ピクシブ百科事典

ジャビウスハート

じゃびうすはーと

邪電王国ネジレジアの支配者、邪電王ジャビウス1世の本体。

概要

邪電王国ネジレジアの支配者、邪電王ジャビウス1世のコアとなる物体。
立方体のような形状をしており、ここからネジレ次元を形成していた。
ジャビウス1世消滅後はDr.ヒネラーの手に渡り、彼の新たな野望の要となるヒネラーシティ建設に利用されており当初はネジレ魔方陣で新たなサイコネジラー作成に使われた後はヒネラーシティの塔に設置され、人類をデータ化してカードに封印、洗脳し全人類を自身の支配下置くという野望のために使用された。

しかし、ネジレンジャーがこの装置を介して復活するという思わぬ事態が起こり、データ化された人々は裕作によって救出されてしまう。
ネジレンジャーがカード化された直後に裕作が設置した自爆システムが発動し、ヒネラーシティが爆破されたことでともに破壊された。

だが、ヒネラーが脱出する際に健太たちがメガレンジャーに変身するところを目撃されてしまい、これがのちに新たな悲劇につながることとなるのだった…

関連タグ

電磁戦隊メガレンジャー
邪電王国ネジレジア
邪電王ジャビウス1世
Dr.ヒネラー

関連記事

親記事

邪電王ジャビウス1世 じゃでんおうじゃびうすいっせい

コメント