2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ヒネラー「これこそ私の科学が生んだ傑作中の傑作!その威力存分に味わうがいい!!」

登場話数:第51話(最終話)「つかむぜ! 俺たちの卒業証書」

概要

ネジレジアの移動要塞・デスネジロが変形した戦闘巨人。
見た目こそロボットそのものであり、背面には変形前の名残を留めるかのように巨大な円盤状のパーツも背負っているが、その実態はDr.ヒネラーと一体化した生命体であり、当のヒネラーをして「神の手が生み出した最高の生命体」と自賛する、ネジレジア最後にして最強の戦力でもある。
武器として、両肩から生えている触手と馬上槍のような形状の剣を駆使し、剣からはビームを放つことも可能。さらに前述の通り生命体であることから、ボディの一部分を破壊されても即座にその部位を元通りに復元するという、驚異的な自己再生能力を持つ。

デザインは下条美治が担当。制作サイドからのとにかく「カッコいいヤツを」との注文を汲む形でデザインが起こされているが、ネジレジアに共通する「ネジレ」の要素は「もう面倒臭いからいいかな」ということで、胸の辺りの意匠に多少盛り込まれるに留まっている。

作中での動向

メガレンジャーの活躍でユガンデシボレナを倒され、全戦力を失ったヒネラーは怪人態へと変貌を遂げ、メガレンジャーや久保田博士への復讐を果たそうとする。しかし自身の身体の不調により、怪人態から元の姿へ戻ってしまったのを受け、デスネジロと一体化する形で繰り出したのがグランネジロスであった。
迎え撃つメガボイジャーが、直前のI.N.E.T.月面基地の崩壊に巻き込まれた影響で性能が低下していることもあって当初から優位に立ち、必殺のボイジャースパルタンも再生能力をもって無効化。さらにメガレンジャーを迫害する世間の態度を持ちだして揺さぶりをかけ、メガボイジャーの左腕を落とすのみならずメガレンジャーの変身さえも解除させるなど、死期の迫るヒネラーの強い執念も相まって一時はメガレンジャーを絶体絶命の窮地に追い込んだ。

しかし、戦場が諸星学園高等学校の付近へと移ったことで、クラスメイト達からの応援に勇気づけられる形でメガボイジャーも反攻に転じ、体当たりで剣を落とされた上にその剣で大ダメージを負わされてしまう。
加えて長時間に及んだ戦闘は、ヒネラーの身体に限界を迎えさせる結果となり、最早これまでと悟ったヒネラーは、メガレンジャーを道連れにせんと自爆装置を起動させメガボイジャーに組み付くが、対するメガボイジャーも周囲に被害が及ばぬよう空高く跳び上がり、そのまま両者は空中で爆発四散。ヒネラーもまた爆散するグランネジロス、そして憎きメガレンジャーと運命を共にした・・・かに思われたが、間一髪のところで健太達は再変身して脱出、無事に生還を果たしていた。

そのことを知る由もないヒネラーの死とともに、メガレンジャーとネジレジアとの長きに亘る戦いもまた、ここに終わりを告げたのであった。

関連タグ

邪電王国ネジレジア

デズモゲヴァルス6年後の戦隊におけるラスボス。敵軍の基地が丸ごとラスボスとなったことや、戦隊を道連れにしようとして失敗した末路が共通している。

スーパー戦隊ラスボスリンク
エグゾス・スーパーストロングDr.ヒネラー/グランネジロスゼイハブ船長/地球魔獣

関連記事

親記事

邪電王国ネジレジア じゃでんおうこくねじれじあ

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました