ピクシブ百科事典

チャラリート

ちゃらりーと

アニメ『HUGっと!プリキュア』に登場するクライアス社の社員の1人。
目次[非表示]

「学校、青春、明日への希望に満ちている…… はぁ~、やだやだ」
CV:落合福嗣

概要

アニメ『HUGっと!プリキュア』の敵キャラクターで、クライアス社の社員の一人。
公式サイトによると所属は「あざばぶ支社」で役職は「係長」。
最初に出撃の名乗りをあげ、キュアエール達プリキュアが最初に対戦する。

今どきな若者風の出で立ちをした褐色肌の青年で、例え自分より目上な人物でも馴れ馴れしい態度で接しており、「オレちゃん」という一人称と「アンタ」という二人称で語尾に「~っす」と砕けた口調で話す、一会社員にはとても見えないチャラ男
他の社員たちが正装に近い服装をしているのに対して、ただ一人ネックレスを身につけ黄色のベストに黒色のタンクトップを着用し、灰色のズボンに白い靴を素足で履いているというかなりラフな格好をしている(一言で言えばヤンキーチンピラ風の出で立ちをしている)。

性格は軽く、良く言えば要領がよく世渡り上手、悪く言えばずる賢く利己的。
赤ちゃんの泣き声に不快感を覚えたり、学校などの青春や明日への希望に満ちている場所を嫌っているようで、そのような場面に出くわすとあからさまに不機嫌になる傾向がある。
基本的には飄々とした態度で、動揺しても口調まで崩れることはない。

【腐】チャラリート可愛すぎ
余った有休って消えちゃうんスか?



なお、チャラリートがオシマイダー発注の際にモダンバレエのような独特な動きをすることが視聴者の間ではよくネタになっている。後のパップルはバブリーダンスを踊った後に電話で発注、ルールーは音ゲー風の演出で発注しているので、どうも彼独自の動きらしい。

最終形態

第11話でパップルが提出した稟議書の提案により大量のトゲパワワを照射され怪物化したチャラリートがオシマイダー化した姿。

強大な力を有しているほか、似たような組織の最後通告で生まれた怪物と違い通常のオシマイダーと比べるとわずかながらも知性が残っており、プリキュア抹殺とミライクリスタル奪取の為に街に破壊活動を行なう。

本編での活動

名乗り出た任務の遂行(第1話~第4話)

第1話時点であざばぶ支社のメンバーに与えられていた任務は「以前から活動しているとあるプリキュア」が持つミライクリスタル・ホワイトを奪うことであったが、手がかりとなる情報が一切ないことにほかのメンバーが頭を悩ませる中、チャラリートが自分に任せて欲しいと社長に対して直訴。それが認められ、ミライクリスタル・ホワイト探索の最初の責任者となった。

仲間を出し抜いて出世ができる千載一遇のチャンスを逃すわけにいかないと張り切る彼だったが、何か秘策があるわけでもない。とりあえずオシマイダーを暴れさせれば、逃げ隠れている「とあるプリキュア」が現れるかもしれないとトゲパワワの持ち主を探して街を歩き回り、オシマイダー召喚場所としてたまたま選んだのが野乃はなの通うラヴェニール学園であった。
それがきっかけて野乃はなが「新たなミライクリスタル」を生み出しキュアエールへと覚醒する。
本社から発注したオシマイダーをキュアエールに浄化されてしまうという想定外な出来事にチャラリートは撤退。この時に「始末書ものだ」とかなり焦っていた。

第2話では新たなプリキュアが生まれた事実を一切報告しないことで、とりあえず失態をなかったことにしている。
この虚偽がバレる前に、とりあえずは「新たなプリキュア」たちを自分の手で倒して彼女たちのミラククリスタルを奪い、その成果をもって出世の踏み台にしようと都合がいいことを考えており、現在は部下かつアルバイトのルールーに協力を仰ぐ(もしくはパシる)形でプリキュア打倒に動いている。

第4話ではルールーが分析したプリキュアの対策データに「新しいプリキュアでも現れない限り大丈夫」という明らかなフラグ発言をしたが、当の本人が過去のトラウマを克服できずプリキュア変身を逃してしまうという驚きのフラグブレイクが見られた。
もっとも、最終的にはキュアエールの必死な猛攻でオシマイダーは浄化されてしまったので、負けフラグまで折ることができたわけではない。

発注!オシマイダー!
バイト



与えられた最後のチャンス(第5話)

そして第5話、隠蔽してきた新しいプリキュアの覚醒をルールーによってリストルに報告されてしまう。チャラリートはチクったルールーに恨み節をこぼしていたが、ルールーはチャラリートが本当にミライクリスタルを回収できるなら結果的には会社の利益になるとしてデータ分析に協力していただけなのである。でも結局は失敗した以上、これ以上彼のワガママに付き合うことは会社の利益に反すると判断したのだ。

チャラリートに何らかの懲戒処分を与えなければならないなとリストルが思案している中、チャラリート本人は「新しいプリキュアを倒して新しいクリスタルを奪う秘策があるので最後のチャンスが欲しい」と懇願。リストルは聞く耳を持たなかったが、その必死な姿に何かを感じたのかクライ社長が特例としてそれを認めた。

チャラリートの秘策とは、前回プリキュア変身に失敗した輝木ほまれを素体にオシマイダーにすることだった。強い夢を持つものほど、それが失われた時の絶望は大きい。それはアスパワワを多く集積できる人間の希望の思いがネガティヴな方向に反転すればより強大なトゲパワワを生み出すことに通じる。
プリキュアに選ばれるほどのアスパワワをもつほまれを、追い詰め絶望させてトゲパワワを生み出せれば、プリキュアに匹敵する力をもつオシマイダーを召喚できるとチャラリートは考えたのだ。

そして自身の計画は功をなし、ほまれの絶望から生み出されたオシマイダーはキュアエールとキュアアンジュを圧倒した。
だが、どんなに追い詰められても諦めないエールとアンジュの姿はほまれの中に自分もそうありたいという気持ちを生み出し、自らのトゲパワワに拘束されている状態でミライクリスタル・イエローを生成させ、第三のプリキュア・キュアエトワールがついに本当に覚醒することができた。
エトワールは自らの心が生み出したオシマイダーを仲間たちとともに浄化。チャラリートからするとクリスタルを奪うどころか3人目のプリキュアの覚醒を導いたことになり最悪な失態である。
さすがにいつものチャラさもなりを潜め、失意を胸に撤退するチャラリートだったが……

係長から降格(第6話~第10話)

そして続く第6話では、出社したチャラリートの席がすでになくなっているという事態に。
「俺ちゃんの机がない!」と叫ぶチャラリートにルールーは「机は倉庫に移動済みです」と事務的に一言。
続いてミライクリスタル奪取の任に就いたパップルが任務に向かう姿を見送りながら、チャラリートはただただ悲嘆するしかなかった。自ら「最後」と言ったチャンスを逸した責任はやはり大きかったのである。
なお、この回でプリキュアたちと初めて対面したパップルは、3人目のプリキュアが増えていることに「聞いてない」と驚いており、チャラリートは最後の最後までプリキュア情報について報告を怠っていた模様。

これを受けてか彼の「係長」の地位は現在空席となっており、放映後の公式サイトには「会社概要」のページでチャラリートにバツ印が付けられた他、新たに「採用情報」のページが追加され、「未経験者歓迎、係長経験者優遇」と記されている。

その後、彼の消息については語られず、解雇や最悪の場合処刑を危惧していた視聴者も多かったが、第10話のパップルの台詞で「左遷部屋」なるところへ送られていたことが明らかになった。かつての悪役企業のような処刑がされなかっただけ、まだ温情的な処分と言ってよいのやら…と思いきや。

ハグプリ6話
チャラリートくん



崩壊の先で…(第11話)

その左遷部屋で何があったかは定かではないが、それなりの地獄を味わわされたらしく、第11話で久々に姿を見せたチャラリートは以前の陽気でチャラチャラした佇まいも掻き消えて、涙を浮かべてガタガタ震えながら「暗い…怖い…」と呟くだけの、精神崩壊寸前にまで追い込まれていた。

恥も外聞もなくすがりついて助けを乞うチャラリートに「あんたには後がない、今度こそプリキュアを倒すのよ」と言うパップルだが、そこはブラック企業のクライアス社。最後のチャンスを与えて華々しく決死の出撃…などさせるわけがない。パップルの計画は、心が壊れかけたチャラリートが強大なトゲパワワを内包していることに注目し、彼をオシマイダーにしてプリキュアを倒すというものだった。稟議書は承認され、ネガティブエネルギーを注入されたチャラリートはオシマイダーに変貌。
彼は汚名返上するどころか、クビが怪しくなってきた上司の名誉挽回の手駒にされただけ。文字通りの社畜と化してしまったのだった。

彼は街で暴れ、自我を失いミライクリスタルの奪取ばかりを叫んでいた。
プリキュアたちの攻撃もはねのけられ彼女たちは絶体絶命の危機に陥るが、キュアエールの「絶対に逃げずに立ち向かう」という覚悟にアスパワワが反応。プリキュアのための新たな力として、ミライクリスタル・ローズと「プリキュアの剣」が生み出された。
街を救うためにエールは剣を手にしてオシマイダーに斬りかかろうとする。しかしこのとき、エールの目に怯えるチャラリートのヴィジョンが一瞬だけ映る。それは実際には目で見たものではなく心で感じ取った幻覚のようなものだったが、エールはすんでのところで斬りかかるのを止めた。
だが当のチャラリートは、剣を構えて襲い掛かってきたエールへの恐怖心がトリガーになって、完全な暴走状態となる。ミライクリスタル奪取の任務さえ忘れ、ただ自分へのコンプレックスを露にして心情を明かしながらエネルギーを無尽蔵に放出していき、その体を収縮させていく。このままでは彼は跡形もなく消え去ってしまうかも知れない……

「いつも中途半端、なんにもできないなんにもなれない、オレには何の才能も無い…」

子供のように泣き叫ぶ彼の言葉には、飄々とした態度の裏には隠し続けていた本心があった。これまで学校や子供等、明日への希望に満ちた存在をあからさまに嫌っていたのも、コンプレックスの裏返しだったのかもしれない。

キュアエールはそのチャラリートの姿に、前話で変身不能に陥って苦悩していた自分の姿を見た。必要なのは剣ではないと悟ったエールは、チャラリートを優しく抱きしめ大量のアスパワワで包み込む。

剣じゃない


最終的にはプリキュアの剣が形を変えたメロディソードの決め技、プリキュア・トリニティコンサートによって浄化される。
最後は「心があったけぇ… オレにも、未来が…」と呟いて、穏やかな表情のまま自我を取り戻していった。

浄化されたチャラリートがどうなったのかは明確には明かされなかったが、浄化された直後に1本の綺麗な木が誕生していた(この木が浄化されたチャラリートなのか、プリキュア・トリニティコンサートの演出なのかは不明である)。
彼が生きていのるかは現時点では不明だが、少なくとも、今回の出来事でチャラリートは心を救われたに違いない。

なお、同話のエンドカードでは「HUG VEIWER」なるYouTube風の画面で「おれちゃんおつかれチャン~☆」と題が付けられた動画にチャラリートの姿があり、はな、さあや、ほまれからはクランクアップの如く花束や鉢植えを渡されていた。再登場はなさそうな雰囲気?

無題
おつかれチャン~☆



余談

名前のモチーフ

名前の由来はチャラいエリートからであろう。

中の人

演じる落合自身もちょうどプリキュアシリーズのメイン層の年齢に当たる年頃の(放映年度に4歳と2歳)娘2人を持つ父親だが、悪役は小さい女の子には好かれないのか、第1話放映後「チャラリートは嫌い」と言われてしまったそうである。twitterより
ただ、大きいお友達、特にお姉さん方には「美形チャラ男」「この外見と口調ながら社畜」ということで第1話から人気が高く、twitterでトレンド入りはもちろん不穏なサジェストが表示されるなど早くも話題となっている。

ニチアサとしては『宇宙戦隊キュウレンジャー』に登場する敵キャラクターのグローブンを演じたのが記憶に新しい。
なお、この落合福嗣氏1980年代プロ野球界三冠王首位打者打点王本塁打王)を史上初3回も(ロッテ時代の1982年・1985年・1986年)達成した唯一無二なレジェンド・あの落合博満の長男である。
父親ともどもガンダムシリーズのファンであり、第2話で「いくら強くても当たらなきゃ意味ないじゃん」なる台詞があったのもそのためだろうか。
なお、父の博満氏からは本作を見た感想としてまずは見積り書出すのが先だぞ」と言われたそうである。
2018年段階で博満氏は球団GM職経験者なので、経営者として思うところがある模様。

関連イラスト

チャラリート
チャラリートくんらくがき


チャラス〜ツ
★


謎ポーズの兄ちゃん
始末書イケメンチャラリート



関連タグ

プリキュア HUGっと!プリキュア
プリキュアの敵一覧 チャラ男

ミズ・シタターレスコルプビターサソリーナバスドラグレイブ …褐色肌の敵キャラクター繋がり。特にビターはチャラ男、金髪、褐色肌などの共通点が多い。

ギリンマ …最初に最後通告を受けて物化し、玉砕、殉職もしくは退職した社員系の敵繋がり。ただし、こちらはチャラリートとは異なり、プリキュア側からは一切の同情をされることなく倒されている。

pixivに投稿された作品 pixivで「チャラリート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 434195

コメント