ピクシブ百科事典

ビルドダイオー

びるどだいおー

ビルドダイオーとは、「烈車戦隊トッキュウジャー」に登場するメカニック。
目次[非表示]

概要

トッキュウレッシャー(烈車)の1つである「ビルドレッシャー」は建機タイプの車両で、3両+3両の6両編成を構成している。「ビルドダイオー」への変形プロセスは前方の3両は後方の3両の屋根上に乗った状態から行われ、6両編成のうちの1・3両目が両腕を、4・6両目が両足を、2・5両目が頭部と胴体をそれぞれ構成する(前方3両が上半身、後方3両が下半身)。

トッキュウ6号の専用ロボ。初陣では初期メンバー5人も乗り込み、6号の指示の下、操作をサポートした。武器は両腕のショルダービーム。

ビルドダイオーバケットブレイク
右腕のショベルを展開して攻撃、敵を粉砕する。

烈車武装形態

ビルドダイオードリル

左腕にドリルレッシャーを烈車武装した形態。

ビルドダイオーショベルドリルダブルクラッシュ

その他

このほか、1号ロボである「トッキュウオー」同様、「ビルドダイオー シールド」「ビルドダイオー タンク」「ビルドダイオー ポリス&シールド」「ビルドダイオー ファイヤー&シールド」などの烈車武装形態も本編で登場している。

コックピットに関して

始めは明曰く(コンソールが煩雑だと感じたのか)「暴れ馬で操作がままならなかった」という理由で、明が強制的に調教(改造)したことで自分に最適な操縦が出来るようにしたのだが…

工事現場と思しき場所から集めたガラクタでコーディネイトした操縦席は、なぜか数種類の吊り革で操作するものとなっていた。

外装もスペックも多機能であるはずなのに、操縦方法が数種類の吊り革を引っ張るだけ」という戦隊シリーズで今までにない(なおかつ「ロボットもの」でも異例な)暴挙や、何より「現実の工事現場で見かけそうな工事用重機の運転席」にも思えるコックピット内装等の見た目のシュールさが、視聴者に衝撃を残している

ちなみに、明にとっては「これが最も操縦し易い操作装置の形である」らしく、ディーゼルオーを借りて使った際には「使いにくい」と愚痴を言っていた。

関連記事

烈車戦隊トッキュウジャー トッキュウジャー 烈車 トッキュウレッシャー

pixivに投稿された作品 pixivで「ビルドダイオー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5387

コメント