ピクシブ百科事典

プレジデント・クライ

ぷれじでんとくらい

「HUGっと!プリキュア」に登場する敵キャラクター・クライの、公式サイト及び劇中における呼称。
目次[非表示]

「未来を無くせ! 必ず奪うのだ、ミライクリスタル!!」
CV:???

概要

クライアス社の社長。部下達からは「ボス」と呼ばれている。公式サイト及び劇中では「プレジデント・クライ」と紹介されているが、放送の字幕では「クライ」とだけ表記されている。なお、ラヴェニール学園と同じく本編中ではなかなか名前が判明しなかったが、第18話でルールー・アムールの口からようやく明示された。

あざばぶ支社においては、巨大な怪物のようなシルエットのホログラム映像として社員達の前に姿を現している。現時点ではこの映像としてしか姿を現していないため、本人自体はまだ登場していない。
社員のミスや仕事の遅れに対して叱咤するシーンが多い一方で、社員を激励するようなシーンはいまのところ皆無である。
なお、社員のプランを承認したり却下したりはするが、自分からプランを指示することはない。これを部下に丸投げしていると否定的に捉えるか、会社組織を私物化しすぎないようにしていると肯定的に捉えるかは人それぞれだろう。

社員からの稟議を承認するときはホログラム映像の社長の口から巨大なホログラムの印鑑がミサイルのように射出され、視覚化された電子データの稟議書に捺印する。なかなかのテクノロジーの無駄遣いである。

第18話でのルールーによると、ある日突然強大な力を得て人々から未来を奪った張本人ということだが、その全貌については未だに謎に包まれている。

また、第20話では社長秘書のリストルが社長のホログラム映像を操作しているような描写がちらりと写っており、そもそもこのホログラム映像がプレジデント・クライ本人なのかが怪しくなってきている。

中の人について

劇中では社長のホログラム映像が社員達を怒鳴りつける場面が度々出てくるが、エンディングクレジットにはクライのキャストは表記されていない。そのため、担当声優は現時点では不明である。

これ自体はプリキュアシリーズではそう珍しいことではない。声優が二役以上のキャラを兼任する場合、そのうちの一役しかクレジットされないからである
第1話と第2話の両方でクライにセリフはあったため、その両話に共通してクレジットされている声優からクライ役を推測する試みもなされているが、ホログラム映像からの声という演出のためかかなりの低音に機械加工されており、判別は困難である。

ただ、プリキュアシリーズでは声優の名前が完全なノンクレジットになったケースが過去にあったため、第1話と第2話の両方でクレジットされている声優がクライの担当であるという確証はない。
その過去にあったケースとは、『ハートキャッチプリキュア!』でキュアムーンライトが初登場した第1話における久川綾と、『ドキドキプリキュア!』でマリー・アンジュ王女が初登場した第6話における今井由香である。
この二つの例に共通する点は、それぞれが担当するキャラクターに対して「秘密の正体」となる別の名前と姿が存在することと、この時点では「秘密の正体」となる別の姿が作中では登場していないことである。
そして、「秘密の正体」となる別の姿と名前が作中で登場してからは、そちらの名前で声優がクレジットされている。

余談

名前の由来は恐らく暗いとクライシスのダブルネーミングだと思われる。
なお、l公式で紹介されている「プレジデント・クライ」という表記は単純に「クライ社長」という意味であって、プレジデントが名前という訳ではない…。多分。

関連タグ

HUGっと!プリキュア クライアス社
デスパライア…敵組織の社長。

コメント