ピクシブ百科事典

煙ヱ門

けむえもん

煙ヱ門とは、『星獣戦隊ギンガマン』の敵組織「宇宙海賊バルバン」の敵怪人の1人であり、ブドー魔人衆の一員である。
目次[非表示]

「絶景かな絶景かな!『石川や 浜の真砂は尽きるとも 世に盗人の種は尽きまじ』あぁ~、とっとっとっと…とっと、あぁ~っ!!」
「近くばよって目にも見よ!遠くば耳かっぽじって音にも聞け!俺様はブドー魔人衆が一人、煙ヱ門だぁ!!」

CV:宮田浩徳

概要

ブドー魔人衆の1人であり、頭がウニの様にイガイガの石川五右衛門を思わせる容姿をしている。

その外見に似合わず巨大な煙管がトレードマークであり、戦闘ではこの煙管を武器に使う他、頭部から針を飛ばす「針飛ばし」や、煙管から火種を飛ばす「火種飛ばし」と言う必殺技を繰り出す。但し、劇中で後者の技は弾き返された挙句、間抜けにも自分に命中して悶絶する場面が散見され、それ以外の場面でも誤ってビルから落下する等のドジぶりが目立つ等、お世辞にも強キャラとは言い難く、どちらかと言えばコメディリリーフ的な立ち位置に在る。

また、この煙管には探し物の当たり外れを判別する機能が付いており、煙管の火皿を被せた状態で一服する事によって判別が出来る様だ(目当ての物でなければ×型の煙が出る)。

ギンガの光が姿を潜ませる物その3「深く眠りし物」、即ち古代遺跡の出土品という手掛かりを元に、ギンガの光の捜索に動く。

活躍

第十五章「恐怖のしゃっくり」に登場。
ギンガの光捜索の第三の手掛かりとして、ブドーは巻物を広げて「ギンガの光が姿を潜ませる物その3、それは深く眠りし物也。」と宣言。その為に煙ヱ門を派遣した(※一方、当人は上記の台詞と共に大見えを切ってビルの屋上から落下すると言う締まらない初登場を飾っていた……)。

「眠りから目覚めし物」と言う言葉から、骨董品や遺跡からの発掘品を標的に博物館や考古学者の研究室に押し掛けては煙管でギンガの光の有無を判別する内、TVで目にした3000年前の出土品(=爆弾)に狙いを付け、爆弾を持つ佐伯助教授を追い掛ける。

その最中に駆け付けたレッドイエローに上述の火種飛ばしを繰り出すが、自身の頭上に乗っかった火種でダメージを負い、鎮火すると「今日は日が悪い」と撤退。後日、改めて佐伯助教授から爆弾を奪い取るのだが、爆弾は佐伯助教授がリョウマヒカルの2人とぶつかった際にリョウマがヒカルに飲ませる風邪薬と入れ替わってしまう。

そうして風邪薬と誤ってヒカルにリョウマが爆弾を飲ませてしまったために話はややこしく拗れてしまう。この爆弾は3000年前にバルバンが作った物であり、1度体内に入ったが最後100回しゃっくりをすると爆発すると言う非常に厄介な性質を備えていた。その爆発を止めるべく、打ち消しの滝へ向かうリョウマとヒカルの前にヤートットと共に出現するが、レッドに食い止められている内に滝の水を飲んだヒカルの体内から出た爆弾は爆発してしまう。

目当ての爆弾の喪失を受け、「命だけでも手土産にしてやる!」と立ち向かうが、他の3人も駆け付けたために形成が逆転。レッドとイエローに火種飛ばしで応戦するが、銀河獣撃弾を受け敗北してしまう。

直後に「せめて最後の御奉公!」とバルバエキスを飲んで巨大化。
ギンガイオーに火種飛ばしを繰り出すが、銀鎧剣で打ち返された火種が再び自身に命中してしまい、「もはや、これまでっ…!」と言う捨て台詞と共に流星弾を受け爆散した。

「『お宝を煙で探すは大泥棒』。煙工門、務めご苦労であった。」

一方ブドーは本陣にて、上記の俳句と共に任務に殉じた煙工門に感謝の言葉を投げ掛けるのであった…。

余談

モチーフはウニ石川五右衛門で、頭部の百日髷にウニの意匠が見られる。

ウニをモチーフにした怪人はスーパー戦隊シリーズにおいて、この煙ヱ門以前には『バトルフィーバーJ』のクラゲウニ怪人/クラゲウニロボットしかおらず、実に19年振りの登場となった。

劇中では上記のコメディリリーフ振りが目立って視聴者の笑いを誘ったが、当時発行されたてれびくんではそのドジぶりが災いし、『役に立たないバルバン魔人リスト』にランクインしてしまった不遇な怪人である。
声を演じた宮田氏はスーパー戦隊シリーズではほぼ常連の声優であり、1993年に五星戦隊ダイレンジャーのナレーションを皮切りに、激走戦隊カーレンジャーではゾクグリーン、翌年の電磁戦隊メガレンジャーではドクガネジレの役で出演しており、今回で通算4作目のスーパー戦隊出演となった。

関連タグ

星獣戦隊ギンガマン 宇宙海賊バルバン 魔人(宇宙海賊バルバン)
ブドー魔人衆 ドジっ子 アホの子

ゲド星人ウニーガイーガロイドトゲーノ・エイブス:後年のウニモチーフの戦隊怪人達。

関連記事

親記事

ブドー魔人衆 せめてさいごのごほうこう

兄弟記事

コメント