ピクシブ百科事典

銀河超獣バルガイヤー

ぎんがちょうじゅうばるがいやー

特撮「地球戦隊ファイブマン」に登場する敵組織「銀帝軍ゾーン」の実質的首領。
目次[非表示]

説明

声:加藤精三
本作のラスボス。
星を滅ぼすことで進化する異形の高等生命体で、合計1000の星を破滅させればさらに強大な神の如き存在になれるとしてそれを目的に活動してきた邪悪かつ狡猾な怪物である。

とある惑星で王女メドーに惚れて求愛を試み、長いストーカー行為の末に彼女は崖から転落死してしまう。その後バルガイヤーは王女の亡骸を最深部に取り込んで保存し、彼女の姿を銀河皇帝メドーという形で利用してシュバリエやガロアをはじめとする悪の異星人たちを集めて銀帝軍ゾーンを結成した。

幹部達の目を欺くために戦艦に擬態し、銀河戦艦バルガイヤーとしてゾーン軍と共に宇宙を渡り歩き、配下らにはメドーの姿で命令を下してシドンを含む多くの星々を滅ぼし続け、そして最後となる1000個目の星である地球に狙いを定める。

やがてファイブレッドとの一騎打ちでに敗れた銀河で数多の殺戮を繰り返したシュバリエの死体を「この世で最高極上の死のエキス」と見なし、全ての力を使い尽くして倒れた彼を取り込んだことで銀河超獣へと脱皮を遂げた。しかし、ゾーンはあくまでメドーという存在を中心に回っていた組織であったため、ガロア以下組織の幹部はこの事実を受け入れることができず、ここでゾーンは完全に瓦解してしまうこととなった。

超獣形態では長い鞭上の触手と翼を羽ばたいて生み出す突風が武器で、さらに体はマックスマグマの必殺技・ダイヤモンドマックスも受け付けないほど頑丈であり、マグマベースをいとも簡単に破壊した。しかし、無敵かと思われたバルガイヤーにも、たった一つの弱点があった。

それはシドンの花だった。

そのために第46話でバラドルギンにシドンの花を根絶やしにすることを命じたが、最終決戦時にたった一株残っていたことが判明。スーパーファイブロボが体内にシドンの花を持ったまま入り込むと、中に安置されていたメドーの亡骸がそれに反応してその魂が開放されたことで苦しみだし、そこに渾身のスーパーベクトルパンチを受けたバルガイヤーは(中のガロアとドンゴロスともども)爆発四散。それはまさしく、王女への盲目的な愛を抱えた「一人の男」の最期だった。

バルガイヤーの死を以ってゾーンは滅び、長い戦いは終わりを告げた。

余談

  • おおよそ感情移入しがたい異形の化け物だが、メンタリティは意外と人間的で、自分以外の者の立場を入れ替える「さかさまデー」なるものを制定したり、メドーに恋焦がれてそれに執着し、そのメドーの魂が消滅するとパニックになったりと、いろいろ感情豊かな面が見られる。
  • スーパー戦隊シリーズ歴代のラスボスで最強は誰か」というスレッドではファイブマンの最高戦力であるマックスマグマの攻撃すら効かなかったことからラゲムエグゾス=スーパーストロングと並んでトップクラスに位置付けられることが多い。
  • 双葉社から刊行された『スーパー戦隊の常識』でも触れられているネタとして「超獣といってもどこかの異次元人とは関係ありません。たぶん」というものがある。


関連

地球戦隊ファイブマン
銀帝軍ゾーン
シン:彼に近い行動をした北斗の拳のキャラ

関連記事

親記事

銀帝軍ゾーン ぎんていぐんぞーん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「銀河超獣バルガイヤー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2214

コメント