ピクシブ百科事典

がきデカ

がきでか

「がきデカ」とは、山上たつひこの漫画、およびそれを原作とするアニメである。
目次[非表示]

概要

山上たつひこの漫画『がきデカ』は、秋田書店「週刊少年チャンピオン」にて1974年44号から1980年52号まで連載された。
変態少年警察官こまわり君が「死刑!」「八丈島のキョン!」「アフリカゾウが好き!」「アナコンダが逃げ込んだ」とかギャグをかます下ネタ漫画である。
下ネタ漫画なので、股間からツチノコだのペポカボチャだの大根だのといったものが、おびただしく登場するのも特徴である。実は作文に「赤い赤いおなごの下着 下着の中は想像想像」と書く主人公よりも、脇のかっこいいキャラクター西城君の方がスケベだったりする。

影響を受けた漫画家も奇人が多く、普通の漫画家は自分の作品について「まぁ 手塚治虫先生の影響はあるかな」くらいしか言わないものだが、本作の影響を受け、「コミュニティ(主に学校)の中に小さいバカが居て、これが暴走する」というフォーマットをやる漫画家は「いやぁあの山上さんのと言うか『がきデカ』には影響受けましたね」と堂々と言っている。また、リスペクトしすぎて、デビュー当時「山止たつひこ」というペンネームを使い、お巡りさん漫画を描いて山上先生に怒られた人もいるくらいである。
さらに、SF漫画家・星野之宣(『さよなら、レックス先生』)、『静かなるドン』の作者・新田たつお(『ガクエン遊び人』)など、ベテラン作家にも影響を与え、この手の漫画を描かせている。わけがわからないのはシロクマと従妹だからで、クロクマとはとこだったらもっとイってたかも。

テレビアニメは、1989年10月16日~1990年3月26日にフジテレビ系で放映された。ほぼ同時にOVAも作られたが、こちらは制作会社が異なり声優も違っている。時期や体制の異なる再アニメ化は珍しくないが、同時に異なる会社でアニメ化されたケースは当時大変珍しかった。

過去に何度かパチンコ化もされた。さらに2000年代には『新がきデカ』なる新作が発表された

ストーリー

日本初の少年警察官と自称するこまわり君と、彼が通う逆向小学校の同級生たちのドタバタギャグコメディ。下ネタなどを披露してくれた。

1970年代から週刊少年チャンピオンにて連載スタート。ギャグ漫画の大先輩ともいえる作品である。一旦1980年代に連載終了したものの、1990年代に「がきデカ・ファイナル」なる第2部目ともいえる続編が連載開始。「~ファイナル」最終回はなんともシリアスな展開で幕を閉じてくれた。


登場人物

山田こまわり(CV:三ツ矢雄二
西城ヨシオ(CV:古谷徹
木の内モモ子(CV:江森浩子
木の内ジュン(CV:鳥飼真己子
福島(CV:塩屋浩三
亀吉(CV:龍田直樹
あべ美智子(CV:勝生真沙子
清治(CV:難波圭一
義一(CV:田の中勇
としえ(CV:向井真理子
モモ子(CV:増山江威子
木の内文夫
西城正直(CV:平野正人
西城雪子(CV:高木早苗
猫又刑事
栃の嵐(CV:龍田直樹
栃の介(CV:冬馬由美
(CV:拡森信吾
練馬変態クラブ

主題歌

「こまわり・MAM-BO」
作詞:紅玉 作編曲:りゅうてつし 歌:三ツ矢雄二

まさかの続編

タイトルは『中春こまわり君』は、小学館「ビッグコミック」にて2004年から不定期ながらもシリーズ連載開始。

第1話&2話は江口寿史泉晴紀、元アシスタントの田村信による著である。

こまわり君達が38歳となり、こまわり君は妻子持ち。
こまわり君が普通の奥さんとはどういった経緯でしりあい結婚したかは今だ不明、息子もこれまた普通。(そのかわり義理の父親がかなりの曲者であった)

西城ヨシオも木ノ内モモ子と結婚し子供がいるという設定となっている。

一方、桃子の妹である木ノ内ジュンも結婚しているが
旦那さんはトラブルメーカーでかなり厄介事を持ちかけるという。

現在、単行本2冊が確認される。現在は2014年辺りより連載休止。
話の内容は、サラリーマンであるこまわり君が出張先で出くわす事件や
上司同僚らのトラブルに巻きこまれるといったサスペンス劇場さながらの大人のドラマみられる。


関連タグ

週刊少年チャンピオン
こまわり君 死刑 キョン

pixivに投稿された作品 pixivで「がきデカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 513755

コメント