ピクシブ百科事典

グローブン

ぐろーぶん

宇宙幕府ジャークマターに仕えるカローの一人。
目次[非表示]

「俺はカシオペア座系カロー・グローブン。これよりお前らにジャークマターのデスマッチ野球“デースボール”の決闘を申し込む!!」
シシレッド、中々良いタマ投げてたじゃねぇか。あぁん?」
「ルールは俺が決める。それがデースボールだ!」

CV:落合福嗣/スーツアクター:伊藤茂騎

データ

役職/カロー(カシオペア座系担当)
出身/惑星小トクタ(カシオペア座系)
身長/184cm(ヒカエオロー身長/50.8m)
体重/165kg(ヒカエオロー体重/455.4t)
装備/魔球デッドキラー1号~3号、スーパー魔球カジキ殺し
分類/魔球宇宙人

概要

宇宙幕府ジャークマターの幹部の1人で、カシオペア座星系を掌握するカロー。自身の支配星系に属する惑星・小トクタ出身。長い首が特徴のシルエットに野球ユニフォーム型アーマーを着込んだ姿で、頭に被っているヘッドギアは球体を複数のパーツへ分割した様な見た目となっている。

小トクタ星人特有の『ヘビーユビー(指)』を用いた超人的なボールコントロールにより、普通の野球選手ではマスター出来ない魔球デッドキラー』を開発。それを用いた地獄の投法で相手の打者を(ノック)アウトするのが得意戦法。デッドキラーは複数種あり、バットを当てた打者をボールからの爆炎で吹っ飛ばして黒焦げにする1号、ソニックブームが生じる程の超音速球2号、投げた直後に地中に潜って消えた上で打者の顎元にヒットする3号がある。
更にとっておきの大技として、エネルギーを集めて作った黄色い巨大ボールを用いた剛速球『スーパー魔球カジキ殺し』も持つ。

魔球で相手をノックアウトするのを得意戦法とする事からも解かるが、スポーツマンシップ等はまるで持ち合わせていない卑劣漢。
勝つ為なら自身側のチームメイトから乱闘騒ぎを起こさせ、そのドサクサに紛れて相手のエースを故障させて戦力へならなくするまで暴行を加え続けたり、女子供にも手を出す真似までやってのける程。
キョダインロウは右腰の突起に括り付けている。

ある目撃証言によると、試合中のグローブンは選手9人の『しまってこーぜ!』を全て聞き分けていたと言う。

デスマッチ野球“デースボール”

支配星系内の惑星・SBC(エスビーシー)を舞台に、グローブンがキュウレンジャーへ仕掛けたデスマッチ野球。基本ルールは普通の野球だが、グローブン側は乱闘やそれに乗じた暴行、魔球による相手打者へ対する攻撃、インチキ打法による大量得点等の反則行為をしょっちゅう行う。勿論審判陣もジャークマターの手先である為これらは全て見逃される。
その一方で野球のルール自体はしっかり守られているので、反則行為に負けず作戦を立てて粘れば勝機はある。

活躍

ミナミジュウジ座のバリアを破る為の最後の鍵であるカシオペアキュータマを求めてカシオペア座に来訪したキュウレンジャーに対し、バトルオリオンシップに試合前インタビュー風通信を入れる形でデースボールでの決闘を持ち掛ける。キュウレンジャーが承諾したので互いに惑星SBCへ降り立ち試合を開始、グローブンはインダベーメカマーダッコを引き連れて臨む。

当初は野球を知らずとも中々良いセンスを発揮する、ラッキーを中心としたキュウレンジャー側が先制(というかラッキー以外は全員野球を知っており、野球自体は宇宙全体に普及しているスポーツの模様)。
これに対して、グローブンはエースを潰しにかかる為にメカマーダッコへスティンガーに対して発砲させ、彼を怒らせる事で乱闘騒ぎを誘発。そのドサクサでラッキーへ暴行し後々の負傷退場に繋げ、ついでにメカマーダッコへ喰って掛かったスティンガーをも退場させた。

それでもラッキーに代わってマウンドに立ったツルギの投打にわたる活躍でキュウレンジャーチームは大量リードを奪うが、試合終盤になるやグローブン側は本性を現し、反則行為を連発してキュウレンジャーを翻弄。魔球デッドキラーでツルギを始め、チャンプガルを次々とノックアウト、さらにメカマーダッコの『秘技・タコ足打法』(ホームランした球が8個に分裂、一気に8点入るというインチキ極まりない代物)で遂に逆転する。

土壇場の9回裏、キュウレンジャーは2死満塁まで持ち込むが、バッターボックスのスパーダは顔面蒼白。彼は野球どころか球技が全くの苦手で、ここまで一人でチームの足を引っ張りまくっていたのだ。
魔球を使うまでもなくスパーダを追い込み、「貴様が魔球を使うまでもない“役立たず”だからだ」と小馬鹿にするグローブン。しかし、そこでショウ指令が日が暮れた事を理由に一時中断を申し入れた為、「明日になっても結果は変わらんよ」と余裕でそれを呑み一旦試合を中断、引き上げる。

そして夜が明けて試合再開。スパーダの姿が見えない事を知ると嘲笑するが、ラッキーと徹夜の特訓をしていたスパーダが遅れて駆け付ける。
そこでスパーダから「おい、お前! 僕をなめるなよ。僕が“役立たず”かどうか試してみろよ‼︎ 僕の顔面に向けて、自慢の魔球を投げてみろよ‼︎」と挑発され、「そんなに死にたいのか? ならば望み通りにしてやる」とグローブンは、とっておきのスーパー魔球・カジキ殺しを投球した。

だが、屈辱をバネにラッキーと徹夜で特訓したスパーダは、昨日とは一味違っていた。カジキイエローへチェンジ、マスクのバイザーを剛速球に突き刺して受け止め、「魚(うお)ぉぉぉぉぉー!」と渾身の雄叫びと共に遥か遠方へ放り投げることで逆転サヨナラ満塁ホームランを決め、キュウレンジャーを逆転勝利に導いた。

魚ぉおお!



まさかの結果に膝をつき、落ち込むグローブン。メカマーダッコはキレて暴れ出そうとするが、その時スパーダの努力と不屈の闘志、そしてキュウレンジャーのチームワークをカシオペア座の星々が認めたのか、天よりキューエナジーが降って来てエンプティキュータマに宿り、カシオペアキュータマが誕生。
そこから生まれた野球ボールを用いて、一同はキュウレンジャーハリケーンを発動。シシレッドオリオンがエンドボールを打ち返すと、ボールは優勝旗に変化し、「やった‼︎優勝だ~!」と喜ぶグローブンだったが、さらにバカでかく変化した優勝旗に押し潰されて敗北。

直後にヒカエオローを果たし巨大化、「延長戦は負けん!」と叫びながらキュータマジンと交戦。「タマを打つのは大得意だ!」と言いながらバットで相手に殴りかかるも、シシレッドオリオンが助っ人外国人ばりに呼び寄せたオリオンバトラーの棍棒の豪打で逆に圧倒される。
最後は、キュータマジンメテオブースターの炎を棍棒に集めたオリオンバトラーが放った無数のボールを浴び、「遂に引退か……ジャークマターは永遠に不滅、です!!と言いながら直立不動の姿勢で倒れて爆散。試合終了のサイレンが鳴り響く中、2大ロボは主題歌を校歌風にアレンジしたピアノ曲を背筋を伸ばして聞くのだった。

余談

モチーフは日本斑鳩寺に伝わる野球ボールサイズの地球儀である聖徳太子の地球儀。近代になるまで発見されなかった南極大陸や存在しない大陸(ムー大陸とされる)が記されている為にオーパーツと扱われる事があり、それが頭のヘッドギアの意匠へ盛り込まれている。その為名前も野球用具のグローブだけでなく、地球儀を意味するglobe(グローブ)からも来ていると思われる。
一方目撃証言のネタは、一度に複数人の話を聞き分けたと言う聖徳太子の有名な逸話が元となっている。

声を演じる落合福嗣氏の父は、日本プロ野球史上に伝説の選手として名を轟かせる落合博満氏。選手時代は三冠王を3度も獲得した唯一の存在であり、中日ドラゴンズの監督を務めた時は任期中4度のリーグ優勝と1度の日本一を達成したと言う、正に伝説を体現して来た人物である。
そして奇しくも、劇中でキュウレンジャーの監督を務めたショウ指令の姿はドラゴン(龍)であり、「究極のオレ流采配をお見せしよう」等とも発言している。その他、ナーガバランスが「最強二遊間」と名乗ってアライバばりのプレーを見せたり、ショウ指令がヘディングをやらかしたりと、ドラゴンズにまつわるネタが豊富に見られた(オチだけ巨人じゃねーかってのは言いっこなしである。引退直前まではそっちに移籍してたし)。本作のメインライターでこの回も担当した毛利亘宏愛知県出身で根っからの中日ファンである(本人のブログより)。

このカローの登場エピソードの中核を担った野球ネタは、スーパー戦隊シリーズにおいて伝統芸と言える物の一つだが、マウンドだけでなくベンチ内の待機メンバーにまで手が回る人数となったキュウレンジャーにはドンピシャの題材であった。
加えて舞台となる星系が『カシオペア』座の為に、シリーズ初代に当たる秘密戦隊ゴレンジャーを象徴する大技『ゴレンジャーハリケーン』の正当進化版まで登場。戦闘員の妨害をかいくぐって全員でパス回し→レッドがフィニッシュを決めるとボールがアイテムに変化→怪人は喜ぶが最後は爆死という細かい流れまで再現され、結果としてシリーズの改革を担いゴレンジャーに倣った名を与えられた戦隊として非常に意義のある回となった。

スーツはダイカーンシャイドスの改造。頭部を挿げ替え装飾を簡略化、野球ユニフォームの配色へ塗り直している。よく見ると腰部分の意匠は改造前とほぼ同じ事が解かる。

関連項目

宇宙幕府ジャークマター カロー
テッチュウ:同じく長い首を持ったシルエットのフクショーグン。攻撃手段の一つに投手の如く火球を投げ付ける技がある。
スモートロン:前作のスポーツ(相撲)回怪人。こちらもスポーツマンシップ等は持ち合わせておらず、試合に負けた後はルールそっちのけで暴れ回った。

野球怪人
野球仮面:最早説明不要な野球モチーフ戦隊怪人の偉大なる原点。キュウレンジャーとは『日曜もアメトーーク スーパー戦隊芸人』で共演済み。
妖怪バク:直近の野球回担当戦隊怪人。ただしこっちは、プロどころかアマチュア以下である野球の腕前な怪人側と変身アイテムの力を平気で用いる戦隊側による反則戦法の応酬と言う別ベクトルでヒドイ試合が展開された。また、こちらは広島東洋カープをネタへ用いている。

pixivに投稿された作品 pixivで「グローブン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 207

コメント