ピクシブ百科事典

駒形由美

こまがたゆみ

「るろうに剣心」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

声:入絵加奈子
演:高橋メアリージュン(実写映画版)

概要

志々雄真実の部下で通称"夜伽"の由美。凄い異名だが、新京都編だと皆さんが心待ちにしていたであろう描写もある。
志々雄の側に仕えて身の回りの世話をする妖艶美女
性格は姉御肌で肝が据わっており、沢下条張からは「由美姐さん」と呼ばれている。
志々雄とは相思相愛の仲で、彼を心の底から愛し、誠心誠意尽くす。
志々雄の側に控える女という立場から十本刀本条鎌足からライバル視されているが、由美自身は志々雄のために戦えない自分を歯痒く思っている。
かつては吉原一の花魁だったが、マリア・ルーズ号事件で自分達の尊厳を踏みにじった明治政府を憎んでいる(後述)。

十本刀と合わせて紹介されたため勘違いされる事が多いが、彼女は十本刀ではなく、戦闘員でもない。
作者によると元々は名前が無く、大物の悪党が侍らせる美女という志々雄のオプションに過ぎなかったが、後にキャラクターに昇格させたとのこと。
作者の和月氏によれば執筆中に『ヴァンパイアハンター』のモリガンを目にしたのが原因で、ありえないほど胸と肩を出した衣装になったらしい。この当時、由美のコスプレをするコスプレイヤーがいたそうだが、相当衣装に工夫をこらさないと肩と胸の露出の原作再現が難しいものになっていたらしい。そういうコスプレ衣装の話を聞いた際はデザインに失敗したと思ったとか。
ちなみに「由美」の名前の由来は女優の由美かおる
余談だが、新京都編のキャラデザだと顔よりでかいほどの巨乳

外伝にて

ジャンプSQ2014年8月号・10月号に掲載された外伝「炎を統べる」で、志々雄との出会いが描かれた。

かつて商家の娘であった由美は、御用盗(幕末に続出した、『攘夷・勤王の為』という大義名分を振りかざし、活動資金を得るために商家を襲った強盗)に両親兄弟、使用人にいたるまで皆殺しにされて身寄りがなくなり吉原に売られてしまった。そこで「華焔」の名で吉原一の花魁として評判となっていたところ、彼女の店『赤猫楼』に投宿した志々雄達と出会う。
刀を預けることを了承しない彼らを挑発したり、変な格好相手にはこれで丁度いいと本人の前で言うなどお客に対する対応とは思えない態度で接する。
ある日、軍属の引原海鮫兵団によって妹分の遊女・華火が殺され、双子の禿のあかりとかがりが攫われてしまい志々雄に助けを求めるが「お前達が弱いから悪い」と断られる。覚悟を決めた由美は強さを売ってほしい、報酬は「自分の命を好きな時に好きな様に奪ってよい。死んだら地獄行きに着いて行ってあげる」と詰め寄る。その度胸を気に入った志々雄は、初めて集結した十本刀と共に引原海鮫兵団をあっさり殲滅した。
その過程でかつて自分の一家を殺したのが志々雄だと気づくが、既に彼の『弱肉強食思想』に共鳴しており、返り討ちにされることも理解していたためか復讐心が湧かなかった。けれど苦界に身を落とす事になった始末をつけるよう身請け金(現在のお金に換算するとざっくり3億)を志々雄に請求する。その後、寺に大金を渡してあかりとかがりの世話と華火の供養を依頼。志々雄と共に国盗りに旅立つのだった。

関連イラスト

由美さん
由美さん


大人の女。幸福な散り際。
るろうに由美



関連タグ

志々雄一派 志々雄真実 十本刀 るろうに剣心
志々由美

pixivに投稿された作品 pixivで「駒形由美」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 289113

コメント