ピクシブ百科事典

RVロボ

あーるぶいろぼ

RVロボとは、『激走戦隊カーレンジャー』に登場する巨大ロボットである。
目次[非表示]

「5つある情熱がひとつになる時、奇跡が起きる。"エンジン快調!"」

データ

全高55m
重量7500t
出力2000万馬力
合体コード「激走合体!」
テーマソング『激走合体!RVロボ』


概要

第5話から登場。
カーレンジャーの5人が作った「夢の車」の模型がクルマジックパワーで巨大化し、「レンジャービークル」となった。
クルマジックパワーで動くため、排気ガスは一切出さない。

物語前半ではほぼ無敗を誇っていたが、第29話でリッチリッチハイカー教授が操縦するブレーキングに敗北しボーゾックの手に落ちてしまう。
第32話では敵として登場。爆弾でもあるボーゾック乾電池を取り付けられているため、迂闊に攻撃すると爆発してしまうことからカーレンジャーは苦戦したが、
レッドレーサーの活躍で無事奪還に成功した。
なおこの時にボーゾックがRVロボを操ったのはカーレンジャーを倒すため・・・ではなくキムチを買いに行かせるためである。まさにカーレンジャー

その後はVRVロボにメインの座を譲る。40話ではOOバットンに両手足を破壊されたり、43話ではエネルギー切れに追い込まれるなど苦戦も多くなった。
最終回ではエグゾスの圧倒的な強さの前に破壊されたが、戦いが終わった後の和解式では無事に復活し、後日談の「メガレンジャーVSカーレンジャー」にも登場した。

ちなみに「RV」の本来の意味は「レクリエーショナル・ビークル」(Recreational Vehicle)である。

レンジャービークル

株式会社ペガサスの地下に建造された格納庫から発進し、カーレンジャーはレーシングカー型の個人車両であるスピーダーマシンごと搭乗する。

レッドビークル

全長22m
重量900t
最高速度マッハ1.5

レッドレーサーが乗り込む。
ロボの頭部と胸部を構成する。
第5話では走行中に顔だけ出して喋らせ、ゼルモダを油断させた。(この時のセリフは「注意一秒、怪我一生」。)

ブルービークル
全長26.5m
重量2500t
最高速度800km/h

ブルーレーサーが乗り込む。
ロボの胴体を構成することから、一番重くなっている。

グリーンビークル
全長25.8m
重量1500t
最高速度840km/h

グリーンレーサーが操縦する。
ロボの右足を構成する。

イエロービークル
全長25.8m
重量1500t
最高速度840km/h

イエローレーサーが操縦する。
ロボの左足を構成する。

ピンクビークル
全長23m
重量1100t
最高速度889km/h

ピンクレーサーが運転する。
ロボの両腕を構成する。
中にはエアバッグが備えられている。

合体プロセス

「激走合体!」

まずブルービークルとピンクビークルが合体し、次いでグリーンビークルとイエロービークルがドッキングする。
そしてレッドビークルがブルービークルに重なるように猛スピードで合体した後、「バトルモード・チェンジアップ」の掛け声と共にアクセルキーを挿入し、急ブレーキで一気に立ち上がる。

武器・技

太字表記は武器斜体表記はを表す。

  • プラグネードスパーク
胸部のライトから発射する光線で、ブルーレーサーが攻撃を指揮する。
40話ではビクトリーツイスターと同時に発射し、OO(オロオロ)バットンを倒した。

  • 浪速蹴り
読みは「なにわけり」と濁らない。
強力な飛び蹴りで、グリーンレーサーが攻撃を指揮する。
ちなみにグリーンレーサー自身にも同名の技がある。

  • イエロービークル回転キック
連続して回し蹴りを放つ。イエローレーサーが攻撃を指揮する。

  • ピンクビークルパンチ
RVロボの得意技で、ピンクレーサーが攻撃を指揮する。

  • 回転スイカ割り
24話のみ使用された技。RVソードを構え縦に回転し、TTテルリンの頭上から攻撃した。

  • 激走クーリングオフ
26話で使用。DDドンモが通販で送ってきた荷物を送り返す。
しかしドンモがあまりに注文するため、次第に返しきれなくなっていった。
なお厳密に言えば通信販売にクーリングオフは適用されない

  • RVソード
右手から蒸気を湧き上げて出現させるRVロボの必殺剣。だが、29話では折られてしまった。
43話では敵に捕らわれたダップを救出するため、ビクトリーツイスターの弾道を切り分けるという器用さを見せた。

  • ラジアルシールド
タイヤを模した盾。23話ではフリスビーのように投げるRV円盤投げを繰り出した。(少々意外だが本編中はRVソードと同時に装備した事がなかった。)

  • RVソード・激走斬り
「技の名前が長いんだよ!」
RVロボの必殺技。
剣を構え猛スピードで高速回転しながら、間合いを一気に詰めてすれ違いざまに斬り裂く。
メイン画像のように敵の爆発をバックに、片膝をついた決めポーズをとる。
上記のセリフは25話で暴走戦隊ゾクレンジャーのリーダー・SSパマーンに対して言ったもの。
最終回ではドリル状に回転して突き刺す激走斬り・ハイパークラッシャーを使用。エグゾスの体を貫くも、一瞬で再生されてしまった。

その他

  • 199ヒーロー大決戦』では、エンジンオーと並走し、激走斬りとゴーオングランプリの同時攻撃を披露した。
  • 海外版『パワーレンジャー』ではターボメガゾード(Turbo Megazord)という名前になっている。新規の合体バンクは安全第一で言うなれば徐行合体になっている。(ちゃっかり、剣と盾の同時装備も披露している)


関連タグ

激走戦隊カーレンジャー 戦隊ロボ

歴代の1号ロボ
オーレンジャーロボRVロボギャラクシーメガ

pixivに投稿された作品 pixivで「RVロボ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1376

コメント