ピクシブ百科事典

曽田博久

そだひろひさ

曽田博久は、日本の脚本家。
目次[非表示]

1947年10月21日生まれ。島根県出身。

概要

スーパー戦隊シリーズ』においては数多くの脚本を執筆したことで有名な脚本家。
そのうち『大戦隊ゴーグルファイブ』から『地球戦隊ファイブマン』まで連続してメイン脚本を手がけた大御所である。
東映の他には、兄弟子にあたる鳥海尽三の縁で主にタツノコプロの作品で活躍している。

作風

大学時代に学生運動に参加していた経験から、『長いものには巻かれろ』ということわざを活かして「思想が異なっても、世間の多くが望むなら素直に認めて受け入れるべき」という内容を手がけたりする。
それ故に、『スーパー戦隊シリーズ』においては自身が脚本を手がけた作品の中には、劇中において自分の考えが対話で受け入れるはずがないと決めつけては、力尽くで自分の思うとおりにするために相手が悪だと知ってて敵組織に手を貸す人間(『電撃戦隊チェンジマン』の熊沢博士、『超獣戦隊ライブマン』の月形剣史/ドクター・ケンプ、仙田ルイ/ドクター・マゼンダ等)を登場させては、最期にその人間がそれなりの報いを受けるかの如く死亡する描写が多い。ただし、自身のこのような作風について「(子供と向き合う事から)逃げている」、「書いている本人が一番後味悪い思いをしている」などと否定的な発言をする事が多い。また、ゲストキャラの自己犠牲により活路が開かれるという展開もよく見られるが、これについても「子供騙し」、「子供番組だから簡単に死なせられる」「(大人向けのドラマで)あんな風に他人の為に死ねるはずがない」と語っている。

関連タグ

脚本家

pixivに投稿された作品 pixivで「曽田博久」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 277

コメント