ピクシブ百科事典

クエルボ(キュウレンジャー)

くえるぼ

『宇宙戦隊キュウレンジャー』の登場キャラクター。
目次[非表示]

CV:浪川大輔 / スーツアクターおぐらとしひろ

概要

かつて鳳ツルギの作戦参謀として彼と共に宇宙幕府ジャークマターと戦ったカラス座出身の戦士。小太り体型で2本のを武器に持つ。

ラッキーに似た性格で、ジャークマターとの戦いで仲間が次々と戦死していく中、ツルギに励ましの言葉を掛け続けていたが自身もドン・アルマゲの攻撃からツルギを庇い命を落とした。
これにより心に傷を負ったツルギはかつての自分達と同じくジャークマターと戦おうとする現代のキュウレンジャーを守るべく、『俺様の盾になれ』と言う相手を逆撫でさせる発言をしてまでも戦いから遠ざけようとした。

上記の逸話から解かる様にツルギの思い入れが深い仲間で、Space.25でもツルギの記憶の一部として彼が現れた(ただその際、クエルボの方からツルギに攻撃していたが理由は不明)。

Space.38の回想では、かつてケフェウス座星系・惑星アチョルクの試練で足手まといになりツルギに助けて貰っていた事が判明。
己の弱さに意気消沈しツルギの元を去ろうとするが、「強くなくてもいい。お前の長所はその頭脳だ。お前にしかできない戦い方があるはずだ」と諭された事でツルギ達の作戦参謀になり、後に何度も知略でツルギ達を救ったとの事(この話を聞いたショウ司令は、自分にしか解らない点から襲ってくる仲間達が偽物と確信し、カローデスゴンの策略を破った)。

Space.44で二人の初めての出会いが明らかとなる。
ジャークマターの強制収容所があったカラス座系惑星ベローナにて、一度脱獄に失敗して失意の中にあったクエルボが囚人として潜入していたツルギと出会った…という物で、後にクエルボが立てた作戦をツルギが実行し同様に収監された住人達も救い出す事に成功する。
もともと長期的戦略を練る事に長けており、クエルボの計画をツルギが現状に合わせた形に落とし込む事で二人は無敵のコンビとなっていた。



















衝撃の再登場(Space.44のネタバレ注意)

Space.43でドン・アルマゲの正体を見たツルギは浮かない顔をしていた。
するとカラス座系の惑星がアントン博士の実験で次々と爆発する異常事態が発生し、キュウレンジャーは直ちにカラス座系へ向かい、ツルギと彼が出会った惑星ベローナへ着陸する。

博士が品種改良して生み出したボスワームを撃破したラッキー達は直ちに爆発の原因であるモライマーズを破壊しようとするも、そこでドン・アルマゲの襲撃を受け変身解除に追い込まれてしまう。
ベローナの民間人を避難させていたガルバランスチャンプとしばし戦線を離脱していたツルギがラッキーの元に向かう中、アルマゲはあのローブの姿でキュウレンジャーの前に現れる。

今まで聞かせた事がない声色で「ツルギ。僕の正体、ちゃんと伝えてくれたかい?」とツルギに問うアルマゲ。
ツルギがアルマゲの正体を隠していたと知りラッキーも「どうして言わなかったんだ!」と驚くが、

「信じたくなかった……。すなわち、今のドン・アルマゲは、“俺様の知っている男”だ……!」

というツルギの言葉に動揺するラッキー達。
そしてその光景を見ていたアルマゲは、着ていたローブを脱ぎ捨てた。

「そう。僕はツルギのかつての仲間…」





























「クエルボさ!」

なんとそこには死んだはずのクエルボの姿が………!!
そう…彼こそが宇宙全土を支配するジャークマターのショーグン「ドン・アルマゲ」の正体だったのだ。
333年前のツルギとの戦いで大ダメージを受け瀕死の状態だったアルマゲは、ツルギを守る為に自ら盾となり死にかけていた彼の肉体に憑依し、現在のアルマゲの器となって生きていたのだ。

ドン・アルマゲ
白烏


「これが今の僕の姿だ…」

正体を明かしたクエルボは眩い光で自身を包み込み、白い甲冑と(Space.43でツルギに正体を明かした際に広げた)6つの翼を持つ、色こそ対照的だがアルマゲに酷似した姿……ドン・クエルボへと変貌を遂げた。

「また会おうキュウレンジャー。君達の大切な場所で待っているよ」とキュウレンジャーに伝え、ついに限界を迎え壊滅するベローナから飛び立っていった。
飛び立つ際、「俺様が、お前に取り憑いたドン・アルマゲを倒してやる!」と叫んだツルギに対し、「取り憑く?誰が?誰に?僕がドン・アルマゲだ!」と発言しており、今までのドン・アルマゲが他の生物に憑りついて操っていたのとは勝手が違う模様。
※後の顛末を考えると、実際は憑りついたアルマゲが自分に干渉してこないのを都合良く解釈、かつてのツルギをも凌ぐ強大な力を自由に奮える事を見せびらかす幼稚な台詞でしかなかった模様。

何とかカラス座系から脱出したキュウレンジャーは、クエルボの発言から宇宙を消滅させるのに十分に豊富なプラネジュームが存在し、メンバー全員に関わりのある惑星チキュウにクエルボが向かうと推測。
その後ホシ★ミナトから超弩級サイズのビッグモライマーズがチキュウへ配備されたと知り、キュウレンジャーはクエルボの野望を止めるべく再度チキュウへと向かうのだった。

そして、続くSpace.45でチキュウへ超弩級ビッグモライマーズを突き刺したクエルボもといドン・クエルボは、プラネジューム爆弾で宇宙を滅ぼした後自身がそれへ憑依、新たな宇宙と化して生まれ変わり全てを救うと言うカルト宗教じみた最終目的を語る。
当然それを知って黙っていないキュウレンジャーはSpace.46で全力を向けてドン・クエルボと決戦。激しい攻防戦の結果超弩級ビッグモライマーズはキュウレンジャーに破壊された上、ドン・クエルボもツルギやラッキーに追い込まれて必殺技を喰らってしまう。


しかし直後、自ら取り込み力にした筈のドン・アルマゲが抜け出し、クエルボはかつての姿に戻ってしまう。長年の計画の頓挫、そして全ての力を失い元の無力な自分に戻ってしまったことで半狂乱になったクエルボは、ツルギの謝罪も聞き入れず、「宇宙は…宇宙は僕の物だぁぁぁ〜!」と釵を振り上げながら、歩み寄ってきたツルギへ斬りかかろうとする。
だが、友への情はあれど未練は捨てたツルギはすかさずホウオウブレードを抜刀、それで斬り捨てられたクエルボは崩れ落ちて死亡。その身体は灰と化して朽ち、風に攫われて行った。
しかし次の瞬間、クエルボから離れたアルマゲはツルギに取り付きその身体を獲得してしまう

キュウレンジャーの前に敵として立ちふさがった者の中にはキュウレンジャーの身内も少なくは無かったが、力の無い自分自身に対する絶望感と親友への誤解と嫉妬から悪への囁きを受け入れて優れた頭脳を悪の為に使い自らも最強の戦士として立ちふさがるという彼らの集大成とも言える男、それがクエルボだった。
しかし、何らかの形で人としての心を失っていなかった彼らと違い、クエルボは最後までツルギへの誤解と嫉妬の心を持ったまま死んでいった。尤も、誤解や嫉妬という負の感情もまた、人間らしい心ではあるのだが。

真実

退場時の展開を見ればわかる様に、クエルボに憑りついていたドン・アルマゲは最後の最後でクエルボを切り捨てた。クエルボの最終目的は自分がアルマゲになった事、つまりアルマゲの憑依能力を使える事を前提とした物だったのだが、これによりその前提が崩れてしまった。
しかも直後、ツルギの身体を乗っ取ったアルマゲはそれを介してプラネジュームを摂取、不死の力を得ようと言うクエルボの物と真逆の方向になる目的を明かした。

即ちクエルボがドン・アルマゲの依り代に選ばれた真意は、不死の力を宿す器となるツルギを誘き出すべく彼の親友に対する情を誘う“囮”として使う為だった。
更に最終話で判明したドン・アルマゲの正体から最も思念を集められる存在と判断された模様。
クエルボが得てしまった破滅願望とカルト思想を果たすためにジャークマターが動く事も、その過程で宇宙中の人々が苦しめられる事も、そしてクエルボ自身が宇宙その物になると言う妄想を膨らませても憑りついたアルマゲの方は全く干渉しなかったが、それはツルギを誘き出す時までクエルボが自身を手放さない様にするアルマゲの方策だったと言う訳である。
またこれは、クエルボがジャークマターの組織維持に使った“権力層の好き勝手にさせて堕落、飼い殺す”方法でもあり、結局クエルボ自身が一番ドン・アルマゲに飼い殺されていたと言う皮肉となっていた。

そして、アルマゲが本当に求めていたのはプラネジュームでは無く、その過程でジャークマターに脅かされる者達の嘆きと苦しみであった。宇宙を壊して作り替える目的の為にプラネジュームを求めたクエルボだったが、アルマゲから見ればとんだ茶番劇に過ぎなかったのだ。
一方その過程で、アルマゲから実質明け渡されたジャークマターの規模を拡大、歪んだ形でだが宇宙のほぼ全てを手中に納めたクエルボの手腕は間違いなく本物であった。だがそれへ価値を見出さずアルマゲより提示された目的に執着した結果、自分が元々持っていた物も造り出した物も全てアルマゲに良い様に使われて奪われた上、最後は何も出来ない頃の姿に戻されて切り捨てられる惨めな結末を迎えてしまった。

余談

演じる浪川氏はスーパー戦隊シリーズで初代デカレッド(候補)ギョク・ロウ(特捜戦隊デカレンジャー)や炎神スピードル(炎神戦隊ゴーオンジャー)など正義サイドの役を多く演じているが、魔法戦隊マジレンジャーではラスボスの絶対神ン・マを演じている。
戦隊シリーズへの参加はタンクトップシャドー(烈車戦隊トッキュウジャー)より3年ぶりとなる。
また、ツルギ役の南圭介氏とは同じ役演じた事があるという共通点がある。即ち!それを踏まえて本編を見るとまた縁を感じるところである。

名前の由来はスペイン語で「カラス」を指す「Cuervo(クエルボ)」。
変貌後の姿はカラスモチーフの割には白い体色なのは、からす座の元になった太陽神・アポロンの使いである白いカラスに準じている物と思われる。

身に付けている胸当てに刻まれた模様は地動説を模しており、果実を咥えたカラスに見える形に配されているが、これは対の存在である天動説(アルマ宇宙観)をモチーフとするドン・アルマゲに惑わされ悪に堕ちる事を暗示している。

関連タグ

宇宙戦隊キュウレンジャー 鳳ツルギ からす座
オライオン(キュウレンジャー):同じくツルギの元、333年前のジャークマター討伐に参加した88星系の英雄仲間。

宇宙幕府ジャークマター ドン・クエルボ
ドン・アルマゲ
自分が悪だと気づいていない最もドス黒い悪

呉島光実:クエルボ同様、兄貴分憧れの人に純粋な好意を向けていたが、同時に家族や学校等との軋轢から目を逸らす目的でも大事な人との関係に拘っており、『大事な人達の為なら“汚れ役”になってもいい』と言う捻くれた価値観を抱えていた。
その価値観故に、彼を都合良く利用しようとする者達に嗅ぎ付けられて関わられた結果、あっと言う間に地獄へ転がり落ちて行ってしまう
だが彼を利用しようとした者達は全員、光実とは要因で破滅。その流れで彼自身も自棄になり命を捨てようとしたが、兄貴分の身を挺した行動によりギリギリの所で地獄から生還した。
そして失意の中で自分のやって来た事を振り返り、自らの価値観を再構築した後、世界を救って去っていた大事な人達に代わり自分がヒーローになる事を決意。
最終回でその一歩を踏み出した後、でも実践を続けている。

pixivに投稿された作品 pixivで「クエルボ(キュウレンジャー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3102

コメント