ピクシブ百科事典

魚沼宇水

うおぬまうすい

るろうに剣心の登場人物
目次[非表示]

概要


CV:流山児祥
演:村田充(実写映画)

誕生日1842年9月
身長176cm
体重77kg
血液型A

盲剣の宇水。
琉球(今の沖縄県)の出身で、ティンベー(亀甲の盾)とローチン(石突に小型の鉄球が付いた槍)を用いた王家秘伝武術の使い手。
余談だがティンベーもローチンも実在する武具である。

かつては幕府方の対人斬り用暗殺者として剣腕を振るっていたが、ある日遭遇した志々雄真実に両眼を斬り裂かれて失明・あっさりと幕府に見限られて解雇される。
その後山中を彷徨い死の淵に立たされた時、剣術における究極の型の一つとされる「心眼」を開いた。
以降は「隙あらば志々雄を殺していい」という条件付きで十本刀に加わった。

心眼の正体は、数キロ先の小川のせせらぎすら聞きつける程の異常聴覚である。
この異常聴覚にかかれば人間など音の塊も同然で、筋肉の収縮音や骨の摩擦音で相手の動きを、心臓の鼓動で相手の心理状態を手に取るように把握することが出来、盲目のハンデを全く感じさせない。ただし、流石に相手の思考までは読むことが出来ない。

性格は非常に残忍でプライドが高い。
その実力は十本刀最強の瀬田宗次郎と肩を並べるほどと言われており、軍や警察から選び抜かれた精鋭部隊50人を一夜にして壊滅させ、志々雄のアジト到着時にも雑兵達を無用に殺害していた。
このことを方治に責められた際には「雑兵などいくらでも替えが効く、そもそも私が1000人分働けばいいだけのこと」と嘯いている。
沢下条張曰く「剣心斎藤より強い」とのことで、事実斎藤との剣の戦いではほぼ斎藤を圧倒しており、初見の牙突にも完璧に対処して見せた。心理的駆け引きで斎藤に押され冷静さを失ってしまったことが敗因の一つとして考えられる。

上述のように志々雄の命を狙っていたが、内心では自分の想像以上に強くなっていた志々雄には勝てないと悟り、復讐を諦めていた。
斎藤には「志々雄に戦わずして負けてしまった」本心をズバリ指摘され、激昂してトドメを刺そうとしたところを牙突零式胴体を真っ二つにされるという悲惨な最期を遂げた(アニメでは後方の壁に吹っ飛ばされてセルフ磔刑に処されただけで、真っ二つにはなっていない)。
しかも志々雄にも既にその本心を見透かされていたというオチも加えられ、小物っぷりが更に強調されてしまったある意味とっても不遇な人である。
さらには張の下馬評と違い、志々雄本人からは「(斎藤と戦えば)負けるだろう」と死後にあっさりと言われてしまっている(「負けても深手を負わせるだろう」というフォロー?はされている)。

近年制作された新京都編では念願叶って(?)志々雄真実と激闘を繰り広げる。
結果は……お察しください

モデルはドラゴンボール桃白白。また新世紀エヴァンゲリオンマトリエルもモチーフである(破軍の不二や鎌足、巴のように、当時エヴァブーム真っただ中なこともありエヴァがモチーフになったキャラは多い)。

宝剣宝玉百花繚乱(ほうけんほうぎょくひゃっかりょうらん)
ローチンを巧みに使い、鉄球部分での打撃と槍の刃の刺突を高速で何度も浴びせる技。

ティンベーとローチンの基本戦術(技名無しなので便宜上こう記す)
相手の攻撃をティンベーの亀甲の丸みを利用して捌いた後ティンベーを相手の目の前に突き付けて視界を封じ、その隙にローチンで突く三連動作。
本来見えない衝突の瞬間を心眼によって見切って捌いている為、破壊力のある技でも難なく捌くことが可能。
地味な戦術かつ最後には零式に破れているために過小評価されがちではあるが、斎藤の牙突(壱式)を難なく捌いており、さらに両足に深手を負わせている。
そもそも「基本戦術」は「完成されきった型でありそれ故に破られづらい」ということである。
最後は顔を切り裂いて止めを刺すつもりであり、嗜虐心と慢心を捨て最初からこちらを狙っていれば斎藤も危うかったかもしれない。

名台詞

「微温(ぬる)いわ!!」
「知りたいか? んん? そうか、では教えてやろう」
「何が可笑しい!」
「今の貴様は目隠しされた達磨同然!」
「一片の淀みも無く己が道を貫く、簡単なようでなんと難しいことよ、お前はこれから近代化する明治でどこまで刀に生き、悪・即・斬を貫けるか・・な・・・」

関連イラスト

ティンベーとローチンの基本的戦法
ハーッッハハハハハハハハハ・・・

pixivに投稿された作品 pixivで「魚沼宇水」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 87832

コメント