ピクシブ百科事典

ギャラクシーメガ

ぎゃらくしーめが

ギャラクシーメガとは、電磁戦隊メガレンジャーの巨大ロボである。
目次[非表示]

概要

宇宙ステーションであるメガシップが、メガシャトルと合体したメガレンジャーの1号ロボ。
ボディは青く、胸にはメガレンジャーのイニシャルと思われる赤いMの字が付いている。

メガレンジャーからは「仲間」として親しみを込められており、マッドギレールに大破寸前に追い込まれた際、メガレッドが「随分と俺たちのギャラクシーメガを可愛がってくれたな!!」と憤慨した。

主な武器はメガサーベル、メガシールド、ブースターライフルで、サーベルを駆使した多彩な剣技を持つ。そのため戦隊ロボとしては必殺技をバンクで済ませることが非常に少ない。

合体は宇宙空間・大気圏内を問わず可能。なお最初の戦闘は宇宙で繰り広げた。
また、メガシップは移動基地であり久保田博士を始めとするI.N.E.T.の隊員およそ100人が常駐し普段はネジレジアの活動に目を光らせている。同例としては特捜戦隊デカレンジャーのデカベースロボがあるも、そちらは砲撃戦に特化したあくまで機動要塞らしい存在であり、ギャラクシーメガのように積極的に格闘戦を仕掛ける1号ロボがそういった構造であるというのは非常に珍しいだろう。

終盤でバーニングユガンデとの戦闘で中破し、長期修理を余儀なくされる。その間に後継機メガボイジャーグランネジロスとの最終決戦で消滅。その結果、後日談『ギンガマンVSメガレンジャー』で再び主力として返り咲きを果たした。

重量:20000t
装備
 メガサーベル
 メガシールド
 ブースターライフル

 メガダッシュカッター
 メガフライングカッター
 メガサイドカッター
 メガクロスカッター
 メガハングカッター
 ギャラクシーランス
 メガフラッシュアロー
 サーベル電磁鞭

余談

合体ロボに分類されるものの、ほぼメガシップ単体の変形ロボである。このような構造のロボになった理由は「バブル崩壊」や「VRVロボにコストをかけすぎた」為といわれている。

海外版パワーレンジャー・イン・スペース

アストロメガゾード」として登場。デルタメガゾードとの合体形態は「アストロデルタメガゾード」となる。
巨大戦力だけでなくパワーレンジャーの移動基地をも兼ねる重要なポジションであり、本機が破壊されるのは同時に拠点陥落を意味する。その為、後継機メガボイジャーが登場時期を前倒しされている。

次作『ロストギャラクシー』(海外版ギンガマン)でも引き続きパワーレンジャーの移動基地として登場。
ところが、同作の1号ロボ「ギンガイオー」の海外名称が「ギャラクシーメガゾード」とされ、ややこしい事になった。
最終回で爆散するも、『ワイルドフォース』の歴代レッド集結イベント『FOREVER RED』では同形機を新造する形で再登場。

関連タグ

電磁戦隊メガレンジャー スーパーギャラクシーメガ 戦隊ロボ
メガボイジャー:後継機
ファイブロボ:こちらも平成にしては珍しく、メカが昭和シリーズと同様の合体元のメカの色分けが少ない仕様。
ゲキトージャ:こちらも何らかの理由で主力として返り咲きを果たした1号ロボ

関連記事

親記事

I.N.E.T. あいねっと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ギャラクシーメガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17257

コメント