ピクシブ百科事典

暴走戦隊ゾクレンジャー

ぼうそうせんたいぞくれんじゃー

暴走戦隊ゾクレンジャーとは41番目のスーパー戦隊…ではなく、激走戦隊カーレンジャー第25話「ナゾナゾ割り込み娘!」に登場する一発限りのネタ戦隊である。
目次[非表示]

概要

ボーゾック一のヒーロー研究家「SS(スースー)パマーン」をリーダーとした集団で、本家スーパー戦隊同様5人で構成されている。(ちなみに、後の4人はバリバリアンでたむろしているゴロツキ達)
地球戦隊ファイブマン銀河戦隊ギンガマンや、次回作電磁戦隊メガレンジャー邪電戦隊ネジレンジャーと同じく悪の戦隊ポジションだが、上記にも書いた通り一発限りのネタ戦隊である。

メンバー

  • ゾクレッド/SS(スースー)パマーン(CV:林一夫

ボーゾック一のヒーロー研究家にしてゾクレンジャーのリーダーであるゾクレッド。
ガイナモ達からはスーさんと呼ばれておりライフルと剣を武器にしている。
ゾクレンジャーボールでは最後のシュートを担当する。
設定はスーパー戦隊だが、外見(バイクを正面から見たような感じ)は仮面ライダー、目と口の形はウルトラマン。そして名前の由来はスーパーマンと、ヒーローてんこ盛りなデザインをしている。

  • ゾクブルー/ゴリラゴロツキ(CV:細井治
ブルー担当のゴリラのゴロツキ。武器は二丁拳銃と鎖付きの出刃包丁。
ゾクレンジャーボールでは四番目のヘディング担当。
  • ゾクグリーン/カエルゴロツキ(CV:宮田浩徳
グリーン担当ののゴロツキ。武器はバズーカと手斧。
ゾクレンジャーボールでは三番目のトス担当。
  • ゾクイエロー/ニワトリゴロツキ(CV:千田義正
イエロー担当ののゴロツキ。武器は槍と手刀。
ゾクレンジャーボールでは二番目のキック担当。
ピンク担当のネコのゴロツキ。武器は弓矢と熊手。
ゾクレンジャーボールでは最初のパス担当。

活躍

リッチハイカー教授によって地球に送り込まれると、街に「激走戦隊はもう古い!ニューヒーロー誕生」と書いたビラで作った紙飛行機を挨拶代わりにとジョキバリッカーでばらまきながら登場した。その後、街で悪さを始めるのだが…

  • レッド…咲いていた花をライフルで撃つ
  • ブルー…砂場で子供が作っていた城を壊す
  • グリーン…レストランの窓ガラスを割って不法侵入
  • イエロー…子供が食べていたアイスを横取りする
  • ピンク…洗濯物に泥をかけて汚す
といったとてつもなくショボい悪事(レッドに至っては被害がほぼ無い)を行った後、鳥人戦隊ジェットマンとまったく同じ名乗りポーズをとってカーレンジャーと戦った。
最初はカーレンジャーを翻弄し(この時に主題歌まで流れており上に普通に戦って追い込んでいる)、必殺のゾクレンジャーボールで追い込んだがそこにラジエッタとラジエッカーが登場。
ラジエッタのナゾナゾ爆弾をつい受け取ってしまい、そのなぞなぞが解けずに爆弾の爆発を喰らって一時撤退する(当たり前だがなぞなぞは研究していなかったため)。
後にグラッチからギガフォーミラーの5倍の威力を持つゾクレンバズーカなる新兵器とゾンネットからバズーカのエネルギー源であるファンベルダイヤモンドを授かり、更にラジエッタを人質にカーレンジャーを苦戦させる。
この時、ピンクレーサーに卑怯呼ばわりされるが、

「暴走戦隊だからいいパマン!大体普段一人のボーゾックに5人でかかってくるお前らに言われたくないパマン!」

と、兵士ワンバーの存在を完全に棚に上げた発言をした(なお、2戦目の時はゾクレンジャーはワンパーを従えていない)。
しかしラジエッタが変身したガイナモを助けてしまったことで解放してしまい、一気に形勢逆転。フォーミラーノバをゾクレンバズーカで迎え撃ったが、慌てて撃ったためチャージが十分にできず競り負けてしまった。
その後、芋長芋羊羹を食べてパマーンのみが巨大化。「巨大化戦だってとことん研究したパマン!」とRVロボに挑む。
「最強の必殺剣、受けてみるパマン!」と、またしてもジェットマンのジェットイカロスのバードニックセイバーそっくりな剣を取り出し・・・
「大銀河電撃科学暗黒剣!稲妻電撃プラズマサイバーオーロラ遠心重力スーパーサンダー…」
と今までの戦隊ロボの必殺技すべてをごっちゃにした技を繰り出そうとしたが…
「技の名前が長ェんだよ!」
技の名前を言っている間に激走切りをくらって爆死した。
巨大化後は特に何もしていない

主題歌

こんなネタ戦隊だが、主題歌が存在する。
本編主題歌の替え歌だが、見事に悪者の歌に変えてある。歌っている人まで同一である。
本エピソードの脚本を担当した荒川氏自身の作詞と無駄に細かい。(2番がお蔵入りになったが一部のCDで聴くことが出来る)

曲名暴走戦隊ゾクレンジャー
作詞荒川稔久
作曲・編曲小西隆
高山成考

余談

  • この第25話、今までスーパー戦隊シリーズ最低視聴率をたたき出した地球戦隊ファイブマンの第26話「九州だョん」の1.8%を下回る1.4%を出してしまいスーパー戦隊シリーズ史上最低視聴率を更新してしまった(なお、ファイブマンとカーレンジャーはどちらも偽の戦隊ヒーローが登場したという共通点がある)。

しかもその記録は20年以上たった今でも破られていない。


  • ゾクグリーンの持つ手斧はバトルフィーバーロボのフィーバーアックスの流用のほか、ゾクレンバズーカはネオジェットマンのフレアーバスター、上述したバードニックセイバーの流用である大銀河電撃科学暗黒剣と、過去の戦隊の武器の流用品が多くみられる。

関連タグ

激走戦隊カーレンジャー スーパー戦隊シリーズ 悪役 宇宙暴走族ボーゾック
公式が病気 ドロリンゴ…似たような悪事をやった敵キャラ

pixivに投稿された作品 pixivで「暴走戦隊ゾクレンジャー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1529

コメント