ピクシブ百科事典

ガロア艦長

がろあかんちょう

ガロア艦長とは、『地球戦隊ファイブマン』の登場人物で銀帝軍ゾーンの幹部の一人である。スーパー戦隊でも屈指の「無能な敵幹部」として有名

演:石川武

概要

銀河戦艦バルガイヤーの艦長を務める、赤い鎧を纏った豪快で残忍な大男。
メドーに忠誠を尽くす武人であり剣の腕はファイブレッドを凌ぐ。得物は大剣でガロアハリケーン(別名:大風車剣)と言う必殺技を持つ。剣技による戦闘力だけでなく、『なんでもOK免許証』を有する(26話より)等、様々な乗り物の運転もこなす器用な一面もある。
20年前、シドン星を再生させようとした星川一家を襲撃するが、当時7歳の学にレーザーガンで顔を傷付けられて以降、学を激しく敵視する。
しかし、毛虫が嫌いでそれで作戦を失敗させた(26話より)のを皮切りに、度重なる作戦失敗に加え「さかさまデー」や、シュバリエの登場も重なり、次第に地位が危うくなる。そして、第33話でゴリワシギンの作戦失敗の責任を取らされ、便所掃除係にまで降格させられる。だが、目は死んでおらず、虎視眈々と逆襲の機会をうかがっていた。
偽兄弟先生では学に扮していたが、髭面から簡単に文矢にバレてしまった。(第38話)

第44話で、巨大ロボ・ビッグガロアンを駆り、(恐らく整備がままならなかった状態であろう)スーパーファイブロボを大破させた事で見事に復権。
しかし、艦長の座にしがみつくあまり、最終話で王女メドーの棺に嵌りこんで出られなくなり、ドンゴロスと共にバルガイヤーの爆発に巻き込まれて死亡した。

スーパー戦隊シリーズの悪の幹部の中では、1番の無能は誰か?」と言う話題の時はまず上がる程の無能で、「無能幹部」の代名詞的存在だが、それでも忠誠心だけは持ち合わせている為、

「ガロアより組織を裏切ったり、組織を崩壊させた奴の方が無能なのではないか?」

と言った意見も存在する。
但し、こう言うタイプの場合、組織にとっては有害であっても、自身の目的を追求する上では策に長けている事も多いから、「無能」と言う評価が適切かどうかは異論の余地もあろう(勿論、擁護しきれない奴もいるのだが…)。

関連タグ

地球戦隊ファイブマン
ガチレウス近年になって現れた、新たなる「無能幹部」の代名詞的幹部怪人。登場当初から有能とは言い難い言動であり、更に後述の新幹部の登場で立つ瀬を失い、惨めな末路を迎えた。ある意味、歴代のガロアの系譜の醜大成と言える。
プリシャス:上記のものと同じ作品に登場した幹部怪人。こちらも当初は有能であったが、本性が暴露されて以降は転落、最終的にラスボスに切り捨てられ、肉体を奪われてしまった。しかしガチレウスと違い生存はしている為、歴代のガロアの系譜の中では最も幸運な結末を迎えた。

関連記事

親記事

銀帝軍ゾーン ぎんていぐんぞーん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガロア艦長」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 129

コメント