ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

正義と正義が、マジで激突!

概要

激走戦隊カーレンジャー』と『超力戦隊オーレンジャー』のクロスオーバー作品であるスーパー戦隊VSシリーズ第2弾。

今作から二大ロボの競演や戦隊同士の戦いが行われるようになった。


なお、超力戦隊オーレンジャーは国際空軍という大規模組織に属し、終盤では地球をほぼ征服されてしまったという壮大なストーリーであるにもかかわらず、カーレンジャーがそれを知らないという浦沢脚本らしい無茶苦茶な世界観(褒め言葉)になっている。同様にオーレンジャーもカーレンジャーやボーゾックの存在を認知していない。国際空軍の情報網はどうなってるんだ…。

元々「オーレンジャー」は1999年設定なので1996年頃に戦っていたカーレンジャーが知らないのは無理もない…が、その後のクロスオーバー作品では色々と面倒な事になってしまう為か、オーレンジャーはカーレンジャーの前年に戦っていたかのような扱いをされる事が多くなった。


ストーリー

宇宙暴走族ボーゾックは、自動車不足を解消するためにボーゾック一のガソリンスタンド店員であるSSスタタンゾを送り込み、自動車を地球から家出させていった。

一方、レッドレーサー/陣内恭介はたまたま立ち寄った温泉施設で、マシン帝国バラノイアの残党・バラモビルと出会う。バラモビルにそそのかされ、追ってきたオーレンジャーを敵と間違えてしまう。

U.A.O.Hの事も「うあおー」と読み違え、見た目で判断するのは良くないとバラノイアをかばうことにした恭介。ついにはカーレンジャーとオーレンジャーの戦いに発展してしまう。

さらには敵の敵は味方理論でボーゾックがオーレンジャーの加勢に入ったため事態は混迷の一途をたどる。紆余曲折の末バラモビルとボーゾックは手を組み、吾郎はSSスタタンゾの力でさらわれてしまう。

戦い終わり、のんきに昼食をとっていたカーレンジャーだったが、そこに現れた三浦参謀長によって吾郎救出のため、超力モビルに乗るための地獄の特訓をする羽目に…


登場キャラクター

『激走戦隊カーレンジャー』



『超力戦隊オーレンジャー』




余談

今作は『カーレンジャー』の世界に『オーレンジャー』が入り込んだような展開が繰り広げられており、三浦参謀長役の宮内洋は当初は「こんな戦隊はおかしい!」と戸惑いを隠せなかった。しかし監督の坂本太郎の説得の末悩みながら参加するうちにカーレンジャーを理解し、それからは楽しそうに演じるようになったという。

このようになったのは『カーレンジャー』のシリーズ構成である浦沢義雄の腕によるところが大きい。しかしヒーローというジャンルにもキャラクターにも愛着がなく、ただ面白いことだけをやりたいという姿勢の浦沢にとって、戦隊同士の共演作品は人物が多すぎて不自由な思いをするものだった。宮内を登場させることも含めて、髙寺成紀プロデューサーの意向や発想を反映した作品だったと浦沢は語っている。


関連項目

激走戦隊カーレンジャー 超力戦隊オーレンジャー Vシネマ

うあおー 公式が病気 ツッコミ所満載

オーレVSカクレンジャー激走戦隊カーレンジャーVSオーレンジャー電磁戦隊メガレンジャーVSカーレンジャー

関連記事

親記事

スーパー戦隊VSシリーズ すーぱーせんたいぶいえすしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 913

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました