ピクシブ百科事典

タイヨウシシレッド/シシレッドムーン

しゃいにんぐすたーとむーでぃーすたー

Space.17においてシシレッドが変身した新たな強化形態。どちらもヒカリキュータマで変身する為、同じ記事で説明。
目次[非表示]

概要

Space.17にて反乱軍リベリオン本部から新たに届けられる事になったヒカリキュータマを使い強化変身したシシレッド
ヒカリキュータマ自体は、ドームで隔離され内部が分からないエリアを支配するダイカーンシャイドス攻略の為の糸口となると考えられていたが、テキトーさで知られるショウ司令が「光るかどうか分かんないけどね」等と言っていた為当初はあまり期待されなかった。
17話中盤でオリオン号に届いた後、リュウコマンダーが先行していたラッキー達に届けた。それは、シャイドスが影に潜み、影から影へ移動する能力を持っていると判明、それを封じる策を考えていたタイミングであった。

強化形態と銘打たれているが、他の星々を輝かせる光源である太陽と、その光を大きく受けて負けない位に夜空へ輝くの力を発揮出来るキュータマを使っている為、その実は“仲間のキュウレンジャーを強化する形態”と言う独特なポジションに位置する形態である。

Space.44では、カメレオングリーンによる使用形態も登場した。

タイヨウシシレッド


「シャイニングスター!タイヨウシシレッド!」

ヒカリキュータマの『SUN』側ソケットをセイザブラスターに嵌めてスターチェンジした姿で、肩書は『シャイニングスター』
レッドの頭に太陽のフレアを模したパーツが放射状に付いた(※獅子の鬣に見えなくもない)以外は強化前と変わらない外見で、単体の戦闘力も変化無し。
しかし装填したヒカリキュータマを操作する事で『テラシタイヨウ!』のアナウンスと共に全身が太陽の如く発光。足元の影を消し去れる程の強い光を放てる(顔の横に手を添えて発光するパターンもある)。
なお、テンビンゴールド/バランスがこの光を浴びたところテンションがアゲアゲを突破したレベルで上がってエキサイト。叫び声を上げたくなりそうな勢いで放つパンチの連打で敵を吹っ飛ばすと言う、ゴールドらしからぬアグレッシブな動きで戦った。
Space.19ではヘビツカイシルバー/ナーガハイテンション化を果たしている。

ちなみにラッキー当人もテンションが上がっているが、彼は普段から高いせいか余りネタにはされていない様だ。

シシレッドムーン


「ムーディースター…シシレッドムーン」

ヒカリキュータマの『MOON』側ソケットをセイザブラスターに嵌めてスターチェンジした姿で、肩書は『ムーディースター』
こちらはレッドの顔脇を三日月が貫いた様な頭部となっているが、やはりそれ以外の外見と戦闘力に変化は無い。
だが変身時が夜間だった為か、こちらの状態でのレッド=ラッキーは心がムーディーになっており性格がクールかつアダルトチックな物に。その心の姿勢を持って無駄が無い知的な動きで戦う。
しかも狼男であるからか、オオカミブルー/ガルその姿や放つ月の光に影響されて同じく心がムーディーに。クールな口調と知的な動作になってレッドへ加勢した。
※2人とも「お前等誰だよ」とツッコミたくなる位にキャラが変わっているが、それだけお互い似た者同士な性格とも言える。

必殺技は、ニッショク!』のアナウンスにより太陽と月の力を合わせてオールスタークラッシュへ乗せ放つ一撃『タイヨウ・ムーンクラッシュ』。ヒカリキュータマを操作する事で『ヤミツキダヨー!』のアナウンスと共により怪しく月の光を放てる様だ。

関連項目

宇宙戦隊キュウレンジャー シシレッド
タイヨウカメレオングリーン/カメレオングリーンムーン

日輪仮面:秘密戦隊ゴレンジャーに登場した元祖戦隊幹部怪人。顔が太陽そのまんまと言うビジュアルで、タイヨウシシレッドの頭部を見て思い浮かんだ人も多いだろう。
※因みに通常怪人扱いだが、三日月仮面もいる。

仮面ライダーバロン:3年前の30分後に登場した2号ライダー。パーソナルカラーが赤な上、変身途中の姿が何と無くシシレッドムーンに重なる。

ソルガレオ:ライオンと太陽がモチーフという点がタイヨウシシレッドと共通している。

pixivに投稿された作品 pixivで「タイヨウシシレッド/シシレッドムーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 604

コメント