ピクシブ百科事典

OOバットン

おろおろばっとん

OOバットンとは、『激走戦隊カーレンジャー』のキャラクター。
目次[非表示]

「楽勝だったぜ。グリーンレーサーさんよォ!」
CV:矢尾一樹

概要

第40話に登場。語尾に「バットン」と付けるのが特徴。
ボーゾック一口がうまいと言われており、初めはボーゾックを抜け出そうとした裏切り者として副長ゼルモダ達に追われている芝居をしてカーレンジャー達に接触、カーレンジャーがゼルモダ達を追い払った後手当てをしてもらう。しかし、ダップはアクセルブレスは悪いボーゾックにしか反応しないということで疑っていたが、バットンをいいやつだと信じるグリーンレーサーの強い後押しにより実の家でしばらく匿ってもらうこととなり、阪神タイガースの鉢巻を付けてもらったり、きつねうどんたこ焼きをご馳走になる。

しかし、グリーンレーサーが部屋を出た後に携帯電話でゼルモダからの連絡を受けると本性を表し、「こんなもの、くだらねえ」といい阪神タイガースの鉢巻を踏み付け、ゼルモダと合流する。
そして彼からの情報でボーゾック地下秘密基地の建設予定地をVRVロボで探していたカーレンジャーを発見すると仕掛けていた爆弾で怯ませ、磔にして動きを封じたうえで巨大化、ハンマーでVファイヤーとVポリスを機能停止させ、そこで初めてグリーンレーサーはバットンの本性を知り(上記の台詞はその際にバットンが発したもの)、ショックのあまり「皆すまん!俺がこんな奴を信じようって言ったばっかりに!信じた俺がアホやったんや!」と自暴自棄になるが「信じたことを後悔したって仕方ないダップ!大切なのは今を頑張ることダップ!」とダップの励ましで立ち直り、出撃させたRVロボに乗り換えて立ち向かうも状況は変わらず、すぐに追い詰められグリーンビークルとイエロービークル、そしてピンクビークルも破壊されてしまう。

そして止めを刺そうとするが、グリーンレーサーの説得で一度は踏みとどまるもゼルモダに「この作戦に失敗したらエグゾスのとっつぁんにバラバラにされちまうぜ!」と脅迫され、「バラバラにされるのは嫌だ!バラバラにされる前にバラバラにしてやる!」とカーレンジャーを倒すことを決意する。しかし、グリーンレーサーは「バラバラ」という言葉をヒントにまだ動かせるレッドビークル、ブルービークル、Vダンプ、Vドーザー、Vレスキューで一か八かの超緊急合体を行い誕生した「天下の浪花ロボスペシャル」には敵わずあっという間に逆転され、プラグネードスパークとビクトリーツイスターの同時発射により倒される。
そしてこの戦いの後、「ボーゾックにもええやつがおったらな」と呟いた実は、タイガースグッズの一つである鉢巻きを締め、涙を堪えつつ阪神タイガースの応援歌「六甲おろし」を(アカペラで)歌いながら去っていくという姿でこの回は締められた。

余談

登場時には名前のテロップが表示されず、更に劇中では「バットン」としか呼ばれていなかった為、名前の「OO(オロオロ)」の読み方は超全集等を見なければ分からない。

この「ボーゾックにもええやつがおったらな」というセリフがまさか最終回でボーゾック全員が更生するという形で実現するとは誰も想像できなかったであろう。

声を担当した矢尾一樹氏は『忍者戦隊カクレンジャー』にてニンジャマンの声を担当しており、今回で初めてスーパー戦隊シリーズの怪人の声を演じている。次回のスーパー戦隊シリーズへの出演は(VシネのVS戦隊作品を除くと)8年後の『魔法戦隊マジレンジャー』の冥府神ドレイク役を待つこととなる。

関連タグ

激走戦隊カーレンジャー 宇宙暴走族ボーゾック ボーゾックの荒くれ者

戦隊メンバーと心を通わせた怪人の変遷

バラリベンジャーKKエス/OOバットン→コムタン

関連記事

親記事

ボーゾックの荒くれ者 ぼーぞっくのあらくれもの

兄弟記事

コメント