ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

演:奥村公延/松本和義(少年期)


概要編集

喫茶店「恐竜や」のマスター。通称「スケさん」(幸人の場合は「杉下のおっさん」、は「おじいちゃん」と呼ぶ)。

第1話で爆竜の声を聴く事が出来たため、アスカに接触して爆竜チェンジしたものの、首まで変化した時点で身体が耐えられず、アバレンジャーになれなかった。

しかし、アバレンジャーに選ばれた伯亜凌駕達の活動拠点として、自らの店「恐竜や」を提供し、その後も全面的な協力を惜しまなかった。

彼が所持しているサイドカーも、アバレンジャーの移動手段として貸し出されることがある。

なお、アバレンジャーが着ている爆竜がプリントされた爆竜ジャケットは彼が作ったものである。三条は当初は恥ずかしがってこのジャケットを着ようとしなかったが、残念そうな顔をした舞の姿を見て日常的に着用するように。


若い凌駕達に対しても敬語で話す温厚な人柄だが(常連客の横田に対しては砕けた話し方をする)、突如店を任せてふらっと居なくなったり、店を改装した際には怪しい外国人の技師を呼んだり、素性や行動に謎が多い。交友関係も広くドギー・クルーガー(彼をドギちゃんと呼ぶ)と言った、歴代の戦隊関係者とも知り合いである。ドギーとは彼が若い頃からの付き合いである。


恐竜やを営むだけあって、恐竜にはとても詳しく、第1話で暴走していたトリケラトプスが「凶暴な恐竜」だと報道されていた際には憤慨していた。

特技のかっぽれを第17話「戦場のアバレかっぽれ」(脚本・浦沢義雄)で披露したが、アスカのトラウマを深掘りする結果に終わった(少年期に襲ってきたバーミア兵の動きに似ていたから)。

しかし、このかっぽれは単なるおふざけではなく、戦時中に腹を空かせて泣いていた妹と弟を元気づけるために始めたことである。


ハナビキニキビーナスにビキニを着せられたり、アヤメガネズミによって頭にアヤメを植え付けられたりとエヴォリアンの被害に遭うことも少なくない。


過去の世界には今中家の家中・杉下龍之介が存在するが、祖先かどうかは不明(なお、第12話では野暮用で京都に旅立っているが、関係は不明である。何せ、アバレンジャーが飛ばされた時代はあくまでも江戸時代の江戸の市街地だったからである)。


爆竜戦隊アバレンジャー20th許されざるアバレ』では、奥村氏が亡くなっているため写真のみの登場となったが、作中では現在も90代で存命しており世界中を旅していると語られた。


関連タグ編集

爆竜戦隊アバレンジャー


スーパー戦隊の歴代指揮官・サポートキャラリンク

日向無限斎/日向おぼろ杉下竜之介/今中笑里ドギー・クルーガー/白鳥スワン

関連記事

親記事

恐竜や きょうりゅうや

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1229

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました