ピクシブ百科事典

SSパマーン

すーすーぱまーん

暴走戦隊ゾクレンジャーのリーダーを務めるボーゾック一のヒーロー研究家(ぼーボーゾックの荒くれ者)だパマン。
目次[非表示]

「巨大戦だってとことん研究したパマン。最強の必殺剣を受けるパマン」
CV: 林一夫

概要

激走戦隊カーレンジャー』の(いろんな意味で)伝説の神回である第25話「ナゾナゾ割り込み娘!」に登場。

ボーゾック一のヒーロー研究家にして“暴走戦隊ゾクレンジャー”のリーダーを務めるボーゾックの荒くれ者の1人。
「~パマン」が口癖で、ガイナモたちからは「スーさん」と呼ばれ一目置かれている実力者(?)。
また、ガイナモを「総長」と呼んで敬語で話した珍しい荒くれ者だったりする。

活躍

カーレンジャー打倒の為にリッチハイカー教授によってチーキュへと派遣されると、「激走戦隊はもう古い!ニューヒーロー誕生。」と書かれたビラで作った紙飛行機恭介達の元に飛ばした後に様々な悪行三昧(?)を働いてカーレンジャーたちを誘き出そうと画策する。

(どこで見つけたのか)歴代戦隊シリーズの戦いを研究し尽くしていたらしく、パロディとはいえども非常に強力で、『ゾクレンジャーボール』というどこかで見たことがある様な必殺技を持つ。

ただしあくまでも戦いのみを研究しただけで、それ以外は対策をしていなかった為に、突然乱入して来たラジエッタの投げ来たホワイトなぞなぞ爆弾には対応できなかった(明日香健二や太郎君の2人と大岩大太の事を知っていたら対応できたかもしれない)。

ちなみにカーレンジャーにその卑劣さを非難された際に、逆に単体の怪人に5人揃って掛かってくるカーレンジャーたちの方が卑怯だと“言ってはならない最大のタブー”に触れているのだが、それに対して後に同じような発言をした人物にレッドレーサーは1人分の力を5等分しているので問題ないと見事に切り返していた(ちなみに後の作品パマーン氏と似たような発言をした人物が登場する)。

一度はラジェッタの乱入で敗北するも、今度はグラッチが新たに開発した『フォーミュラーノバ』の5倍の威力を誇る新兵器『ゾクレンバズーカ』とそれを動かす為の動力源“ファンベルダイヤモンド”(ゾンネット氏のもの)を引っ提げてラジエッタを人質として捕らえた状態で再度カーレンジャーたちと対決し敗北寸前まで追い込むも、ラジエッタが変身したガイナモの姿に騙されて思わず彼女を開放したことで形勢は逆転。

騙された事に気付き唖然としている隙に放たれた『フォーミュラーノバ』を慌てて『ゾクレンバズーカ』で相殺しようと試みるも慌てていた為にチャージが不十分だったために競り合いに敗北してしまう。

その直後に「芋長の芋羊羹」を食べて巨大化し、伝家の宝刀“大銀河電撃科学暗黒剣”(バードニックセイバーのリペイント)を取り出し必殺技を繰り出そうとするが、あまりにも技名が長過ぎた為に、技を繰り出そうと名乗り口上を言っている隙に『RVソード・激走斬り』を受け爆散するという最期を遂げた。

なお、先の戦いでパマーンが落とした“ファンベルダイヤモンド”はラジエッタが拾っているのだが、これが後のとある伏線となっている。

関連タグ

暴走戦隊ゾクレンジャー ボーゾックの荒くれ者 宇宙暴走族ボーゾック 公式が病気 激走戦隊カーレンジャー

研究のアバウタ:『天装戦隊ゴセイジャー』に登場する研究繋がりの戦隊怪人。こちらも研究していない事には滅法弱い。

関連記事

親記事

暴走戦隊ゾクレンジャー ぼうそうせんたいぞくれんじゃー

コメント