2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

概要

本作の敵組織・邪電王国ネジレジアの支配者である邪電王ジャビウス1世を構成する核ともいうべき装置。およそ1m四方の立方体のような形状をしており、ここから発生した膨大なネジレエネルギーがネジレ次元を形成していた。
ジャビウスハートの持つエネルギーはやがて自らの野望達成を目論むDr.ヒネラーに目をつけられ、そのヒネラーによってジャビウスが謀殺されると、目論見通り彼の手に渡ることとなる。
これ以降、ジャビウスハートは彼の新たな野望の要となるヒネラーシティの建設に利用され、ネジレ魔法陣で新たなサイコネジラー作成に使われた他、最終的にはヒネラーシティの塔に設置され「人類をデータ化してカードに封印、洗脳し全人類を自身の支配下に置く」という目的のために使用された。

しかし、死してなお怨念としてさまよい続けていたネジレンジャーが、この装置を介して復活するという思わぬ事態が発生。ヒネラーシティ内部でメガレンジャーとネジレンジャーとの乱戦が繰り広げられる中、密かに潜入した早川裕作によって自爆システムが仕掛けられ、データ化された人々も裕作によって救出されてしまう。
乱戦の末にネジレンジャーはカード化され、直後に前述の自爆システムが作動。ジャビウスハートもネジレンジャーと共に、ヒネラーシティの爆発に巻き込まれ破壊された。

ヒネラーの野望は潰えたものの、彼が脱出する際に健太達がメガレンジャーに変身するところを目撃、これが新たな悲劇に繋がることなる…。

関連タグ

電磁戦隊メガレンジャー 邪電王国ネジレジア 邪電王ジャビウス1世 Dr.ヒネラー
キーアイテム

メサイアカード15年後悪の組織側のキーアイテム繋がり。更に『悪の組織の首領の遺留品』
『それを使用するのは作中のラスボスとなる悪の組織の幹部』といった点も共通している。

関連記事

親記事

邪電王ジャビウス1世 じゃでんおうじゃびうすいっせい

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました