ピクシブ百科事典

シボレナ

しぼれな

特撮「電磁戦隊メガレンジャー」に登場する女性型アンドロイド。「邪電王国ネジレジア」の女性幹部。

「人間の分際でDr.ヒネラーの最高傑作…このシボレナに楯突くとはいい度胸ね…。」
「お前は!?まさか…さっきのメガレンジャーなのか…!?」


演:城麻美鮫島静香と二役)

概要

Dr.ヒネラーこと鮫島博士が、自身の愛娘である鮫島静香をスーツの実験で亡くしたことをきっかけに、静香の遺伝子を用いて作られた女性型アンドロイド

敵には冷酷だが、父と慕うDr.ヒネラーと兄弟分のユガンデに対しては素直で愛情深い面を見せる。
剣が武器で、この武器で幾度となくメガイエローを苦しめた。
またメガピンクにも攻撃されたこともあった。
主に情報参謀としての役割を果たす。基本は青いビキニアーマーを身に着け、キラキラした踵の高い青系統のブーツを履いている。
変装も得意。

物語終盤で諸星学園高等学校のデジ研部室にあるパソコンから、メガレンジャーの月面基地の場所を突き止めた。ユガンデが最終形態のバーニングユガンデへ変化して出撃しようとするのを、ネジリフレクターの副作用のリスクを恐れて止めようとするが、彼の頑な意志に押し切られる形で一緒に出撃。その後、ユガンデがその副作用の影響を受けて弱体化してしまい、彼を庇うために自身はレッドのドリルセイバーで身体を貫かれ、それが元で致命傷を負ってしまう。帰還後、Dr.ヒネラーに対し「忠実な部下」ではなく「この世に生を受けた一人の娘」として感謝の言葉を告げた後に爆散した。

映画『電磁戦隊メガレンジャーVSカーレンジャー』では投げキッスによって相手を洗脳する能力を披露した。カーレンジャー女性戦士含む)および宇宙暴走族ヘルメドーがその餌食となっている。

映画『星獣戦隊ギンガマンVSメガレンジャー』に登場したヒズミナは色違いで、Dr.ヒネラーこと鮫島博士が作って生き残っていたという設定。

関連タグ

電磁戦隊メガレンジャー 邪電王国ネジレジア ガールズインユニフォーム 女幹部 ミニスカ パンチラ 絶対領域

ジュウオウシャーク:名前に「鮫」関連があり、水色がイメージカラーの女性キャラ繋がり
ツエツエ風のシズカゴーシュ・ル・メドゥヨドンナ:青色の女幹部繋がり
ファラケガレシア:機械の身体を持つ女幹部繋がり
シンケンピンク:彼女は敵ではなく正義の味方だが、組織の姉御肌的な存在で愛情深い女性繋がり。
メレ:首領への愛が深く、敵には冷酷な女性幹部繋がり。
風のシズカヨドンナ:青色系統の女性幹部達。後者はシボレナとは真逆の末路を辿っていた。

関連記事

親記事

邪電王国ネジレジア じゃでんおうこくねじれじあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シボレナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46012

コメント