ピクシブ百科事典

イカーゲン

いかーげん

イカーゲンとは「宇宙幕府ジャークマター」の敵幹部の1人。
目次[非表示]

「あっ、ちょっと良イカ? 俺、イカーゲンって言うんだけどさ、キュウレンジャー捜してるんだよね。知らなイカ?」
「私はイカなる運命も予知することができる。君がどれだけ幸運だろうと私には通用しない」

CV:塩屋翼
スーツアクター:清家利一

データ

役職/刺客(キュウレンジャー担当)
出身/惑星クリスタルイカル(ミナミジュウジ座系)
身長/193cm(ヒカエオロー身長/44.4m)
体重/174kg (ヒカエオロー体重/400.2t)
装備/ゲソードライフル
分類/軟体宇宙人

概要

space.6から登場するジャークマターの幹部で、キュウレンジャー抹殺の為に送り込まれた刺客。
ミナミジュウジ座系惑星クリスタルイカル出身。
ドン・アルマゲの命を受け、相棒のマーダッコと共に千個以上もの惑星を滅ぼしてきた。
キョダインロウは服の左腰部分(烏賊の左エンペラ)に結びつけている。

クリスタル状の髑髏の様な顔を持ち、烏賊の様な触手が体の各所に存在する。また、顔以外にも両肩と両膝に同じような髑髏状のクリスタルが付いている。

血の気の多い相棒のマーダッコとは対象的に、飄々として少しとぼけた性格であり、イカモチーフのお約束で「イカ」と言う単語をあちこちに混ぜながら話す。スティンガーにキュウレンジャーの居場所を問おうと突っかかったマーダッコに「怒っちゃイカんよ」となだめたり、取り逃がした際でも「まぁ、イっカ」と深追いをしない等、常に冷静沈着である(マーダッコの相棒になった理由の一つは、彼女の復活する度に人格が豹変すると言う都合に対し、飄々としていて他人に振り回され難いイカーゲンが適任とされた為か)。

だがそうした掴み所のない言動とは裏腹に、マーダッコとのコンビで千個以上もの惑星を滅ぼす程実力はかなり高く、キュウレンジャーが対峙した時には、ショウ司令が血相を変えて「出会ったら戦わずに逃げろ」と命令した程の危険極まりない相手。

武器はイカ足にも見える柳葉刀状の剣『ゲソードライフル』で、持ち手を変える事で銃としても使える。他にも青く光る力場を生じさせて上からのガレキ等を受け止めたり、袖先よりイカ足を伸ばして相手を縛り上げ振り回す芸当も出来る。更に隠し技として特殊なイカスミを大気中に散布する事で、機械をショートさせる強力なゲリラ酸性雨を降らせる能力を持つ。

しかし、イカーゲン最大の強みは一種の予知能力を持っている事であり、「お前のイカなる運命も、手に取る様に分かる」と嘲笑しつつ、相手の攻撃を簡単に回避してしまう。この為、シシレッドの幸運でも通用しない。

その予知能力の正体はクリスタルイカル星人特有の視覚器官にある。イカーゲンはその器官が特に発達しており、上記の髑髏型のクリスタル部分や、胸の烏賊の目に当たる装飾の様な部分はおろか体中の吸盤の1つ1つが目で、その膨大な数の目とイカーゲン本人の戦闘センスにより瞬時に相手の行動を先読みして回避しており、それがまるで予知能力であるかの様に見せかけていたのであった。

それに加えて戦闘中、相手のトラウマを刺激する発言を繰り返す事で冷静さを失わせ、その動きを単調化させる心理工作も駆使している(※ラッキーもこの術中に嵌り掛けた)。それらをひっくるめた物を“予知”と嘯いており、ここから狡猾で陰険な本性が垣間見える。


元々は、劇中以前リュウバイオレットとして猛威を振るっていたショウを危険視したドン・アルマゲによってマーダッコと共に反乱軍リベリオン討伐に差し向けられた刺客。時間制限を持つリュウバイオレットを変身解除に追い込み、彼を庇った当時のリベリオン総司令官ビッグベアは自爆して果て、リベリオン自体も壊滅寸前に至った。
このためショウ司令とは仇敵同士であり、彼が変身した時も「その姿を見るのも久しぶり」と言っている。なお、彼の予知能力を以ってしてもリュウバイオレットの攻撃は躱しきれない模様。

各話の動き

Space.6

キュウレンジャー抹殺の為マーダッコと共にチキュウへ来訪。当ても無く探し回っていた所をスティンガーと遭遇、冒頭の台詞を言った事で彼の案内によりどこかの空き地へ移動。
そこで自分がキュウレンジャーである事を明かし、外套を脱ぎ捨てジャケット姿となったスティンガー=サソリオレンジと交戦。しかし逆に相手を圧倒した為、不利を悟ったスティンガーがセイザブラスターで地面を撃って土を巻き上げ目くらまし、そのまま逃走される。
その後、キュウレンオーモライマーズロボごとデンビルを撃破したキュウレンジャーを遠目から目撃する。

Space.7

廃屋内で立体映像越しにドン・アルマゲと謁見。改めてキュウレンジャー抹殺の命を下される。
その後ダイカーントゥーミーを誘き出して討伐しようとするキュウレンジャーの前に出現。乱戦状態に持ち込み圧倒するが、そのドサクサの中でバランスがトゥーミーに誕生日を奪われた為キュウレンジャーの作戦が失敗。直後に全員がキュウボイジャーを召喚した事で逃走、取り逃がす。

Space.8

ホシガタ地区のモライマーズを一掃する『スターダスト作戦』が佳境に差し掛かった頃、単独行動を取ったスパーダ達を探すスティンガー・ガルラプター283を強襲。3人を戦闘不能へ追い込んだ後、それを餌に残りのキュウレンジャーを誘き出して交戦、やはり圧倒して次々と仕留めて行く。
しかしキュウレンジャーを全滅させ掛けたその時、自身と因縁深いショウ・ロンポーが意を決して乱入。それがチェンジしたリュウバイオレットと対峙する。

Space.9

バイオレットの猛攻に晒されて防戦一方になるが、これは相手の弱点である時間制限を狙った為。それが来て相手が変身解除されるや反撃に転じるが、先程仕留め損なったラッキー/シシレッドに妨害を受けたので代わりにスパーダを拉致して撤退する。
その後オリオン号のモニターをハッキング、自身が捕らえたスパーダを人質にキュウレンジャーを誘き出す脅迫放送を行う(※ショウに対しては「偽物の方はいイカらね」と言って当て付けた)。これに反応して単身ショウがスパーダを救出しに現れた為彼がスパーダを救い出した所で交戦。ここでもやはり時間制限へ付け込んで戦闘を長引かせ変身解除へ追い込む。

そのままショウを仕留めようとした所で他のキュウレンジャーが現れるが、彼等9人とショウの絆、更に9つのチェンジキュータマの導きによりリュウバイオレットが10人目のキュウレンジャー、リュウコマンダーへと覚醒。それへ対し生き残っていたダイカーン・メッチャツヨインダベー、ムッチャツヨインダベー達を加えて交戦するも、一転して自分達が追い込まれた挙句マーダッコが倒される。直後に不利を悟り、僅かに残ったマーダッコの破片を回収。ヒカエオローで巨大化したダイカーン2人に後詰を任せて撤退した。

Space.11

マーダッコを復活させた上で、アンラッキー状態が続いて精神的に不調なラッキーと交戦。「宇宙一アンラッキーな男じゃなイカ」等と言ってラッキーを挑発、彼の冷静さを失わせつつ攻撃を加える。結果、いつもの余裕を失い動きに精彩を欠いたラッキーは無闇にイカーゲン・マーダッコに向かって行き悉く返り討ちに。更には仲間達がデスワームを倒した事でラッキーの元へ飛んで来たトモキュータマも、隙だらけの彼を攻撃して行動不能にした上で自分が回収した。
直後にラッキーを、佐久間小太郎/コグマスカイブルーが操作するコグマボイジャーに収容されて取り逃がすが、イカーゲンより身体の傷以上に精神を痛め付けられたラッキーの顔からは笑顔が消えていた。

Space.12

前回の交戦時、攻撃を回避する際にクリスタルが発光していたのを見たショウ指令が予知の正体に勘付き、それを確かめる為潜伏場所にスティンガー・ガル・ハミィ及び怪盗BN団コンビ(バランス・ナーガ・レイ)を送り込んでくる。これと交戦、ヘビツカイシルバーのオフューカスインパクトをいなす等いつも通りにキュウレンジャーの攻撃を躱し続けたが、ショウ指令の指示でナーガが使ったヘビキュータマでの攻撃を見切る為に自身の視覚器官を駆使した事で、それをオリオン号から観測していたショウ指令に見られ予知のカラクリを知られてしまう。更に役目を果たしたキュウレンジャー5人にもキュウボイジャーを召喚して逃げられた。

だが特に気にせず、程無く立体映像越しにドン・アルマゲからサソリ座系カローがチキュウへ来訪する事を知らされたのでマーダッコをそちらへ向かわせ、自身はラッキー以外のキュウレンジャー10人を一人で迎え撃つ。10人からの総攻撃も余裕綽々で躱し切ってから猛反撃、変身解除に追い込んだ上で自身の身体中にある目を見せ付け、目は10個だけだと思い込んでいたショウ指令達を絶望させて、自身の予知の正体を知っても無意味だと嘲笑する。

しかし、そこへショウ指令の励ましやガルの叱咤で立ち直ったラッキーが現れ、フタゴキュータマの連続使用で数十人に分身してイカーゲンを包囲。彼等が同時に放ったセイザブラスターの弾幕を全身に浴びて顔以外の殆どの目を潰されてしまう。
これにより大幅に弱体化し「目がイカれた~!」と叫ぶイカーゲンを11人同時にスターチェンジしたキュウレンジャーは総攻撃。先程とはうって変わって一方的に圧倒された挙句、サソリオレンジの尻尾とコグマスカイブルーのマフラーを巻き付けられて投げ飛ばされる。
先刻までの余裕も消し飛び、この期に及んで「1人相手に11人で戦って卑怯だと思わないのか!!」と見苦しく抗議するが、「お前の相手は11人じゃない!俺たちは平和を願う全ての人たちの思いを背負って戦ってるんだ!お前の敵は宇宙に生きる全ての人。いや、宇宙その物だ!!」とラッキーに反論された上でキュウレンジャー11人が放ったキュウレンオールスタークラッシュを喰らい敗北。トモキュータマも奪取された。

だがまだ力尽きておらず、「こんなところで、死ねないじゃなイカ!」とヒカエオローを果たし巨大化。総出撃を果たしたキュウボイジャーが合体したキュウレンオーリュウテイオーと対峙し、隠し技であるゲリラ酸性雨で2体の動きを鈍らせつつ袖口からのイカ足で相手を絡め取り2体同士叩き付ける等して圧倒、合体解除へ追い込む。
だが、合体に参加しなかったテンビン・ヘビツカイ・ワシボイジャーの攻撃により雲を払われ酸性雨を止められた事で相手は再合体。しかもその際、キュータマの導きでラッキーが更なる合体形態に気付いた為に8機のキュウボイジャーが合体、リュウテイキュウレンオーが完成してしまう。
それでも再び絡み取ろうとイカ足を伸ばすが、パワーが格段に上がった相手に根元からイカ足を引っこ抜かれた上で再び圧倒されてしまい、そこへ止めのオールスタースクランブルブレイクを喰らってしまう。
最後は、「これが私の運命か(うんめイカ)……!!」と言う断末魔を残して爆散・戦死した。

余談

モチーフは言わずもかな、烏賊水晶ドクロ。更に名前には伝承で語られている巨大イカ・クラーケンも掛けられている。また、烏賊の目は自分の脳でも処理しきれない程不釣り合いに高性能であるらしく、これが能力の元ネタとなった様だ。
声を演じる塩屋氏は星獣戦隊ギンガマンガーラガーラ以来、19年ぶりの出演となる。

関連リンク

宇宙戦隊キュウレンジャー 宇宙幕府ジャークマター

烏賊
イカ娘イカデビルイカルス星人イカカモネ議長・・・口癖が「~イカ」繋がり。ちなみにイカーゲンは「~ゲソ」とは言わない。

デスガリアン:前作の敵組織。破壊した星は地球で100個目になる筈だったので、イカーゲン達コンビはたった二人で彼らの十倍以上の星を滅ぼした事になる。
銀帝軍ゾーン:27年前の敵組織。こちらは地球が滅ぼす星の1000個目になる筈であり、彼等よりもイカーゲン達コンビは多くの星を滅ぼしている事となる。
※ただし、イカーゲン達コンビはジャークマターに取っての邪魔者を始末する為、デスガリアンは星の生命を玩んで遊ぶ為、ゾーンは黒幕が宇宙最強の存在へ進化する儀式の為に星を滅ぼしており、三者とも行動の前提条件が異なっている。

アクドス・ギル:6年前の烏賊(クラーケン)モチーフの戦隊首領。
デーボ・シノビンバ:4年前に登場した直近の烏賊モチーフ戦隊怪人。イカーゲンと同じく蛸をモチーフとした怪人(デーボ・カリュードス)と共に初登場し、その相方よりも先に戦死・退場した点が共通する。

水王丸:同じく塩屋氏が声を当てていたイカ男。

魚沼宇水「極度に発達した五感」を超常現象であるかのようにハッタリをかましていた敵方の暗殺者つながり。但し、イカーゲンのそれは視覚であるのに対し、宇水のそれは聴覚である。

pixivに投稿された作品 pixivで「イカーゲン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11221

コメント