ピクシブ百科事典

ノワール(プリキュア)

のわーる

「キラキラ☆プリキュアアラモード」に登場する敵キャラクター。
目次[非表示]

「その思いがある限り、わたしはおまえの力となろう…」
CV:塩屋翼

概要

プリキュア達と敵対するキラキラルをうばう存在黒幕である闇の存在。
ジュリオビブリー等のしもべ達にキラキラルを集めるように命じている。キラキラルを集めるためにジュリオにはロッド、ビブリーにイルを与えた。
なぜキラキラルを欲しているのかは本人の口からはまだ語られたことはないが、ジュリオは「世界を闇に変えたキラキラルで染めること」が最終目的だと聞かされている。

名前が初めて出てきたのは第18話で、初登場は第21話。プリキュアたちに対するフラストレーションが頂点に達したジュリオの感情に反応するかのごとく、空間から湧き出るかのように出現し、その姿を視聴者の前に現した。

骸骨を思わせる白い仮面を被っており、その下に隠された素顔はまだ不明。普通の人間の2倍以上はある巨体を漆黒のローブで包み、頭部から長く伸びた闇のような黒い髪や、胴体から手を生やすなど、全体的な造形はとても人とは思えず、確かに「闇の『存在』」と表現するしかなさそうな不気味さである。
また、いかなる場所へも虚空から自在に現れることができる神出鬼没な存在でもある。

能力

ノワールの最大な特徴は、「心の闇」を抱える人々から闇のキラキラルを抜き出し、それを闇の力がこもったアイテムに変換して与えることができることである。

ノワールは「そのアイテムに宿った闇の力を使えば心の中にある願望を満たせる」と囁き、その誘惑に乗ってアイテムを受け取った者は超常的な力を振るうことがでるようになる。ただしその力を使えば使うほどに心の闇はより増していく。
このことから、アイテムを形作る根幹は自分自身の闇のキラキラルであっても、ノワールによって闇の力が増幅されているのだと推測される。
22話などの描写を見る限りはノワールは相手が元々持っていた心の闇を増幅させているだけであり、相手の記憶や人格を改変させるような洗脳は行なっていないようだ。
もちろん、他人の心の隙をついて言葉巧みに闇に誘うノワールが許されるわけではないが。

また、戦闘面での実力はまだ不明瞭だが、第23話では闇の力で弓と矢を作り出しており、プリキュアのクリームエネルギーと同様に武具を自由自在に錬成する力があるようだ。

なお、本作のプリキュアの持つ力の意味は「キラキラルを通じて他人の心から思いを受け取り、それの自分の思いを乗せて返すこと」であるとされるが、その意味ではノワールはプリキュアと同じ資質の力の持ち主だとも言える。
キラキラルを通じて相手の心の闇を受け取り、さらに増幅させて「彼らが求めるような闇の力」を与えてあげているのである。
こうしてキラキラルがやりとりされることでその闇は増していき、受け取った人間たちの心はますます荒んでいくのである。

キラキラルを通じて「大好き」・「愛している」の思いをつなげていくのがプリキュアなら、キラキラルを通じて「大嫌い」・「憎い」の思いを力に変える手助けをしているのがノワールの本質である。キラキラルは良い思いも悪い思いもともに媒介する物質なので、プリキュアとノワールはまさにコインの表と裏の関係である。

配下への対応

ノワールにはしもべと呼ばれる部下達がいるが、彼らもまたノワールによって闇の力を与えられた者達である。
闇の力を与えられると自動的にしもべとして支配されるとかではないようで、しもべ達はさらなる闇の力をノワールからいただくことを自ら望んだ者のようだ。いわばこれは支配ではなく契約である。

ノワールはしもべたちの「心の闇」をとても愛おしく感じているようで、憎悪・復讐・妬みなどのネガティヴな感情が強いものには支援を惜しみなく与える。
ジュリオがノワールのしもべとしての使命よりも個人的な動機を最優先したときも、それを怒るどころかあえて肯定して新たな力まで与えている。それを嫉んだビブリーがなぜわたしだけを愛してくれないのかと突っかかってきた時は「嫉妬か。素晴らしい」と賞賛し、やはり力を与えた。
そういう意味ではプリキュアシリーズには珍しく部下に対して温情的な面が目立つ首領格といえ、しもべ達からも忠誠心というよりも親近感を持って慕われている。
しかし、自分が見出したものが心の闇を乗り越えてしまった時は、偽りな闇として自ら粛清することも厭わない。

また、莫大な闇の力を持ちながら、自らが積極的に動いて配下の勧誘や助力などを行なっており、本拠地に佇んで指示を出しているわけではない模様。その行動力の高さは、いちご山だけではなく、過去にはパリにまで自ら赴いて暗躍していた。まるで魔王自らが動くようなものであり、この点は大変な脅威と言えるだろう。

プリキュアシリーズの黒幕たちは、総じて悪事や戦いを部下たちに一方的に押し付けて、自分はアジトに控えているか、復活の時を待っているのが慣例だったが、ノワールはすべてを部下任せにしないで自らも最前線に赴き行動を起こすなど、いい意味でも悪い意味でも好感が意外ともてるラスボスとも言えるだろう。

余談

名前の由来はフランス語を意味する「ノワール」から。

担当声優の塩屋翼氏は、2か月前まで1時間前の「宇宙戦隊キュウレンジャー」にて、刺客と呼ばれる敵幹部イカーゲン役でレギュラー出演しており、今度は悪の黒幕役としてニチアサキッズの前に再登場した。
以前には玄田哲章氏が、戦隊バディロイドプリキュア悪の皇帝を、大塚芳忠氏がライダーのナレーションとプリキュア悪の王を同時期に並行して演じていたことがあり、塩屋氏も彼らに続き、同じ年に特撮とプリキュアをはしごして、後者の敵首領を演じることになった。

塩屋氏はプリキュアシリーズ初出演だが様々なアニメにレギュラー出演しており、コラボネタが注目される。ちなみに、翼氏の実兄である塩屋浩三氏は初代でベローネ学院の校長を、フレプリ劇場版およびDX3トイマジンを演じており、兄弟そろってプリキュアの敵キャラを演じることになる。

関連タグ

キラキラ☆プリキュアアラモード キラキラルをうばう存在 
ジュリオ(プリキュア) ビブリー 黒幕

pixivに投稿された作品 pixivで「ノワール(プリキュア)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10852

コメント