ピクシブ百科事典

タンクトップシャドー

たんくとっぷしゃどー

シャドーラインの怪人「シャドー怪人」の一体。

声:浪川大輔

概要(ネタバレ注意)

タンクトップに変身する事ができる能力を持つ肌着系シャドー怪人。闇形式は「ザエ-1091022-VC」で唯一の虹野明ことザラム配下のシャドー怪人。「ヌンチャク系ハンガー」を武器にして戦う。
シャドー怪人だが、完全な悪人というわけではなく明の事を大切に思っている。



普段は明のタンクトップとして共に行動しており、レインボーライン側につく事にも決して反論はしなかったが、レインボーラインではシャドーである明は人間と同じで、いずれ老いて死んでしまう事が分かり、死ぬ事のないシャドー怪人に戻すためにヘイ大公と手を組み、明をシャドーラインに戻そうとする。

ヘイ大公の洗脳能力で、明をザラムに戻す事に成功したものも、何を探し求めているのか分からなくなくなって悲しむザラムの姿を見てひどく驚き、トッキュウ1号に「共に成長していきたい」という言葉に揺さぶられ改心。ヘイ大公が洗脳が解けた明とトッキュウ1号に斬りかかろうした際、彼らを庇い、裏切った事に憤慨したヘイ大公の攻撃を受け重傷を負い、明に看取られながら消滅した。



























…かに見えたが、なんと一命を取り止めており、終盤に明のタンクトップとして再び登場している。






余談

声を演じた浪川氏は、同作品でレインボーラインの保線員を演じている。
闇形式の「エ」は救援車を表す。

ザラムこと明がレインボーラインの一員になった影響か、器物モチーフが骨董品で無く日用品のタンクトップ(裏モチーフに古いデザインのハンガーを使っているが)、身体の『目』が無い等、これまでのシャドー怪人のセオリーを外したデザインをされている。

タンクトップ形態ではザラム及び明が初登場回を含めて毎話着用していたため、なんとTV本編に実質30話以上登場していたにもかかわらずセリフが一切ないキャラクターとなっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「タンクトップシャドー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 394

コメント