ピクシブ百科事典

星王バズー

せいおうばずー

『電撃戦隊チェンジマン』の敵組織・大星団ゴズマの首領である。
目次[非表示]

演:桑原一人 声:加藤精三

概要

 宇宙各地に侵攻し、あまたの星々を支配下に収めてきた大星団ゴズマの支配者。
 機械と人間の上半身が融合したような怪異な風貌をした巨人の姿で、全長300mの移動要塞ゴズマードよりもはるかに大きい。これが実体なのかどうかは定かではないが、部下たちの前に姿を見せる際は、ビームを放って制裁を加える事もあり、その底知れなさが一層配下の者たちに恐怖を覚えさせている。
所在も正体もずっと不明であったが、唯一預言者ゼグだけが正体を知り、その秘密を記したスペースドールを宇宙へはなっていた。しかし第31話でそのスペースドールも破壊されてしまい、チェンジマンがバズーの正体を知るのは最終決戦の時であった。

 これまで侵略した星々の戦士たちを幹部や宇宙獣士として徴発し、構成員たちには母星の再興を条件に絶対服従を強いており、さらなる侵略の道具として働かせてきた。大幹部であるギルーク司令官や女王アハメスもかつては彼に反逆を試みたが、その圧倒的な力の前に平伏すことになった面々である。
しかし基本的に部下は使い捨ての存在としてしか扱っておらず、極めて冷酷。侵略活動が順調である限りは部下たちのやり方には干渉しないが、失敗が重なれば容赦なく制裁を加え、宇宙の墓場に放逐したり、宇宙獣士に変えられてしまう事もある。
ゴズマという組織を成り立たせていたのは、ひとえにバズーの圧倒的な力に対する恐怖であった。
 
 しかし侵略対象の一つでしかなかった地球で、アースフォースを浴びた戦士・電撃戦隊チェンジマンらによる思わぬ抵抗に手こずり、それが呼び水となって地球に差し向けていたギルークらの遠征軍に離反者まで続出するようになる。ついにこの方面軍が事実上壊滅すると、もはや不甲斐ない部下には任せておけぬと、業を煮やして自ら地球を滅ぼすために打って出たが……。


















その正体と末路(ネタバレ注意)

 当時地球に近づいていたハレー彗星の陰に隠れて地球に迫る謎の天体があった。
 それこそがバズーの正体・ゴズマスターであった。超巨大な惑星型生命体であり、あらゆる生命、ひいては星々を貪り食うことでここまで大きくなってきた。そして今度は地球そのものを食べてしまおうとしたのだ。

「星王」という称号とは、「星(々)を支配する王」というよりは(あるいは、それに加えて)、「自らが星である王」という意味だったのだ。

 物理的な巨大さという点では、間違いなくスーパー戦隊シリーズでも最大級のラスボスである。ゴズマの組織規模に相応しいスケールの極めて大きな敵であった。惑星ごと食い尽くすことができるほどだから、攻撃力にかけてもトップクラスと言えよう。

 その正体を知ったチェンジマンたちも体内の消化器官に捕らえ、溶かしてしまおうとしたがゴズマに反逆する宇宙人たちの協力もあって脱出を許す。そして体内深く突入したチェンジロボの必殺技・スーパーサンダーボルトを中枢部分に食らい、宇宙の塵となって消えた。

 地球攻略に手こずった苛立ちの末に、自ら打って出たのが命取りとなったのだった。

 ゴズマの組織規模からして、彼の死後も宇宙各地に大兵力が残存していたはずである。しかし所詮はバズーたった一人の恐怖政治による強権的支配からのみ成り立っていた組織であり、側近や信頼する部下も存在しなかったので、バズーさえ滅びれば途端に瓦解したのだろう。その後にゴズマの活動が聞かれることは全く無かった。

関連タグ

電撃戦隊チェンジマン 大星団ゴズマ
メガヘクス:同じく惑星規模のラスボス。(仮の姿は機械的だったが)有機生命体とおぼしきバズーと違って、こちらは機械生命体である。
オーボス:ロボットアニメ作品における惑星規模のラスボス、正体が最後まで不明で登場人物曰く「別次元の化け物」、乗機とは異なり実体のないエネルギーのような状態で存在する、エネルギー生命体の1種ともとれる。

pixivに投稿された作品 pixivで「星王バズー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 99

コメント