ピクシブ百科事典

NNネレンコ

ねーねーねれんこ

NNネレンコとは『激走戦隊カーレンジャー』に登場する業の深い怪人であり、性癖製造機である。 (画像はその最大の被害者)
目次[非表示]

「激走戦隊カーレンジャーも、もうすぐ破裂して終わりネレンコ!」
CV:梅津秀行

概要

第7話に登場。「~ネレンコ」が口癖であり、ボーゾック一の落書き名人。
発明家グラッチが偶然発明した吹きかけたものを太らせて爆発させてしまう「高カロリーで太るスプレー」でチーキュを破裂させるために派遣された。

同行したグラッチに芋長の芋羊羹を買ってくるまで待機するよう釘を刺されるも、近くのトンネルの落書きに刺激されて行動を開始し町中の物にスプレーを吹き掛けていく。。
その最中にブルーを除いて駆け付けたカーレンジャーと交戦、誤って手下のワンパーの一人を破裂させてしまうも、ブルーが駆け付けた際に隙を見計らい逃走
そしてブルーを置いて追いかけてきた4人を顔面から出す「ネレンコビーム」で攻撃して怯んだ隙にスプレーを吹きかけて変身を解除させ破裂寸前まで太らせることに成功する。
だが、遅れて駆け付けたブルーが洗車をヒントに編み出した新技「激走カーウォッシャー」で4人の体に付着したスプレーを洗い落としたことで形勢が逆転。5人の攻撃には手も足も出ず、フォーミュラーノヴァの直撃を受けて敗北した。
直後にグラッチの買ってきた芋羊羹を食べて巨大化し、RVロボと戦うが、最期はRVソード・激走切りを受けて爆散した。

特徴

・モチーフはピエロと太陽の塔

・太らされた物には「NN」の文字が浮かび上がる

カーレンジャーを肥満化


NNネレンコの深い業とはカーレンジャーを肥満化させたことなのだが、特に腹が膨れ上がった八神洋子(ピンクレーサー)と志乃原菜摘(イエローレーサー)を見たことで肥満化膨腹膨体ボテ腹に目覚めてしまった人が少なくないことだろう。

・よく見ると噴射された太るスプレーの直撃を真っ先に受けたのは洋子であり他の3人は苦しむ表情のアップから膨らむ腹が映るが彼女だけは表情のシーンで膨れ上がり始め、腹のシーンでは最後に残ったボタンが胸と腹の間に食い込むほど膨れ上がっている。
太った体全身が初めて映るシーンではいつの間にかボタンが弾けとんではいるが、その段階ではまだ胸から腹が同じくらいの太さの寸胴体系だった。
しかし、その後のシーンではなぜか洋子の腹だけが倍近くに膨れ上がっており、実ほどではないものの明らかに恭介や菜摘より太った体でもがき苦しむ姿が映っている。
後にネレンコが破壊した消火栓から吹き出した大量の水を利用したブルーレーサーに「激走カーウォッシャー」でスプレーを洗い落とされて元に戻るまでの一連のシーンの間、洋子は膨れた顔に非常に複雑な表情を浮かべ続けているが少なくとも体重と食欲との間で揺らいでいる彼女の人生で最も太っていたのはこの時で間違いないだろう。

・超全集ではブルーレーサー以外の4人はキャラクター紹介のページに太った姿の特写が掲載されているのだが洋子の場合は周囲に水が降っていないのに全身がずぶ濡れ、かつ肥満化直後の寸胴体型で立ったまま腹を押さえて苦しんでいるという劇中の時系列とはかなり異なったものとなっている。
じつは本編の洋子も肥満化直後の他にもカーウォッシャーの開始と共に立ち上がるシーンと、その最中の1回目のアップシーンで寸胴体型に戻っており一連の肥満化シーンは最初から最後まで少なくとも、もう1回取り直していた可能性が高い。
(ただし恭介、実、菜摘の3人も肥満化途中と後にそれぞれ矛盾している部分があるため詳しいことは不明)

また洋子だけはエピソード紹介のページにもブルーレーサーにスプレーを洗い落とされるシーンの未使用カットが掲載されており、こちらは2回目のアップと状態こそ同じだがアングルの違いで膨らんだ腹がより強調されて本編よりもさらに太ったように見えるものとなっている。

・太らされた4人には「NN」の文字が見当たらないが、太らされたのは服ではなく体であるため服に隠れて見えなかっただけで膨らんだ腹の表面には浮かび上がっていたのだろう。

・脚本段階では4人が太らされる場所は広場ではなく廃ビルの中だった。

関連タグ

激走戦隊カーレンジャー 宇宙暴走族ボーゾック ボーゾックの荒くれ者
肥満化 八神洋子/ピンクレーサー ボテ腹ヒロピン
XXミレーノ 同じボーゾックのマニアックヒロピン製造機
ゴムビ・ローン ハリケンジャーヒロインを膨らませた怪人
バスガス ギンガマンを肥満化させたがヒロインは巨大化だった
シェフードン ジュウオウジャーに登場した肥満化能力持ちの怪人だが、ヒロインの肥満化に失敗している。

関連記事

親記事

ボーゾックの荒くれ者 ぼーぞっくのあらくれもの

兄弟記事

コメント