ピクシブ百科事典

エリードロン

えりーどろん

エリードロンとは『宇宙戦隊キュウレンジャー』に登場する敵キャラクターの1人
目次[非表示]

「俺はイテ座系のカロー・エリードロン。貴様らの力確かめてやる」
「ドン・アルマゲ様の心を騒がせた事、死をもって償うがいい!!」

CV:黒田崇矢/スーツアクター:蜂須賀祐一

データ

役職/カロー(イテ座系担当)
出身/惑星オジカゾ(イテ座系)
身長/191cm
体重/172kg
装備/エレクトロングボウ
分類/合金宇宙人

概要

宇宙幕府ジャークマターのカローの1人で、イテ座星系を掌握するカロー。自身の支配星系に属する惑星・オジカゾ出身。
身体の各所に弓を模した部分が見え、弓矢を模した槍『エレクトロングボウ』を持つ。これを使った槍術で接近戦をこなす他、矢をつがえる様な体勢で持ったり頭上に掲げる事で電気エネルギー製の矢を複数作り出して発射、敵に弾幕を浴びせる事が出来る。またオジカゾ星人特有の帯電性の金属ボディで、電気を吸収しそのエネルギーを増幅する事が可能(武器自体がこの特性を活かす為に設えられた模様)。キョダインロウは右肩の肩当てから下げている。

自身の侵略活動をキュウレンジャーに邪魔された事をドン・アルマゲに叱責され、キュウレンジャー抹殺を命じられるが、逆にそれで一時的な特権を得たらしく自身の掌握する星座系に属さない惑星(Space.3:サソリ座星系・惑星ニードル等)にも干渉出来る様になった。

圧倒的な力と恐怖で全てを支配するジャークマターの理念に共感、それを通す為なら必要以上の侵略や殺生をも積極的に行おうとする強権的で暴力的な性格。
それ故に、冷静な口調とは裏腹に物事を力押しで進めようとするタイプであり、対策や観察も無しに自ら前線に出向いたり、表向き自らに従ったスティンガーの真意を(あからさまに不信な行動をしたにも拘らず)見抜けなかった結果、9人揃ったキュウレンジャーの誕生を結果的に後押ししてしまい、そしてそれがそのまま自身の末路へ繋がってしまう等、策謀や思慮には富まない脇の甘さが目立った。

各話の動き

Space.1

惑星クロトスを制圧した報告をしようとするも、キュウレンジャーに遅れを取った事をドン・アルマゲに見透かされて衝撃波で吹き飛ばされてしまい、キュウレンジャー抹殺を命じられる。

惑星ジャグジャグで犠牲を出す事も構わずラッキー達5人を襲撃。キュウレンジャー抹殺を遂行する為無数のインダベーツヨインダベーを放つ。
ビッグモライマーズから戦いの様子を見ると、キュウレンジャーで無いにも関わらずに戦うラッキーを発見し、見せしめにモアイダーにしがみ付いたラッキーを宇宙空間へと放り出して凍死させようとする。
しかし、ラッキーの強い思いから出現したシシキュータマを入手しシシレッドとなったラッキーが加わったキュウレンジャーによって殆どの部隊のインダベーが全滅。
それならばとオリオン号を襲撃し、巨大ツヨインダベーを放つも、初合体を果たしたキュウレンオーによって撃破された。

Space.2

仲間探しに出たラッキーを除いたメンバーと対峙。
エレクトロングボウから放った強力な矢でキュウレンジャーを苦しめ、カローの危険性を示した。
(※実力差を悟った4人がキュウボイジャーを召喚して逃走した為、仕留めるには至らなかった)

Space.3

プラネジュームを採取し尽して爆発寸前のサソリ座星系・惑星ニードルに降りたキュウレンジャーと、そこで現れた謎の戦士・スティンガー/サソリオレンジが交戦した際、全てのキュウレンジャーがジャークマターに歯向かう訳ではない事を知り、一戦交えた後のスティンガーの元へ自ら赴いて挨拶代わりの攻撃を加え、自分の部下になる事を勧誘する。
そのスティンガーは、自身の態度を損なったと言う理由だけで味方である筈のダイカーンモーレツヨインダベーへ攻撃を仕掛けて倒してしまう無軌道さを見せたが、それを知っているだろうエリードロンはビッグモライマーズへ戻ったスティンガーを咎める事はせず、代わりに「逃すとは貴様らしく無いな」とスティンガーへ発破を掛けた。

Space.4

今回はスティンガー共々話の本筋へ絡まなかったのだが、キュウレンジャーが惑星チキュウへ向かった事をドン・アルマゲから映像越しに聞かされる。更に続いて、「あの星の秘密を知られてはならん。必ずキュウレンジャーを抹殺しろ」と念を押された。

Space.5

キュウレンジャーを抹殺する為にスティンガーと共にチキュウに来襲。
前話でキュウレンジャーと交戦したダイカーン・ユメパックンと接触、自身に協力させた彼の行動に誘き出されたキュウレンジャーと交戦する。カローとしての圧倒的な力でキュウレンジャーを圧倒し、ジャークマターの恐怖を知らしめようと近くにいたチキュウ人の佐久間兄弟の抹殺をスティンガーに命じるが、スティンガーは佐久間兄弟を人質としてキュウレンジャー8人全員のキュータマを奪う事を提案した為、エリードロンはそれを承諾。

翌日、8人で来たキュウレンジャーが人質解放の為にキュータマを手渡すが、エリードロンは約束を守るつもり等毛頭無く、彼らを攻撃。さらに「子供を殺す事は俺の主義に合わない」と佐久間兄弟を殺さなかったスティンガーを痛ぶり、彼に代わって佐久間兄弟を殺害しようとしたが、その事に憤慨したスティンガーの返り討ちに遭う。
実はリベリオンのスパイであったスティンガーによって8人のキュータマを奪還され、皮肉にもキュウレンジャーが9人揃う事となる。

ユメパックンらと共に応戦するも徐々に押されていき、自分以外の味方が全滅した所で9人の「オールスタークラッシュ」を受け大ダメージを負う。だがそれでも生き延び自身のビッグモライマーズに搭乗し襲い掛かるが、キュウレンオーと残り4体のキュウボイジャーの攻撃を受けた後、9人の力を合わせた必殺技『キュウレンオースーパーメテオブレイク』を喰らい、「ジャークマター万歳!ドン・アルマゲ様に栄光あれェェッ!!」と最後の言葉を残し、崩壊するビッグモライマーズの爆発に巻き込まれ死亡した。

space.25

惑星トキでフクショーグンテッチュウが暴れた影響で時間が歪み、幻影としてラッキーの前に現れた。しかし以前戦った時よりも格段に成長したラッキーには全く敵わず、タイヨウシシレッドのパンチを一発受けてあっさりノックアウト、倒されるという少々味気ない結果で終わった。
実に5ヶ月ぶりの再登場となった他、同話でテッチュウが戦死。エリードロンより短い話数(3話)で退場してしまった。

余談

モチーフは弓矢とエレクトロン合金(マグネシウム合金)の牡鹿像。この像はヒッタイト帝国の遺跡から発掘された物だが、最近になって開発されて使用される事が多くなったエレクトロン合金で作られており、当時では作れる筈の無い物の為オーパーツの1つとされている。
また、エレクトロン合金の技術は焼夷弾にも使われており、これがエレクトロングボウからの凄まじい爆撃で敵を殲滅する戦法のイメージになったと思われる。

声を演じる黒田氏は何度かスーパー戦隊シリーズに出演しているが、レギュラー的存在の敵キャラは『轟轟戦隊ボウケンジャー』の闇のヤイバ以来、11年ぶりとなる。
唯一放送前から発表されていた幹部格であり、当初は1年を通して立ちふさがる存在と思われていたが、実際はわずか5話というかなり短い期間での退場となった。

関連リンク

宇宙幕府ジャークマター カロー 雷属性
いて座 サジタリウス・ゾディアーツ…同じく、いて座モチーフの怪人。
サジタリアーク:前作敵組織の本拠であった、いて座の名を冠する宇宙船。

ガイルトンジャグド…同じく、序盤で退場したスーパー戦隊シリーズの敵幹部。ジャグドに至っては初回一話分で退場となった。
ピーサード…同じく、僅か5話で退場したニチアサ作品の悪役。

pixivに投稿された作品 pixivで「エリードロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1716

コメント