ピクシブ百科事典

ナイル伯爵

ないるはくしゃく

映画「ギャラクシーラインSOS」に登場するシャドーラインの幹部怪人。

「いい狩りが出来そうだ‼」
CV/前山田健一ことヒャダイン
ギャラクシーラインSOSのネタバレが含まれます。閲覧にはごちゅ~い下さい‼





















概要

シャドーラインに所属する宇宙方面担当の幹部。闇形式は「ナイ89489-SOS」。本人曰はく「宇宙のを護るため」に日々頑張っているとのこと。
名前の由来はロマンシュ語で黒を意味するナイル(nair)と思われる。

彼の専用のクライナーを持っており、ハウンドシャドーという忠実な部下(猟犬?)を従えている。

フランス貴族の赤いナポレオンコートにスナイパーゴーグルが装着された細長のティンガロハットを被り、の部分には(?)の頭がい骨をあしらった首飾り(?)を身に着けており、恐るべき破壊力を持った銃剣付き猟銃着剣系ライフル』を武器にしている。

貴族の嗜みである狩りを楽しむかのように『ギャラクシーライン』を走るサファリレッシャーを標的にした狩り(破壊活動)を楽しんでいる。また、トッキュウジャーを歯ごたえのある獲物と見なして襲い掛かるなど、その性格は傲慢かつ冷酷なものであり、闇の皇帝ゼットの御前でも不遜な態度を崩さず、地球にやって来た当初は挨拶に顔をみせない所か、彼が「宇宙全体を闇に包むよりもキラキラが有った方がいい」という発言を聞いた際は、「これはこれは闇の皇帝陛下とも思えぬ言葉。宜しい、わたくしめが皇帝陛下に今一度闇の素晴らしさを分かっていただけるよう、ギャラクシーラインを闇に包み込んで差し上げましょう‼」と彼に対しやたらとデカい態度を取っていた。

巨大ナイルハウンダー

トッキュウジャーに一度倒されたナイル伯爵が、それに巻き込まれたハウンドシャドーと融合、さらには自分が貯め込んだ宇宙の闇を取り込み巨大化した姿。闇形式は『ナイナロ100048-SOS』。

頭がナイル伯爵、体はハウンドシャドーの上半身が突き出た巨大戦車と言う外観で、その下半身の戦車『噛砕系チャリオット』で敵を猛追し、戦車の上部脇から展開する『チェーン系トラバサミ』で捕獲、攻撃する。さらには宇宙の闇を用いた超闇ビームによって、イマジネーションエネルギーを掻き消してしまう。

戦車ゆえの圧倒的な攻撃力によって、烈車武装した超トッキュウオービルドダイオーを苦戦させる。しかし、動物のような動きを見せるサファリガオーに散々翻弄されたあげく、最後はトッキュウオーとの合体必殺技『トッキュウサファリダブルキック』の前に敗北。
結局、映画のゲスト怪人とはいえシャドーラインの幹部で最初の戦死者となってしまった…。

コメント