ピクシブ百科事典

ジャビウスハート

じゃびうすはーと

ジャビウスハートとは、特撮テレビドラマ『電磁戦隊メガレンジャー』に登場するアイテムのひとつ。

概要

本作の敵組織・邪電王国ネジレジアの支配者である邪電王ジャビウス1世を構成する核ともいうべき装置。およそ1m四方の立方体のような形状をしており、ここから発生した膨大なネジレエネルギーがネジレ次元を形成していた。
ジャビウスハートの持つエネルギーはやがて自らの野望達成を目論むDr.ヒネラーに目をつけられ、そのヒネラーによってジャビウスが謀殺されると、目論見通り彼の手に渡る事となる。
これ以降、ジャビウスハートは彼の新たな野望の要となるヒネラーシティの建設に利用され、ネジレ魔方陣で新たなサイコネジラー作成に使われた他、最終的にはヒネラーシティの塔に設置され「人類をデータ化してカードに封印、洗脳し全人類を自身の支配下に置く」という目的のために使用された。

しかし、死してなお怨念として彷徨い続けていたネジレンジャーが、この装置を介して復活するという思わぬ事態が発生。ヒネラーシティ内部でメガレンジャーとネジレンジャーとの乱戦が繰り広げられる中、密かに潜入した早川裕作によって自爆システムが仕掛けられ、データ化された人々も裕作によって救出されてしまう。
乱戦の末にネジレンジャーはカード化され、直後に前述の自爆システムが作動。ジャビウスハートもネジレンジャーと共に、ヒネラーシティの爆発に巻き込まれ破壊された。

ヒネラーの野望は潰えたものの、彼が脱出する際に健太たちがメガレンジャーに変身するところを目撃、これが新たな悲劇に繋がる事となるのだった…

関連タグ

電磁戦隊メガレンジャー
邪電王国ネジレジア
邪電王ジャビウス1世
Dr.ヒネラー

関連記事

親記事

邪電王ジャビウス1世 じゃでんおうじゃびうすいっせい

コメント