ピクシブ百科事典

ギャン

ぎゃん

ギャンとは、TVアニメ『機動戦士ガンダム』に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

概要

ジオン公国軍に属する兵器開発メーカーツィマッド社が「第2期主力MS開発計画」に則り開発したマ・クベ専用モビルスーツゲルググと同時期に次期主力量産機の座を争う形で開発された経緯を持つ機体である。

シールドに内蔵されたニードルミサイルで威嚇・牽制を行いながら高出力の試作ビームサーベルで格闘戦を行うという白兵戦(対MS戦)に特化した開発コンセプトを持つ。
股関節部に流体パルスアクセラレーターの搭載によって余剰エネルギーを極超音速の状態で圧縮・蓄積し、必要に応じて機体各部に分配する事が可能となっており、このデバイスの恩恵によって白兵戦においてはかなり高性能を誇った。
しかし、ビームナギナタだけでなくビームライフルも装備し、対艦戦闘も可能な汎用性の高いゲルググに対して、重火器の使用ができないという点がネックとなり、次期主力機トライアウトに敗れることとなった(次期主力MSは既にゲルググに内定しており、次期主力機のコンペティション自体が形式的なものに過ぎなかったともいわれている)。
ギャンがこのような特殊なシールドを装備することに関しては、ツィマッド社がビームライフルの開発に失敗したからだと言われているが、一説には当時主流になりつつあったビーム射撃兵器を無力化する「ビーム撹乱膜」を散布し、ビーム兵器を無力化した上で近接戦を仕掛けるという戦術のもとに開発されたとも言われている。

主力MSの座はゲルググに譲ったが、その白兵戦能力の高さが評価され、ゲルググとの長所を合わせたガルバルディの開発に至っている。
ロールアウトした試作機の内1機はマ・クベ大佐が搭乗、ガンダムと交戦するも撃破された。
ニュータイプとして覚醒しつつあったアムロ・レイのガンダム相手に善戦したことから、ギャンの白兵戦能力の優秀さが伺える。

なお、前述の「ミサイルを内蔵したシールド」だが、これについては今なお「攻撃受けたら誘爆してしまう為盾として有用か疑わしい」とされているが、「盾のような形状だが、本来はただのミサイルポッド」との解釈も存在している。また、「ギャンの開発コンセプトを考えれば、このシールドの強度はガンダムが持つものに匹敵するはず。とすれば、そこに武装を搭載するのは逆に合理的(実際、盾の裏側に仕込み武器を持つことは中世からあったし、軍艦でもっとも装甲が厚いのは主砲塔やVLSである)」という意見もある。
現に後世のMSではシールド内に武装を仕込むものも少なくなく、このコンセプトが間違いではなかったことを実証している。

ちなみに富野監督の初期案では「ハクジ」という名だったらしく、番組製作当時に描かれたラフスケッチにもその名が記されている。逆に「ギャン」は砲撃戦用MSに付けるつもりの名前だったようだ。

テレビ本編以外での扱い

劇場版ではGアーマーザクレロと共に出番をカットされるという不遇な扱いを受けるが、その後MSVにおいて大躍進をする。

ギレンの野望シリーズでは(ジオン公国プレイ時)ゲルググに替えてジオン第二世代主力モビルスーツとして制式化出来る。
ガンダムにも素で対抗できる強力な機体であるほか、バリエーションの「ギャンキャノン」は火力支援機ながら格闘能力も高いというチートスペックであった(この為か、PSP版『アクシズの脅威』ではかなり能力が下げられている)。また、シャアラル黒い三連星ガトージョニー・ライデンシン・マツナガ、それぞれの専用機が登場する。

また、ガンダムビルドファイターズではサザキ・ススムのガンプラとして準レギュラー的な扱いとなっている。特に第一話の活躍でamazonのHGUCギャンが売り切れとなったエピソードは有名。
加えて、ガンプラバトル選手権で明らかになった彼のギャンに対するこだわりの強さを汲み取り、有志によるサザキ専用ギャンの開発とも取れる祭り「素敵なギャン」が行われ、ガンダム35周年の門出を祝う前哨戦的な作品にギャン旋風をもたらしている。
更に本編では「ギャンギャギャン」「ギャンバルカン」といったバリエーションも彼の手によって作り出された。
続編ガンダムビルドファイターズトライでは彼の妹サザキ・カオルコ(ギャン子)がR・ジャジャをベースに「R・ギャギャ」を作り出し、後に「ギャンスロット」も作り出されている。

バリエーション・後継機

ギャン・エーオース

MSV-Rに登場。型式番号YMS-15E。
試作されたギャンのうち2機を実戦配備機として改修した機体。赤と白のツートンカラーが目を引く。
ランドセルを高機動型ゲルググのものに換装し機動性を高めており、携行武装として小型ビーム・ガンを装備したビーム・ベイオネットと、ミサイルポッドとしての機能をオミットしたシールドを装備する。
名称の「エーオース」はギリシャ神話の「暁の女神」に由来する。
2機とも突撃機動軍の旗艦直衛部隊に配備され、ア・バオア・クー戦に参加している。

ギャン量産型

型式番号MS-15A(ボードゲームではMS-15B)。
ギャンの量産タイプ。前述の通り、「ギレンの野望」ではゲルググとの選択で制式採用出来る。
高機動型、マリーネ、キャノンといったゲルググのそれに相当する機体が登場している。
ちなみにギャン・キャノンは原型機のコンセプトにまるきり逆行する装備内容によって、(ネタキャラとして)一定のキャラクターを確立している。

ギャンクリーガー

ギレンの野望に登場するギャンの純粋な最終発展形。型式番号MS-15KG。
統合整備計画に沿って開発されたギャンの改良機であり、ゲルググに対するゲルググJに相当する機体。ゲルググJがゲルググの射撃能力を強化した機体であるのに対して、こちらはギャンの格闘性能を強化している。
クリーガーとはドイツ語で「戦士」を意味する。

ギャン改

Gジェネレーションシリーズに登場するギャンの改良機。型式番号MS-15K。
ゲルググにおけるリゲルグに相当するアクシズ製MS。
詳細はギャン改を参照。

ギャンEX

近藤和久の漫画短編「JUPITER【ZEUS】IN OPERATION TITAN U.C.0083」(新MS戦記収録) に登場。型式番号MS-15PLUS。
宇宙世紀0083当時、アクシズに身を寄せていたシャア・アズナブルが搭乗。
時代が時代のためか、彼のパーソナルカラーである赤には塗装されていない。
頭部や肩当が鋭角的なフォルムになっており、より中世騎士の鎧兜を思わせる外観になっている。
指揮官用のカスタムメイドMSではあるが、性能などがどれほど強化されているかは不明。
また作中では格闘兵装ではなく、実弾系のマシンガンを装備している。
パプテマス・シロッコの先制攻撃により左腕を失い、ミサイルシールドは使われる事無く、そのまま退却した。

RFギャン

機動戦士ガンダムF90に登場。型式番号OMS-15RF。
火星独立ジオン軍(オールズ・モビル)によるギャンのリメイク機。
頭部・肩部・シールドにかけて非常に装飾的な塗装が施されており、ビーム・サーベルの他ヒート・ロッドを装備している。また、シールドはミサイルポッドとしての機能を有していない。
白兵戦能力は高いものの、製造コストが高く少数生産に留まっている。

ガルバルディα

ギャンの後継機種。詳細はガルバルディαを参照。

R・ジャジャ

ギャンの発展型。詳細はR・ジャジャを参照。

ギャンギャギャン

ガンダムビルドファイターズに登場するギャンの改造ガンプラ。
詳細はギャンギャギャンを参照。

ギャンバルカン

ガンダムビルドファイターズに登場するギャンの改造ガンプラ。
詳細はギャンバルカンを参照。

ギャンスロット

ガンダムビルドファイターズトライ アイランド・ウォーズに登場するギャンの改造ガンプラ。
サザキ・ススムの妹サザキ・カオルコが第14回全日本ガンプラバトル選手権に向けて製サックした機体であり、ビームマントや羽飾りが追加され、ギャンの持つ騎士的な意匠を強める改造が施されている。
ギャンの装備を一通り装備する他、新たにジオンエンブレムを模したランスを装備。最大出力時にはランスから雷撃を放つ事も可能。サザキ家に伝わる盾も健在であり、チーム戦では攻防の要を担う。
名称の由来はアーサー王伝説に登場する円卓の騎士「ランスロット」から。

関連イラスト

無題
ギャン
ギャン/決闘
YMS-15


関連項目

機動戦士ガンダム
マ・クベ サザキ・ススム 素敵なギャン

pixivに投稿された作品 pixivで「ギャン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1168940

コメント