ピクシブ百科事典

尖角

せんかく

「るろうに剣心」に登場する人物。
目次[非表示]

概要

CV:小村哲生

志々雄真実部下。新月村を統治する巨漢で、禿げ上がった三角頭が特徴。
警官を皆殺しにして、来る政府役人たちも片っ端から手にかけて完全にを陸の孤島に変え、逆らう人間を次々に処刑していた悪党

過去に99人を殺害しており、村に訪れた緋村剣心を100人目の獲物にしてやると息巻いていたが、剣心の策にハマってしまい、自滅。剣心に攻撃すらしてもらえずに敗北した直後、志々雄から「抜刀斎の一つも出させないまま負けたら殺す」と告げられ、最後の力を振り絞って剣心に襲い掛かり、アゴに龍翔閃を喰らって気絶した。

剣心との戦いに敗れた後は斎藤一が呼んだ警官隊に捕縛され、死刑に処されるらしい。まあ、そりゃそうだろう。

なお、剣心が攻撃しなかったのは志々雄に手の内を明かさないためであり、あえて龍翔閃を出したのも志々雄に処刑させないためである。

アニメ版での追加シーン

アニメ版では瀬田宗次郎の回想という形で再登場。
実力で剣心の龍翔閃を出させた訳ではない事を自覚しており「不殺」に命を救われたことにより命の大切さを知り、脱獄後は反逆も復讐もせずに隠遁生活を送っていた。

そこに宗次郎が現れ、志々雄からは既に戦力外と見放されていること、抜刀斎に技を出させたという実績を踏まえて、始末されずに見逃されたことを伝えられて安堵する。
しかし、殺戮者であった尖角が改心することに納得のいかない宗次郎は、「不殺」の無意味さを証明するために独断で尖角を抹殺した。
宗次郎は剣心との戦闘中にこの話を持ち出し、「不殺」の無意味さを説き続ける。

能力

呼んだか?


握り懐刀(むしろ握斧に近い)を武器としており、その巨体に見合わぬ超スピードでの連続攻撃を得意とする。しかし、いくら素早いとはいえ剣心には及ばず、加えて剣心が少しずつスピードを上げている事に気づかないまま速さ比べを続けたせいでが限界を迎え、敗北した。
原作者によると串刺し頭突きという技があるそうだが、作中では未登場に終わっている。

関連項目

るろうに剣心 マッチョ ハゲ 噛ませ犬

pixivに投稿された作品 pixivで「尖角」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5661

コメント