ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「本当はスイカがいいけど、芋長芋羊羹だっ!」

CV:肝付兼太


概要

第24話「急発進?!ニューリーダー」に登場したボーゾックの荒くれ者ボーゾック一偏差値が高い。

針が歪曲している巨大な時計を頭に被り、目元に瓶底眼鏡を掛けた頭部が特徴で、左胸にネームプレートを着け、背中に黒いランドセルを背負った姿をしており、さながら眼鏡を掛けたガリ勉小学生を思わせる。頭部の左右から切られたスイカアクセサリーイヤリングのように下がっている点も見逃せない。ちなみに瓶底眼鏡からはリング状のビームを放つことが可能。

語尾に「テルリン」と付けて喋る。


劇中では「ボーゾックスイカ割り大会」を開くためにわざわざ地球の子供達の夏休みの宿題の代行を行い、その報酬としてスイカを調達するという作戦を行った。

まともな感性の視聴者としては「そんな回りくどいことしてないで普通に買うとか、悪の組織の怪人らしく強奪すれば良いだろ」と言いたくなるだろう。ましてやボーゾック一の偏差値を誇る奴がそんな作戦を指揮しているのだから猶更である。

だがその突込みは野暮という物。何故ならボーゾックは「基本足し算も満足に出来ない馬鹿の集まり」であり、以前にもリッチハイカー教授が出した「1+1=?」という小学生以下の子供でも分かる問題に「3」と答えたメンバーがいた程である。そんな連中の中で偏差値が一番高いと言ったところでたかが知れているのだ。少なくとも上記の発想に至らない辺り、テルリンの偏差値も所詮は連中に毛の生えた程度の高さでしかあるまい。とはいえ、子供達が切ったスイカを持ってきたことに激怒した途端、子供達をスイカにしようとしており、悪の組織の怪人らしい本性と残酷さを見せつけている。


活躍

上記の頭脳を生かして子供達の夏休みの宿題を解く代わりに「ボーゾックスイカ割り大会」に必要なスイカを持って来させようと目論む。

しかし、子供達が持ってきたスイカは「全て切られていた物だった」ため激怒し、子供達をスイカの代わりにしてしまおうと捕らえる。


そこに駆け付けた上杉実をビームでアクセルキーを手放させて変身を阻止、そこにケンカして仲違い中の陣内恭介が駆けつけ、助けに来てくれたと誤解したままであったが和解し、更にブルーレーサー達も乱入し子供達を救出されてしまう。レッドレーサーグリーンレーサーの連携に怯み、レッドレーサーの固有技、ツインソード・ツインカムクラッシュを受けて敗北。芋長の芋羊羹を食べて(上記の台詞はその際のもの)巨大化し暴れ回るが、RVロボのグリーンビークル浪速蹴りとRV回転スイカ割りに怯み、最期はRVソード・激走斬りを受け「テルリ〜ン!!」と断末魔を上げながら倒された。


余談

パワーレンジャー・ターボにもクロックスター(吹き替え:飛田展男)という名称で登場し、この時は時間を巻き戻す能力を持っていた。ちなみに原作の映像を流用する都合上不用意な改修が出来ないために名札すらそのまんまの姿で登場している

飛田氏はパワーレンジャー・ターボの吹き替えで初の特撮出演となった。


声を演じた肝付氏は前作『超力戦隊オーレンジャー』で執事アチャ役でレギュラー出演していたが、以降スーパー戦隊シリーズ出演に縁がないまま2016年10月に亡くなったため、今作品が最後の戦隊出演となった。

一応特撮作品自体は、3年後の『燃えろ!!ロボコン』におけるロボゲタの役で準レギュラー出演している。


関連タグ

激走戦隊カーレンジャー 宇宙暴走族ボーゾック ボーゾックの荒くれ者

スイカ


ブタヅノー:同じく子どもたちに努力させないで勉強を疎かにさせる戦隊怪人つながり。こちらは呪文を用いており、本気度は段違い。


勉三さん中の人&瓶底眼鏡繫がりのキャラクター。

野球仮面牛靴仮面ガブリオドロボーズ:コミカルな言動の多いギャグキャラながら、冷酷な性格の見え隠れする戦隊怪人つながり。ガブリオ役の高木渉氏は他にもコミカルな悪役を多く演じている。

関連記事

親記事

ボーゾックの荒くれ者 ぼーぞっくのあらくれもの

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 462

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました