ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

RVロボ

あーるぶいろぼ

RVロボとは、特撮テレビドラマ『激走戦隊カーレンジャー』に登場する巨大ロボの一つ。
目次 [非表示]

「5つある情熱がひとつになる時、起きる奇跡。"激走合体!"」


データ

全高55m
重量7500t
出力2000万馬力
合体コード「激走合体!」
テーマソング『激走合体!RVロボ』(高山成孝)

概要

5台のレンジャービークル「激走合体」することにより完成する巨大ロボ。芋長芋羊羹という巨大化アイテムを得たボーゾックに対抗すべく、カーレンジャーが生み出した1号ロボであり、ダップの故郷《ハザード星》に伝わる星座伝説の第二章では

「車を象った五つの星座は、正しく美しい魂によって大いなる姿となり、一つに集う時、戦う神となる」

として伝えられている存在でもある。


合体に際してはレンジャービークルが広大な荒れ地を縦横無尽に激走しつつ、変形したブルービークルを中心にまずピンクビークル、続いてグリーンビークルイエロービークルが合体。最後にレッドビークルが崖の上から大ジャンプして、ブルービークルの荷台へと乗っかる形で合体プロセスが進行する。

全てのビークルが合体した後、「バトルモード・チェンジアップ」のコールとともにハンドル中央にアクセルキーを挿入(この際ハンドルが操縦桿然とした形状に変形する)、さらにブレーキをかけてボディ全体を起き上がらせつつ、レッドビークルの内部に格納されていた頭部を出現させ、「エンジン快調! RVロボ」の決め台詞とともに変形合体を完了する。


物語前半の主力として、数々の巨大ボーゾックを撃破。物語後半でブレーキングに敗北して以降は、紆余曲折を経てカーレンジャーの新戦力となったVRVロボに主力の座を明け渡すこととなるが、その後もクリスマス決戦最終決戦等、重要なエピソードにおいて投入される場合もある。


武器・技

太字表記は武器斜体表記はを表す。


  • プラグネードスパーク

ブルーレーサーの操作により、ブルービークル胸部の「ハイパワーランプ」から発射する光線。


  • 浪速蹴り

グリーンレーサーの操作で右足のグリーンビークルより繰り出す、強力な飛び蹴り。

グリーンレーサーにも似たような蹴り技があり、あちらは「浪蹴り」と微妙に表記が異なるが、いずれにせよ読みが「なにわけり」と濁らない点では共通している。


  • イエロービークル回転キック

イエローレーサーの操作で、連続して回し蹴りを放つ。


  • ピンクビークルパンチ

ピンクレーサーの操作で繰り出す右からのパンチ。


  • 回転スイカ割り

TTテルリン戦にて使用。RVソードを構え縦に回転し、敵の頭上から攻撃した。


DDドンモ戦で用いた戦法で、宇宙から送られてきた通販の商品をDDドンモの手に渡る前にキャッチする事で宇宙の彼方へとぶん投げる。

ドンモも負けじと次々注文するため、さらに派生技であるラジラルシールドを構えた状態で錐もみ回転することで郵送された商品を宇宙の彼方へと弾き飛ばす激走回転クーリングオフで対抗するが、あまりの注文の多さに回りすぎて平衡感覚を失う結果となった。

ちなみに、厳密に言えば通信販売にクーリングオフは適用されない」


  • RVソード

レッドレーサーの操作により、右手から蒸気を湧き上げて出現させるRVロボの必殺剣。

鍔にはロールバーとヘッドライトが装備されており、後述の激走斬りを繰り出す際に点灯する。

ランドズズーン達との決戦では、囚われの身となったダップを救出するため、ビクトリーツイスターの弾道を両断してダップのいる箇所以外にぶち当てる、という器用な戦法も披露している。


  • ラジアルシールド

ピンクレーサーの操作で取り出される、タイヤを模した形状の盾。

中央にはホイールのようにカーレンジャーのエンブレムが配されている。

VVゴリーン戦ではその形状を活かし、フリスビーのように投げる「RV円盤投げを繰り出した。

少々意外だが、作中では一度もRVソードと同時に装備したケースはない。


  • RVソード・激走斬り

「技の名前が長いんだよ!」(第25話)

RVロボの必殺技。

RVソードを構えて高速で滑走しつつ、さら高速回転を加えながら間合いを一気に詰め、巨大ボーゾックをすれ違いざまに斬り裂く。技を決めて巨大ボーゾックを撃破した際には、↓のイラストのように爆炎をバックに、片膝をついて決めポーズをとる。

RVソード、激走斬り!!

HHデーオ戦では、彼の繰り出す分身マーキュ(魔球)に対して秘打激走返しとして使用し、飛んできたボールをすべて打ち返した。また上記のセリフはSSパマーンが繰り出そうとしていた「大銀河電撃科学暗黒剣(以下略)」に対し、技名を言い終わらぬうちに激走斬りを繰り出した際のものである。

最終決戦では、上記の高速回転状態からさらにジャンプし、RVソードを頭上に掲げてドリルのように垂直回転しながら突撃する「激走斬り・ハイパークラッシャー」を使用。エグゾス・スーパーストロングの体を貫くも、一瞬で再生されてしまった。


天下の浪速ロボスペシャル

RVロボの緊急形態。

詳細は当該項目を参照。


備考

  • 同じく自動車をモチーフとした戦隊ロボの先輩であるターボロボが、合体の際に空中に飛び上がってから変形を行っていたことを踏まえ、RVロボは前述の通り地上を激走しながらの変形合体とされ、さらにビークルのスケールを極力統一してレッドビークルがブルービークルの荷台に搭載できるようにするなど、ターボロボの反省を踏まえた、もしくは出来なかったことに挑戦している。また、当時戦隊ロボのデザインに携わっていた野中剛は、ターボロボの問題点の一つであった「プロポーションの悪さ」を意識し、RVロボにおいてはピンクビークルを変形させて肩幅を広げる形で、プロポーションの調整を図ってもいるとも語っている。

  • スーパー戦隊シリーズの英語版ローカライズ作品『パワーレンジャー』シリーズでは第5シーズンである『パワーレンジャー・ターボ』にターボメガゾード(Turbo Megazord)という名称で登場。新規に合体バンクも撮影されているが、文字通り「激走」であった原典に対し、この新規バンクは安全第一で言うなれば徐行合体になっている。また同作ではちゃっかり、原典で見られなかった剣と盾の同時装備も披露している。


  • 後年制作された映画『199ヒーロー大決戦』では、同じ自動車モチーフの戦隊ロボであるエンジンオーと並走し、激走斬りとゴーオングランプリの同時攻撃を披露した。

  • RVロボの初登場は第五話なのだが、実は第四話にてカーレンジャーが正しく美しいイメージで夢見ることによってレンジャービークルを誕生させる(本編開始前に恭介たち五人が作った五台の夢の車を巨大化させる)シーンにて、赤・青・緑・黄・桃による五色のシルエット(どこがどの色香は各レンジャービークルの担当部位に対応しているが、青色は腰のみ、赤色は胸部と頭と実際の担当部位と少し異なる)という形で先行登場している。

関連タグ

激走戦隊カーレンジャー 戦隊ロボ

VRVロボ


ターボロボエンジンオーブンブンジャーロボ:いずれも車スーパー戦隊1号ロボとしての先輩と後輩。前者2名は必殺技のプロセスも3体とも近似したものとなっている


激走鬼:『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』に登場する敵怪人の一体。その名からも察せられるように、カーレンジャーをモチーフとした怪人であり、「味方サイドの会社員が変貌する」「「激走斬り」を放つことができる」など、カーレンジャーやRVロボを意識した要素も盛り込まれている。


ガオキングキョウリュウジン:RVロボと同じく顔の口が動く1号ロボ。


歴代1号ロボ

オーレンジャーロボRVロボギャラクシーメガ

関連記事

親記事

ビクトリードック びくとりーどっく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18646

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました