ピクシブ百科事典

グランネジロス

ぐらんねじろす

グランネジロスとは、『電磁戦隊メガレンジャー』に登場する巨大兵器。本作のラスボス。

概要

メガレンジャー達の活躍でユガンデシボレナを倒され、全戦力を失った上体がねじれる現象にさいなまれたDr.ヒネラーが、ネジレジアの移動要塞デスネジロと融合し人型に変形させた姿。
ロボットのように見えるが、ヒネラー本人は「神の手が生み出した最高の生命体」と呼んでいる。

両肩から生えている触手と右腕の剣が武器で、体の一部分を破壊されても即座に再生してしまう驚異的な再生能力を持つ。ヒネラーが自身の命とリンクさせた状態で操縦する。

メガレンジャー側の最終戦力であるメガボイジャーと交戦。メガボイジャーが月面基地崩壊に巻き込まれた影響で性能が低下していることもあって優位に立ち、ボイジャースパルタンすらも効かず、メガレンジャーを迫害する世間の態度を持ちだして揺さぶりをかけて、さらに追い詰めるが、ヒネラー自身も弱っていることから、決定打を与えられずにいた。

諸星学園高校近くでの戦闘でクラスメイトたちからの応援に勇気付けられたメガボイジャーの体当たりで剣を落とし、逆に自分自身を貫かれてしまう。
同時にヒネラーの体も限界を迎え、地上を道連れにしようと自爆装置を起動させたが、メガボイジャーの手で空高く持ち上げられたことで地上への被害は避けられた上、メガレンジャーも間一髪脱出した。

関連タグ

邪電王国ネジレジア

コメント