ピクシブ百科事典

野球仮面

やきゅうかめん

野球仮面とは『秘密戦隊ゴレンジャー』に登場した仮面怪人、及び野球が好きな奴である。
目次[非表示]

概要

CV:永井一郎

第53話『赤いホームラン王!必殺の背番号1』に登場。
頭の野球ボールが特徴の仮面怪人で、黒十字軍ホームラン王を自称する。赤バットを武器に持ち、頭部には野球ボールを連射するピッチングマシンが内蔵されている。
背番号は1で、配下のゾルダーにも背番号(2~9)が割り振られている(1人だけ番号の無い補欠(0)もいた)。「そっちが5人なら、こっちは9人だ!」
作中ではゴレンジャー逮捕され、イーグルの警察署に収監された黒十字軍の大量殺人兵器開発者・死神博士を救出するために派遣。
ゴレンジャーとの初戦では野球ボールに変形したゴレンジャーハリケーンを赤バットで打ち返す活躍を見せた。
その後は死神博士と共に彼が開発した殺人兵器・ボール爆弾を使用した作戦を開始する。

ところが、可愛がっていたゾルダーをボール爆弾の実験台にされたことで死神博士と対立し、挙句の果てには次第にKYになってきた死神博士を処刑してしまう。
そして自らも変化球仕様に改良が加えられたゴレンジャーハリケーンに倒されてしまった(実はモモがボールをリモコンで操っていた)。
断末魔「う~ん! ついに引退の時がきたか! サラバ!!」(正確には「サラバ」の直前頭にボールがヒットし「あ痛っ!」と叫んでいる)

あまりにも有名なギャグ怪人の一人で、CVを担当した永井一郎氏繋がりで「ばかも~ん!」と怒鳴るわ、どこかで聞いた事のあるような台詞を口走るわ、死刑!のポーズをするわでやりたい放題。

派生作品

コミカルな描写故、黒十字軍の仮面怪人の中で人気が高いほうである。
そのため再登場の機会も多い。

CVは当時と同じ永井一郎氏。
エージェント・アブレラなどと同じくあの世から蘇ったという設定で、ゴーカイジャーに野球対決を挑むも、最後は彼らがゴーカイチェンジしたゴレンジャー(ややこしい)のゴレンジャーハリケーンを受け、どこかで見たような美女軍団にコテンパンにされて「さらば!」と言い残し爆死した。
なお、原典では左打ちだったが、本作では右打ちに変わっている。

CV:堀秀行
ゴレンジャーが現役だった時代で暴れ回るもののキャプテン・マーベラスがゴーカイチェンジしていたアカレンジャー瞬殺され、1976年当時流行っていたケーシー高峰師匠の「そりゃないぜ、セニョール!」を断末魔に爆死した。

CV:関智一
2017年7月30日に放映されたスーパー戦隊特集スペシャルの終盤で登場。
本来仮面怪人に巨大化能力などは無かったが、特集の内容に応じてネタとして芋長芋羊羹を食し「巨大モンガー!」と叫び巨大化(偶然なのか関氏は激走戦隊カーレンジャーでも野球ボールがモチーフのHHデーオの声を演じている。しかも『太陽戦隊サンバルカン』の流用曲をバックに…)してテレ朝本社を襲撃。メイプル超合金カズレーザーを乗せたキュウレンオーを「地獄の千本ノック」やフライングヘッドバットで追い詰めるも、カズレーザーの機転と会場(及び視聴者)の声援を受けた必殺技「キュウレンオーアメトーークブレイク」を喰らってしまい、「ついに引退の時が来た…! サラバ!!」と言い残し、爆死した(ちなみに上記の本編共々「\サラバ!!/」とテロップが付けられた)。

余談

次回作『ジャッカー電撃隊』では同じ永井氏が声を当てたデビルバッターなる怪人が登場する。何がモチーフなのかは書くまでもあるまい。

そして今もなお、彼は倒されて死んでも死に切れぬ孤独な戦いを続けている。
ニチアサキッズタイムにおける3つ宿敵の不満との、孤独の戦いを続けているのだ。

「2週間ぐらい我慢せんかい!」
キラ☆プリ な一コマ


ゴルフをプレーしているブルーキャットを描いてみた
今週は仮面ライダーお休み
ニチアサ破壊!恐怖のマラソンマン


ここでは、まだ「さらば!」と言って去る日は遠そうだ…。

関連タグ

秘密戦隊ゴレンジャー 海賊戦隊ゴーカイジャー 野球怪人
黒十字軍 野球 野球ボール 死神博士

機関車仮面 牛靴仮面:野球仮面と同じくギャグ要素が強い仮面怪人たち

関連記事

親記事

仮面怪人 かめんかいじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「野球仮面」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28176

コメント