきぶりごきちゃん

宇宙ゴキブリ・ゴキちゃんとは、特撮テレビドラマ『激走戦隊カーレンジャー』に登場キャラクターの一人。
目次 [非表示]

「ゴキー!」


CV:桜井敏治

登場話数:第5話「この先激走合体」-第48話「いつまでも交通安全」


概要編集

宇宙暴走族ボーゾックの構成員の一人で、本作の準レギュラーに当たる。

元々はバリバリアンに生息していたただの宇宙ゴキブリが、発明家グラッチ芋長芋羊羹を食べさせられたことで、人間サイズにまで巨大化した存在である。本人曰く「養殖のゴキブリ」らしく、背中には「養殖」マークがあり、暑さには弱い。またゴキブリながら綺麗好きで、雑巾がけをしたり触角を直したりすることもある。

巨大化してからはボーゾックのマスコット的存在として落ち着いたようで、兵士ワンパーと共に暴走車の修理もしたり、雑用に勤しむといった日々を送っている・・・のだが、何故か運が非常に悪い面もあり、第7話では誰が低カロリーで痩せるスプレーの実験台になるか揉めているところに、うっかり顔を出したがために白羽の矢を立てられてしまい、オマケに実際に出てきたそれが「高カロリーで太るスプレー」だったために、吹き付けられて顔が肥大化した末に爆発してしまうという憂き目に遭っている。


所謂「ボーゾックの荒くれ者」として戦闘に参加したこともあり、第15話ではグラッチの発明品「パワフルダンサー製造機」によって脚力が超超超超パワーアップしたGGゴキちゃん、第41話ではこれまたグラッチ特製の「エネルギー吸い取り唇」を口に装備し、相手のエネルギーを吸収する能力を得たIIゴキちゃんになったこともある。

もっとも、そのいずれも(副次的なものはともかく)カーレンジャー相手には目立った戦果を挙げられずに撤退に及んでおり、総長ガイナモからも「こんな奴を信用した俺がバカだった・・・」と散々な評価を受けてしまっていたりもする。

前述した不運ぶりはここでも発揮されており、パワフルダンサー製造機の実験台になったのもまた、触角を直そうとしたのを副長ゼルモダに「挙手した」と勘違いされたことによるものであった。


ボーゾックの解散後は、宇宙ゴロツキが結成した劇団に所属した。


備考編集

デザインは阿部統が担当。顔が星になっているところが宇宙ゴキブリたる所以と語っているように、2つに割れた顎や目などが星型を描くように配置されているが、もうちょっと目立たせた方が良かったかもと後に振り返ってもいる。

その点以外は、当時の上司に当たる雨宮慶太からの「ゴキブリは意外と顎が長いんだぞ」とのアドバイスを受けつつ、また図鑑を読み込みつつ素直にゴキブリを怪人に落とし込んだものとされている。


関連タグ編集

激走戦隊カーレンジャー

宇宙暴走族ボーゾック ゴキブリ


テラフォーマー:『テラフォーマーズ』の登場キャラクターの一種。こちらも地球外出身の、ゴキブリが人型へと変化した種族である

関連記事

親記事

宇宙暴走族ボーゾック うちゅうぼうそうぞくぼーぞっく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 104

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました