ピクシブ百科事典

邪電王ジャビウス1世

じゃでんおうじゃびうすいっせい

邪電王ジャビウス1世とは、特撮テレビドラマ『電磁戦隊メガレンジャー』の登場キャラクターの一人。
目次[非表示]

「地球を、我らネジレジアの物に!」
CV:大友龍三郎

概要

本作の敵組織・邪電王国ネジレジアの支配者。
三次元世界上に存在する地球侵略を目論んでおり、自らは前線に立つ事なくDr.ヒネラーにその指揮を任せている。

普段は“デスネジロ”のスクリーンから、水面のように揺れる巨大な眼球の姿を見せていたが、それは正体を隠す為のカモフラージュに過ぎない。
作中では、作戦の失態が続く部下達に怒りをぶつけたり、物語中盤では遅々として進まない地球侵略に業を煮やして、直属の部下であるギレールを派遣するなど、どちらかと言えば管理職のように発破をかけ続けていた。

正体

その正体は、ネジレ次元を形作る謎の装置“ジャビウスハート”を核とするネジレエネルギー体(若しくはエネルギー生命)。
云わばネジレ次元を形作る膨大なエネルギーのアバター的存在で、その威圧感から殆どの幹部からは恐れられていたが、唯一彼を利用しているDr.ヒネラーだけはその正体を当初から知っていたらしく、忠臣を装いながらも常に冷静に対応していた。

意志あるエネルギーの塊である一方、分身たるネジレンジャーが「ジャビウスの細胞から作られた」という事実などからも窺えるように実体は持っているらしく、そのネジレンジャー登場と前後して原因不明の頭痛を引き起こすなど体調不良を訴え始め、地球侵略の全権を完全にヒネラーに委任する事となる。

それもその筈で、ジャビウスの細胞から生み出されたネジレンジャー達が、メガレンジャーと戦えば戦う程にそれと連動して、本体たるジャビウスもまた生命エネルギーが消費されて衰弱して行くというカラクリとなっており、全ては自らの野望達成の為に、ジャビウスハートを手中に収めようと目論むヒネラーによって仕組まれた陰謀であった。即ちネジレンジャーとは、「メガレンジャー打倒」と「ジャビウスの謀殺」を両立させる為の捨て駒に過ぎなかったのである。
前述した頭痛もその初期症状ともいうべきものであり、ヒネラーはその事実を秘匿すべく、ジャビウスに頭痛薬を服用させる事でこれを誤魔化していた。

最期

そんなネジレンジャーも、初戦でこそメガレンジャーを完膚なきまでに叩きのめしたものの、以降は各個撃破されるなど敗北を重ね、分身たる彼らの喪失は必然的にジャビウスの衰弱を加速させる事に繋がっていった。
苦悶の叫びをあげ始めるなど、苦痛が最早誤魔化し切れないレベルにまで達したジャビウスは、ここに至って自分がヒネラーに利用されていた事にようやく気付くも、時すでに遅く残りのネジレンジャーはヒネラーに洗脳されメガレンジャーと死闘を演じており、結果彼らに全ての生命エネルギーを使い尽くされる形で、ヒネラーへの怨嗟の声と共に消滅。その意志と共にネジレ次元も消え去り、後には核であるジャビウスハートのみが遺された。

一応は敵組織の首領という立場でありながら、最後までメガレンジャーと直接戦う事も、またその存在を彼等に認識される事すら無かったという、極めて稀なケースの持ち主である(その一歩手前の類似例としては『超獣戦隊ライブマン』における大教授ビアスが、最終盤にてライブマンの前に姿を見せた事くらいである)。

備考

声を担当した大友龍三郎は、顔出しでの出演も含めれば1990年代より東映特撮作品の常連とも言える声優の一人であり、スーパー戦隊シリーズへはノッペラボウ(『忍者戦隊カクレンジャー』)に次いで2度目の出演となる。また本作への出演を皮切りに、翌年以降も『未来戦隊タイムレンジャー』まで、実に4作連続でスーパー戦隊シリーズに参加している。

関連タグ

邪電王国ネジレジア ネジレンジャー ジャビウスハート 電磁戦隊メガレンジャー

関連記事

親記事

邪電王国ネジレジア じゃでんおうこくねじれじあ

子記事

兄弟記事

コメント