ピクシブ百科事典

メガボイジャー

めがぼいじゃー

メガボイジャーとは、電磁戦隊メガレンジャーに登場する巨大ロボである。
目次[非表示]

概要

メガレンジャーの個人メカである5機のボイジャーマシンが銀河合体したメガレンジャーの3号ロボ。スーパーギャラクシーメガをも上回る能力を誇り、後半における新しい主戦力として活躍した。

必殺武器はロケットボイジャー3の機首が変形する巨大ミサイル砲ボイジャースパルタン
メガレッドが左→上→下→右の順に操縦桿をコマンド入力して発射する。
また、使用した回数は少ないもののメガサーベルも装備されている。

メガウインガースーパーギャラクシーメガのエネルギーを充填することで最強技トリプルメガスパルタンが発射できる。

初登場となるマッドギレール戦にて、ギャラクシーメガの窮地に颯爽と登場し、ネジレジアの幹部らを驚愕させた。
また、メガレンジャーの巨大ロボで唯一、個人メカが合体するという戦隊ロボの王道的要素を備えており、後期OPのラストでもメガレンジャーと一緒に映っている。

ウイングメガボイジャー

メガウインガーのメガウイングを背中に装備した飛行形態。
必殺技は空中からボイジャースパルタンを発射するウインガースパルタン

ボイジャーマシン

月面基地から発進するメガレンジャーの個人メカ。

ロボイジャー1

メガレッドが乗る宇宙飛行士型ボイジャーマシン。腰と太腿になる。武器は1秒間に10発放つことができる両肩のロケットランチャー「ボイジャーミサイル」。メガレッド曰く、「ギャラクシーメガと勝手が違う」とのことで、初めて搭乗した際は悪戦苦闘していた。おまけにボイジャーマシンでは唯一の人型メカであるため飛行には向いておらず初出撃は最後尾になるなか他のボイジャーマシンを踏み台にした挙句、ロケットボイジャー3をサーフボード代わりにする。それを見た職員の一人が激怒していたが裕作は「いいんだよ。あいつなりに乗りこなしてんだ」と諭した。

シャトルボイジャー2

メガブラックが乗るスペースシャトル型ボイジャーマシン。武器は両翼のレーザー光線「シャトルブラスター」。後部にメガボイジャーの頭部が格納されており、本体はボイジャーシールドとなる。

ロケットボイジャー3

メガブルーが乗る多段式ロケット型ボイジャーマシン。大きさはボイジャーマシン最大。4基のイオノパルスエンジンを搭載しボイジャーマシン最大のパワーとスピードを発揮する。初段は脛、2段目が腹部、3段目以降はボイジャースパルタンとなる。ロボイジャー1を乗せることができ、発出撃の時は「お前何してんだよ!?早く降りろ!」と怒っていたが、それ以降は許したのかロボイジャー1を乗せて移動している。
必殺技はロボイジャー1がボイジャーミサイルを連射した後突進する「ボイジャーダブルアタック」。

ソーサーボイジャー4

メガイエローが乗るUFO型ボイジャーマシン。武器は前方の反重力ビーム砲「グラビトンビーム」。胸部・腕部を構成する。反重力素子で飛行するため空中静止やジグザグに飛行するなどのトリッキーな動きが可能。

タンクボイジャー5

メガピンクが乗るタンク型ボイジャーマシン。武器は上部のビーム砲「タンクキャノン」。足部を構成する。車輪は一般的なキャタピラではなくスキー板状のランディングギアになっておりホバー走行も可能。

余談

シャトルボイジャー2とロケットボイジャー3とタンクボイジャー5が合体することでテクノボイジャーのような形態になるが、本編では未使用であった(玩具では再現可能)。

後半の主力商品となるはずであったが、売り上げは伸び悩んでいた。その理由はソーサーボイジャー4のジョイントが緩くうまく合体できないという欠陥が見つかり回収騒ぎになっていたからであった。

関連タグ

電磁戦隊メガレンジャー 戦隊ロボ
ダイボイジャー キュウボイジャー:名前繋がり

関連記事

親記事

I.N.E.T. あいねっと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メガボイジャー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2756

コメント